6月第1木曜日は、アぺリティフの日@六本木ヒルズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




「6月第1木曜日は、アぺリティフの日」
DSC01200_400.jpg
アペリティフとは食前酒のことですが、大義で食前の小腹を満たす一口サイズの食事も含まれるそうです。6月の第1木曜日はアペリティフの日、と銘打って、フランスの食品振興会が主催となって日本では東京・京都・横浜・埼玉・大阪宮崎・鹿児島・高知の全国8都市で、一口サイズの料理と好きな飲み物を楽しみながら、食事の前のひと時をゆったりと過ごす“アペリティフ”を楽しもう、と今年で七回目のイベントだそうです。日本のアペリティフの日の公式ホームページはこちらです。
ちなみに、アペリティフの日の行事は日本だけではなく、世界中で催されているようです。さすが、フランスは食の国ですね!ちなみに、フランス人はディナーの前のちょっとしたドリンクと軽食のことをAperoと呼びます。アペリティフの短縮ですね。
私はフランス好きですが、このイベントのことは知らなく、友人よりたまたま、友人の友人で行けない人がいるんだけど、代わりに行けないか?と売り切れだったチケットを譲ってもらい、初めてしりました。フランス+料理を味わえるなら、もちろん行きますとも!
私は夜の部、18:30-20:20に参加しました。が、仕事で片付けなければならないことができて、退勤が18:30で、六本木ヒルズについたら19時半。しかも、テレビ朝日前のアリーナに降りる階段が長くて長くて、、やっと着きました。
購入したチケットにはお皿引換と、10アペリティフ分のクーポンが付いていて、10皿だけアペリティフを選んで食べることができます。チョイスは10つ以上あるので、どれを選ぶかが勝負。でも、悠長にえらぶどころではなく、この混雑です・・・。
DSC01186_400.jpg
このように、各店の前でいろいろなアペロを選びます。。が、選び切れない!
Marge001.jpg
とりあえず、第1ラウンドの5品。フォアグラに目がないので、フォアグラ、とアペロ名に入っていたら、取る傾向にありました(笑)ローストビーフと蟹とエビのテリーヌが美味しかった。
DSC01189_400.jpg
第2ラウンド。この時点で一番列があったのは三國シェフの店でしたね。私は並びませんでしたが・・。左奥がフロマージュのババロアにガスパッチョが載っていて美味しかった。あと、食材として、ホロホロ鳥が多かったですね。右の手前もホロホロ鳥のなんとかでした。
DSC01196_400.jpg
ドリンクもアペロと同じエリアにある、小さなプラスチックカップで出されているものは飲み放題でした。カクテルあり、ワインありで、上の小さいカップで軽く10杯は飲みました。ふわふわほろ酔い。
DSC01204_400.jpg
物販コーナーのピゴの家の横にはこんなに大きなバゲットが。
DSC01197_400.jpg
この日の最後の会だったからか、主催者のフランス人(しかし日本語ペラペラ)があいさつをしていました。
DSC01203_400.jpg
アペリティフはほんとどれも美味しかったです。10皿だけだなんて言わずに15皿分のクーポンがあれば、もっと嬉しかったですが(笑)食べるのは結構あっという間に食べてしまうので、あとは無料のドリンクを飲むか、有料でもグラス300円ぐらいから飲めるワインがたくさんありましたので、ワインを飲む人が好きな人にはいいかも。私は無料ドリンクで結構いい気分になっていたので、ワインへの更なる挑戦はやめておきました。
物販コーナーで、去年旅行したバスク地方のハムが売っていたので、一旦は離れたけど、また戻ってやっぱり買って帰りました。バスクやコルシカのハム(というかサラミに近い)は美味しくて、大好きなんです~。下の細いもの・2本組で3500円でしたが、半分でも売ってくれたようです。しかし、バスクに行くより安い、という変な割り切り気分で、普通にニ本組買って帰りました。
DSC01201_400.jpg
家に帰ってちょっとスライスして食べてみました。んーー美味しい!こういうハム、日本に無い。
DSC01208_400.jpg
とっても楽しめた、アペリティフの日でした。
これは来年も絶対行きます!!

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加