弾丸東南アジア旅行:計画編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




週末は弾丸東南アジア旅行です。珍しく一人旅ではありません。
友達に合わせているので、いつものホステル or 安宿一人旅とは趣向が違います。

まず、一人旅と違って、二人だと行き先から決めるのから難儀。お互いの行きたい場所というのがあるので、行き先がころころ変わりました。また、日程も私が火曜日午後に会議がある&平日2日は業務的にきついということで、必然的に土日月の3連休に、金曜日を休む&火曜日午後には会社に出社したい、というスケジュール。さて、ここまでがちがちにスケジュールが固まってしまうと、ほんと行き先を探すのが難しい。

私:

  • 東南アジア/インド方面はタイ、カンボジア、ベトナム、シンガポール、スリランカは行ったことがあるので、かぶる行き先はなるべく無し
  • タイはもう一度いってもいいかな
  • 一人だとビーチやリゾートもいかないので、バリ島もいいかな
  • 別に安宿でもいい派

友達:

  • タイはあまり行きたくないらしい
  • シンガポールやクアラルンプールのような都市だけはつまらないかも?
  • ビーチは興味がない
  • 東南アジアは初めて。いつも海外はヨーロッパばかり。
  • 遺跡などのパワースポットに行きたい

ということで、行き来は以下のように二転三転になりました。
その1:インド(タージマハールに行きたい)
→スーパー耐性菌がはやりだしたので、感染したら、ニュースになってしまうので断念。また片道が意外と長い(8時間?)なので4泊程度だと、消化不良

その2:オーストラリア(エアーズロック)
 →ケアンズまではJetStarでかなり安い(往復4万ぐらい)だが、ケアンズからエアーズロック空港のカンタスの国内線がバカ高い。(片道3万)。飛行機代が高いのとホテルも高いので断念。

その3:ラオスの世界遺産の古都ルアンパバーン
 →時間的によい飛行機はハノイ経由のベトナム航空で、しかも行きたい日程は復路キャンセル待ち。お互いスターアライアンスマイラーなので魅力半減。あとは、寺と滝しか見るところが無い?(何もないのがよいらしいが)。ベトナムは私はちょっと去年の旅行で懲りたので、ちょっと・・・。

その4:ミャンマー
 →11月がミャンマーの20年ぶり?の総選挙で、軍事政府が厳戒態勢状態。これも自分がニュースのネタになりたくないので、行くのは自粛した。

その5:シンガポール+インドネシアのジャワ島(世界遺産)
 →シンガポール行きANAは火曜日の朝7時半に戻る深夜便がある。そして、バンコク行きよりも安い。
  私がインドネシアでバリ島以外なら、ジャワ島の遺跡に行ってみたかったので調べてみると、ジャワ島にはAir Asiaでシンガポールから飛行機が出ているらしい。よーし、これにしてみるか、と友達も合意。

よって、以下のような日程と相成りました。結局今回も各航空会社のWebsiteで直接買うのが安かったです。

10/08(金)成田11:05 –>シンガポール17:25@ANA(7h15) シンガポール滞在
10/09(土)シンガポール11:10–>ジョグジャカルタ12:25@Air Asia(2h10) 
       ジョグジャカルタ滞在
10/11(日)ジョグジャカルタ滞在
10/12(月)ジョグジャカルタ 7:35–>シンガポール10:45(2h10)
               シンガポール23:25–>成田 翌日7:25(7h)
        →会社へ!
(日本とシンガポールとの時差は1時間、ジョグジャカルタの時差は2時間)

シンガポール1泊、ジョグジャカルタ2泊です。そして帰国後会社です(泣)
3連休+1日をめいいっぱい使った旅です。

シンガポールは行ったことがあるけど、インドネシアとは、ジョグジャカルタとは、未知の世界。
さてさてどうなることでしょう。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Day2:ガイエティ・シアターでリバーダンス鑑賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




アイルランドの2日目はたくさんのことをやったのでまだまだ続きます^^;
旅行日時:2010/7/29
ダブリンに行くことにしたひとつの理由である、リバーダンス(Riverdance)を2日目の夜は鑑賞しました。リバーダンスとは「アイリッシュ・ダンスやアイルランド音楽を中心とした舞台作品。アイリッシュ・ダンスの中でも特に体幹や腕を使わずに足の動きだけで踊るアイリッシュ・ステップダンスと呼ばれる舞踊を元にしている。アイルランドに伝わる神話や伝承、ジャガイモ飢饉等によりアメリカへの移住を余儀なくされたアイリッシュ・アメリカンの歴史、および多様な民族との交流をモチーフとしている。(by wikipedia)」ということで、まさにアイルランドで見るべき舞台だ、と思い、とても楽しみにしていました。東京にも数年前に来ていたのは知っていましたが、その時は見たことがなく、始めてアイルランドで見ました。
ダブリンでの舞台は、ガイエティシアターでした。ガイエティシアターはダブリンのショッピングストリートのグラフトン・ストリートの中にあります。
DSC06984_400.jpg
有名なセント・スティーブンス・グリーン・ショッピングセンター
DSC06985_400.jpg
このショッピングセンターの向かいにガイエティシアターがあります。
DSC06987_400.jpg
中はかわいいけど歴史あるクラシカルなホールです。
DSC06991_400.jpg
そして、私の座席から舞台はこんな感じで。
DSC06994_400.jpg
つまり、一番前の真ん中あたりでした。
DSC06989_400_1.JPG
そして、リバーダンスの始まりです!
DSC07000_400.jpg
ここからはyoutubeの映像で失礼します。
まずはオープニング、緑のベルベッドの衣装をきた女性たちがタップダンスの靴を履いていて、一指乱れぬ動きでアイリッシュステップを踏んでいます。そして、2:30ぐらいから、男性のソロダンサーが出てきます。この男性ダンサーが、ありえないくらいのジャンプとステップを踏んで人間業じゃない(笑)音楽かっこいい、ステップカッコいい。最初から惹きこまれました。

私が一番好きだったのはこのFiredance。フラメンコダンサー登場して、これが一番しびれた~。スペインでみた熱情的なフラメンコを思い出しました。表情と、このステップが、、、あああ、カッコ良すぎる。途中から、男性ダンサーたちが出てきて、彼らに対峙してステップを踏むのがまたいいです。

演奏は、実は舞台のスクリーンの後ろに生のバンドがいて、ドラムとフィドル(バイオリン)、それとバグパイプとアイリッシュフルートとソプラノサックスを持ち替えで弾く人がいて、その人達の見せ場もあったり。アイリッシュの生演奏をこれでもか、というくらい聴くことができました。
約2時間のリバーダンス。目の前で迫力あるダンスと音楽を浴びるように聴くことができ、予想以上に大大大満足でした。また、ダンスなので、セリフが無いということで、どんな人でも楽しめると思います。
チケット購入は、はガイエティシアターのwebsiteからリバーダンスの公演を選択し、ticketmaster.ieで購入しました。クレジット決済し、バーコードの入ったチケットをプリントアウトして持っていけばよかったので、外国人でも問題なくチケット購入できました。
The Gaiety Theater http://www.gaietytheatre.ie/

また、チケットを購入するときに、座席をどこにして良いか迷いました。人によっては、2階の座席の一番前がいい、という人もいたので。
私の座った一番前のチケットは、逆に一番高い席ではなく2番目の席です。(日本だと一番高い席だと思われる)
しかし、リバーダンスに限って言えば、一番前の方が多分、2階席より楽しめたと思い、自分の選択は間違ってなかったと思います。
間近で見るアイリッシュダンスのステップはとても迫力がありました。
ダブリンでリバーダンスというのはなかなか無いかもしれませんが、ガイエティシアターでは何らかの演目をやっているようなので、旅行の際にはチェックすると良いと思います。
リバーダンスの感動、そろそろ私もまた楽しみたくなってきたので、DVDを買おうと思います。今年の北京講演のBlu-Rayもそろそろ発売されるようです。

リバーダンス ライヴ・フロム・ジュネーヴ [DVD]
リバーダンス ライヴ・フロム・ジュネーヴ [DVD]
おすすめ平均
starsどちらも好きです。
starsはじめは違和感があった
starsどうせお金を使うなら・・・
stars最近知りました。
starsすごくカッコいい!!
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ベスト・オブ・リバーダンス[期間限定スペシャル・プライス] [DVD]
ベスト・オブ・リバーダンス[期間限定スペシャル・プライス] [DVD]
おすすめ平均
stars舞台の記憶に
starsGreat Irish Dance
stars看板に偽りあり
stars価格はお手頃だがツギハギ編集は…
stars画質がちょっと
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Riverdanceのホームページ:http://www.riverdance.com
新しいDVD/Blu-Rayは2010年11月2日の発売のようです。案内はこちら

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加