【2009南仏】リュベロン(ボニュー、ルシヨン、ゴルド、セナンク修道院)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




2009/12/24マルセイユからレンタカーを借りて向かったのはボニューでした。
DSC00133_1024.jpg
天気が悪いながらも見晴らしがよかった。
街は小道の坂道が多く、車は崖の外側しかなくて、主なところは歩いて回らなければならない、そういう小さな街です。
DSC00134_640.jpg

街はクリスマスでひっそりしてました。観光客も私だけ?
DSC00140_640.jpg

次はルシヨンへ、と思いナビのGarminに行き先をインプットしてついて行くと、どう見ても主要道路ではない、田舎道ばかりで参りました。交通量が少なく、前からも後ろからも車がこないのが幸いでしたが、このナビやっぱりイケてない。

DSC00141_640.jpg
DSC00143_640.jpgDSC00145_640.jpg

そしてボニューからルシヨンは15分くらいです。ここはオークルの産地なので、建物が全部赤いのだ!本で見てたけど、ほんとに赤かった。
DSC05755_640.jpg

街のすぐ横はオークルの崖です。
DSC05764_640.jpg
DSC05759_640.jpg
クリスマスイブだったので、店は2件ぐらいしか開いておらず(おみやげ屋)、オークルの自然な見物の巨人の道も閉まってるし(看板では12/25は休むけど、24日は休むって書いてなかったぞ!)そろそろお昼で食べそこねる悪い予感を感じる。。。天気も悪いので、一通りみて、ゴルドに向かう。

と、ゴルドが近づいてきた時が雨の最悪ピーク。ほんとにどっさり雨がふりましたよ。暴風雨なので、写真をとろうと車を降りると傘をすり抜けズボンはベチョベチョ、靴は濡れるし。
それでもとったゴルドの写真がこれ。
DSC05774_640.jpg
あー天気悪い。。でも一応雑誌によく撮られるポイントでゴルドの街を見ることができました。

遠目から見るだけでなくて、ゴルドの街に回ってみましょう。城塞のあたりが街の中心っぽい。
DSC00156_640.jpg
DSC00156_640.jpg

唯一空いていたのがおみやげ屋1件とパン屋。キッシュを買って車で食べました。店員さん温めてくれたので親切。
DSC00159_640.jpg
天気が良ければもっとよかったのかもしれませんが、天気は変えられませんからね。。

しばらく時間つぶししていたのは、セナンク修道院に行くため。ゴルドのはずれのセナンクという地区にあります。山を登ってまた降りた谷の底にある修道院です。
DSC00168_640.jpg

修道院の前は全部ラベンダー畑です。だから、7月ぐらいにくるのが一番美しい修道院です。
DSC00170_640.jpg
DSC00174_640.jpg

修道院自体はとても古い。でも現在も現役で使われている修道院なのです。環境からしてもほんと自然の音しか聞こえず、車だけがアクセスですが、車の通りも少ないので、人里離れた、世を捨てた気分にさせてくれました。
DSC00176_640.jpg

セナンク修道院の内部の見学は予約制です。インターネットで予約できますが、フランス語しかありません。クレジット決済可能、7ユーロです。現地でチケットを引換えられました。
16時20分の予約は母娘と思われしフランス人の二人と私だけ。ガイドはフランス語でしかやってくれませんので、1時間強フランス語の拷問(笑)10%ぐらいしか理解出来ていません、多分。修道院内部や撮影禁止なのですが、中は地味です、すごく地味。そして寒い。こんなところで祈りを捧げているのだと思うと、寒いのにすごいと思いました。もっと修道士の人が実際働いていたり、しているところを見れるとうれしかったのですが、さすがに神に仕えるところをみせてはくれなかったです。

終わったらもう真っ暗でした。17時30分ぐらい。ほんと世捨て人になれるような場所でした。そして、駐車場までの道が暗くて怖い。。。
DSC00178_640.jpg

セナンクからは当日の宿で一挙にニームまで移動しました。夜に100キロぐらい。フランスの道って全然明かりがないから、中央車線を頼りに緊張運転。前に車が入れば、予測が簡単ですけど、後ろから煽ってくる車なんかいると、こっちは制限速度なんだから勘弁してよ~。とひーひー言いながら運転してました。途中わざと越してもらうためにロータリーを1回余計に回ったりしながら交わしました。

結局1日で200キロ弱のドライブでした。。クラッチを普段使う筋肉が老化しているのか、左太ももが筋肉痛になりました。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加