【R+】クーリエ・ジャポン編集部訪問イベントに参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




レビュープラスさんを通じてレビュー投稿、レビューコンテストに参加している雑誌クーリエ・ジャポン。本日はクーリエ・ジャポンレビュープラスさんのご厚意で、講談社の中のクーリエ・ジャポン編集部にご招待いただき、文京区護国寺の講談社を訪問してきました。
このクーリエ・ジャポン編集部訪問イベント、レビューコンテストの入賞者でなくても、レビューコンテストに参加頂いた方全員に参加の機会が与えられています。雑誌編集は私にとっては全くの異業種なので、出版社のオフィス自体にも興味がありましたし、そして、最近読み始めてクーリエ・ジャポンがどのように作られているのかも興味があったので、参加することにしました。
講談社ビルの1階ロビーは吹き抜けで、緑あふれる清々しい空間です。
DSC00364_640.jpg
左側に写っているのは、オフィスまでご案内して頂いた講談社の藤井さんです。
クーリエ・ジャポン編集部入口。クーリエ・ジャポンの中吊りが一面はられていて、編集部という雰囲気をかもしだしています。わくわく。
DSC00377_640.jpg
本日の訪問イベント参加者は私を入れて5名でした。古賀編集長にお時間を取っていただき、発売されたばかりの2月号「次の、ITライフ。」を手にとりながら、2月号の編集話を聴かせてもらいました。
古賀編集長です。
DSC00374_640.jpg

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 02月号 [雑誌]

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 02月号 [雑誌]

twitter, facebookが世を賑わせていますが、あえて今の流行りを特集するのではなく、今月号は更に一歩進んだ未来、先はどうなるか、という点に焦点を当てているとのこと。ITライフで日本より1歩も2歩も進んでいるアメリカからの記事を集め、日本の読者に先を進むアメリカはどうなっているか、知らせたかった、という編集者さんの熱意を感じました。
また、聴いていて「ほぉ」と思ったのは、挿絵のこだわり。クーリエ・ジャポンを購読したことのある方はご存知かと思いますが、クーリエ・ジャポンは世界の様々な雑誌、新聞から集めた記事で構成されているので、雑誌としての統一性をとるのが大変なんだとか。そのため、統一感を取るのにデザインを統一する工夫がされています。一例として、2月号特集の「次の、ITライフ」で用いられている挿絵アイコンのお話をしていただきました。未来をイメージするのに写真を使うと、なんかありきたりなものになってしまうから、ということで、どこかの雑誌かで見かけてピンときたバルセロナのデザイナーさんと直接コンタクトを取って、未来を想像できるアイコンをデザインしてもらって、挿絵として採用したそうです。写真ではなく、アイコンにすることで想像に無限性を持たし、更に日本人から見たスペイン人のデザインで斬新さを持たせる。。いやぁ、すごく考えてるんですね!!
会議室を出て、編集部を見学させて頂きました。DSC00370_640.jpg
奥のデザイナーさんの仕事スペースにはクーリエ・ジャポン全ページが見開きで貼られていました。全体を見ることで、全ページに占める写真の量や色のバランスを調整するのだそうです。
DSC00369_640.jpg
全体見開きの感じがお分かりいただけるでしょうか!?!
DSC00368_800.jpg
お話を聴いて、編集部の皆様の「日本の人達に外国のこんな面白い記事を読んで欲しい」という熱い思いがたくさん詰まった雑誌がクーリエ・ジャポンなんだな、と感じました。広告が多いファッション誌などとは違って、読み飛ばす記事が少ないのも特徴かと思います。しかも全ページフルカラーで、世界の興味深い記事を日本語で読める(原語での下読み、翻訳の手間を考えると相当なものかと想像できます)。これで680円はほんと質が高いと思います。
最後に古賀編集長と記念写真。お忙しい中ありがとうございました!
DSC00375_320.jpg
終わってからはレビュープラスのスタッフさんと他のブロガーさん達、講談社の藤井さんとの懇親会も参加しました。みなさん、ほんと本をたくさん読んでいらっしゃるようでびっくりしました。普段は顔が見えないブロガーさん達とも話が盛り上がり、とても楽しい時間を過ごすことができました。
そうそう、こういう懇親会の時、ブロガー用名刺が欲しいなと今日感じました!会社の名刺出したところで、普段は本名語ってないし、あまり実用性がありません。自分のHNとtwitterアカウント、ブログアドレスを載せた名刺を作ろうかしら。。。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加