Day2:ギネス・ストアハウス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




盛りだくさんのアイルランド2日目、まだ続きます。
旅行日時:2010/7/29
ダブリンといえば、ギネスビールです。ダブリン市内にギネスビールの工場(ストアハウス)があるので行って来ました。
ギネスストアハウスにはLuas(ルアス)という路面電車にのり、James'sという駅まで行きます。フランスのパリ、マルセイユ、ニース、スペインのセビージャで走っているのと全く同じの低床型の路面電車が走っています。
DSC06976_400.jpg
駅を降りて、しばし住宅地を歩くと、ギネスの工場が見えてきます。
DSC06939_400.jpg
正面入口に近づくと、観光のメッカのようで、観光バスがたくさん止まっていました。
DSC06940_400.jpg
正面入口です。
DSC06942_400.jpg
中にはいってみましょう。いわゆる日本のビール園の用な感じで、まずはギネスビールのボトルの歴史。
DSC06945_400.jpg
反対側を見ると、おみやげコーナーでここは帰りにもう一度戻ってくることができます。
DSC06946_400.jpg
さて、見学開始。見学ツアーもあるようですが、私は一人で自分のペースで見ていました。
DSC06947_400.jpg
ビールの作り方のオブジェが続きます。麦の海(?)
DSC06948_400.jpg
綺麗なお水を使いますよー、というアピール。
DSC06950_400.jpg
DSC06952_400.jpg
DSC06953_400.jpg
おっと、途中で試飲コーナー。ハーフパイントにちょっとだけですが、出来立てのギネスビールです。もちろんいただきます。
DSC06956_400.jpg
横には、ギネスの美味しい入れ方にインストラクションがありました。
Marge002.jpg
樽で作ったオブジェ。
DSC06952_400.jpg
このストアハウス、タワーをぐるぐる登っていくので、後3階以上登るのー!?と思っていたら、最後の3階分ぐらいはオブジェがなくて、エレベーターで一挙に上まで行きました。エレベーターを降りるとこんな表示。Gravityですか?
DSC06960_400.jpg
行ってみるとガラス張りの展望台。
DSC06961_400.jpg
で、ここで、入場券を見せると1パイントのギネスを無料で飲むことができます。もちろん1パイント飲みますよ。
DSC06965_400.jpg
ギネスの生ビールって、いれたてはガスが液内に十分にはいっているので、色が茶色いのです。ですので、このくらい入れてしばらく待ってから最後までビールを注ぎます。この写真で言うと右側が最初に入れたほうで、左側はまだいれたてです。
DSC06966_400.jpg
波波とクリーミーな泡を立てたギネスをいただきました。飲みます!
DSC06967_400.jpg
いやー、こんなにもギネスって美味しいんだ、と大感動でした。今まで飲んでいたギネスってなんだったんでしょう。
それまでギネスって黒くて焦げ臭いビールだなぁと思っていたのですが、多分それは、缶のギネスしか飲んだことが無かったんでしょうね。生のギネスビールはそれはもう、するりと飲みやすくて、クリーミー。軽くパイント飲んでしまいました。
本当に美味しくて、一人で感動していたのでした。アイルランドまで来た甲斐があった!
窓からはギネスの工場の煙の上がる様子や
DSC06971_400.jpg
ダブリンの街のほう(といってもあまり高い建物ないですね)
DSC06970_400.jpg
アイルランドにきた、またひとつの目的が達成できて、またまた大満足なのでした。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加