【2009南仏】マルセイユ(3)ブイヤベース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




しばらく夜は着かれてしまって、朝は外出で忙しく、更新が遅れてました。

マルセイユでのブイヤベースの話。

ブイヤベースって大皿料理なので、普通2人前以上でないと注文できない店が多いです。
マルセイユでブイヤベースの一番の有名店と言えばMiramarなのですが、ここも2人前以上。。。しかも結構いいお値段するんですよね。50ユーロとか。魚が沢山入っているから高級料理の1つらしい。

さて、一人旅で困るのは食事です。お金出すんだから一人前を作りなさい、と思うんだけど、基本外食は特別な人と特別なもの、という意識が強いフランスではそういうワケにも行かないんでしょうね。昼間旧港のMiramarとは逆側をうろうろしていたら、一人用のmenuがあり、るるぶにも載っているらしいChez Louryは見つかったので、そこでもいいかなぁ、と目星をつけて昼はレストラン街を後にしました。

そして夜。Chez Louryの前を通り過ぎたら、あまり人が入っていない。んーと思ってうろうろして、たどり着いたのが斜め向かいにあったL'ecaillerでした。こちらのほうが人が入っていて繁盛していそうだったので。一応入口で「一人なんだけど、ブイヤベース食べれる?」と聞いたら、いいよ、とのことだったので、入ることにしました。menu(セットメニュー)で18ユーロで前菜、メイン、デザートを選べます。
DSC00112_640.jpg

前菜はスペシャルな牡蠣を頼んでみた。おいしいねぇ、やっぱり。日本だとレストランで牡蠣1個400円位するから、そう考えるとフランスの牡蠣は安い。
DSC00113_640.jpg

そしてブイヤベース。本当の食べ方は最初はスープだけが出されて固いパンを浮かべて食べた後、魚が入って2杯目をいくらしいけど、menuのせいか、最初からこの盛り付けできた。一応サーブする前にこういうお魚が入ってますよ、と見せてよこしたけど。たしかブイヤベースって魚を4種類以上入れないとだめ、とかそういうルールがあるから、証拠として魚を見せたのかな、と思う。
DSC00114_640.jpg

ブイヤベースもスープ・ド・ポワソンと同様、ルイユ(ピリ辛のニンニク入りマヨネーズのようなもの)とチーズを好きなだけ入れて食べます。これを入れると入れないのとじゃ味が結構ちがう。私はたくさん入れるのが好きです。
DSC00115_640.jpg

確かにお腹いっぱいになるわ、ブイヤベース・・・。

menuなのでデザートもあまりいらないけどついてくる。カシスのソルベ。2スクープぐらいかな、と予想したら、パフェのごとく出てくるし。
DSC00116_640.jpg

ワインもハーフボトル10ユーロからでリーズナブルにブイヤベースを頂きました。Miramarの味も気になるけど、私はこれで満足でしたよ。

このL'ecaillerですが、一人の私にもつっけんどんにしないで、優しくサーブしてくれ、料理のタイミングも悪くなかったのでおすすめしておきます。
DSC00117_640.jpg

DSC00118_640.jpg

帰る頃には雨も上がっていました。夜の旧港のライトアップも綺麗です。
DSC00119_640.jpg

DSC00120_640.jpg

地下鉄に乗ってMarseille Saint Charles Gareまで帰ります。別に危なくはない。普通。
DSC00122_640.jpg

翌日のレンタカー屋の場所を確認するのに、Gareの中を遠ってみるとTGVが駐車されてました。マルセイユ駅は始発と終着駅なので。
DSC00125_640.jpg

マルセイユは坂が多い。駅から下る地獄の階段(段数がハンパなく多いので登りたくない)・・。
DSC00126_640.jpg

昼間行ったノートルダム・ド・ラ・ガルド教会もラんとアップされていたのが見えました。
DSC00127_640.jpg

マルセイユ、たった1泊でしたが、言われているほど危なさは感じませんでした(ちなみに私が旅行して一番やばいと思ったのはイタリアのフィレンツェの駅の周りでしたが)。ただ、人が多すぎるし、中心部は交通渋滞がひどいのは×。トラムなのに交通渋滞のせいなのか、全然運行されてなかったのも×。あと、建物がおしゃれでないんですよね、なんとなく。中世の品の良さを感じるならエクサンプロヴァンスがいいです。TGVとローカル路線と長距離バスのターミナルが一体化しているマルセイユはとにかく交通の利便がいいです。便利さを求めるならマルセイユ、かもしれませんね。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加