【2009南仏】リュベロン地方ドライブ・レンタカー話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




マルセイユの次は2日間レンタカーを借りました。前回ボルドーに行ったときはeasycar経由で借りたAlamoのレンタカーが安かったのですが、今回はeasycarはいくらサーチしても高い物しか見つからない。12/24のクリスマスイブ貸出、12/25のクリスマス返却ということで、営業時間がかなり今回はリミテーションがありました。特に25日closeの店舗が多くて、リーズナブルなレンタカーを探すのが大変でした。結局この日程でこの地方で開いていたのがエクサンプロヴァンスのTGV駅のレンタカーとマルセイユの駅のレンタカーだけでした。エクサンプロヴァンスのTGV駅は街の中心のCenterとは異なり、バスで20分ぐらい乗るので不便と感じ、だからマルセイユを選びました。

最終的に借りたのがautoeuropeという多分アメリカの会社のwebsiteから。デフォルトはアメリカ用サイトなのですが、Internationalにすると値段が何故か上がってしまいました。United Statesバージョンの方が安かったです。予約も問題なく通ったので、その時々でInternationalかUSの安い方で予約すればいいと思います。結局予約できたのはEuropcarのレンタカーでした。大手なので御の字。easycarもautoeuropeもその会社自体はレンタカー会社ではなくて、レンタカーを仲介するオンラインサービスです。予約が完了するとどこのレンタカー会社か出てきます。完了前でも、住所で大体どこか検討つけることはできます。

autoeuropeからは「ナビはマルセイユ空港でないと借りれない、マルセイユ駅の事務所にはないんだ。ごめんね」とメールが来ており、ナビを借りるのを諦めていましたが、結局車を借りに行ったときに、マルセイユのEuropcarの事務所にナビはあり、借りれました。事務所にレンタルナビのポスターが貼ってあったので聞いてみたらあったと言ういきさつです。ダメもとで聞いてみてよかったよ・・・・。今考えるとナビが無かったら絶対無理だった。

さて、借りて出てきたのがプジョーのこの車。大きいって。。。私は小さい車のほうが小回りきくので好きなのですが、一番小さい車を頼んだはずが、出てきたのがこれだった。車高は高いし、風の抵抗が強くて、あまり好きではなかった。人を乗せるならゆったりしてていいと思いますが。
DSC00131_640.jpg

さて、フランスはほとんどの車がマニュアル車です。そしてガソリン車ではなくてディーゼルです。オートマはとてつもなく値段が高いか、大きな車(ベンツとか)しかないです。ですので、マニュアル車の運転が苦手な人は借りない方がいいと思います・・・。私はマニュアルでもまぁ、大丈夫なので、そのまま運転してましたが。左ハンドルも特に違和感なく運転できますが、人に寄ってはこれも駄目だ、と言う人もいるでしょうね。逆に私は日本で車をほとんど運転していないので、先入観が薄れているんでしょう(笑)

さて、運転しての感想は、やっぱりこの車嫌い(笑)
まず最初、パワーウィンドウのボタンがドアに付いていないのでかなり探した。そしてやっぱり車高が高くて、高速道路などで風の抵抗を感じました。フランスの高速って130キロで飛ばすので。
前のシトロエンのC4はいい車だったんだけどなぁ。

あと、マルセイユを運転するのは嫌だ。
高速道路に乗るのにぐるぐるぐるぐる回るハメになってしまい、坂が多いマルセイユで、かなりすごい坂道発進をいきなりするはめになり、泣きそうになりました(笑)

あとナビがGARMINだった。市街地の追跡が遅い。
以前借りたときはTOMTOMでそちらでは特に問題を感じませんでしたが、GARMINはナビの言うとおりに進んでいるのに、外れました、再探索中とかいきなりやり始める。コレのせいでマルセイユで駅のすぐ近くにあるはずの高速の入口になかなかたどり着けず、30分もマルセイユの坂道多い町中をぐるぐる回っていました(苦笑)あとGARMINは目的地までの残りキロ数がでないのも×。到着時間予測だけ出るタイプ。

田舎に出てしまうと楽しいドライブでしたが、最初でつまづきました。なんとかなったからよかったですけど。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加