ニコラウス・アーノンクール指揮ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス 10/26 バッハ「ミサ曲 ロ短調」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




プログラム
10月26日(火)19時開演@サントリーホール
ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
指揮:ニコラウス・アーノンクール
ソプラノ1:ドロテア・レッシュマン
ソプラノ2:エリーザベト・フォン・マグヌス
アルト:ベルナルダ・フィンク
テノール:ミヒャエル・シャーデ
バス:フローリアン・ベッシュ
合唱:アーノルト・シェーンベルク合唱団
♪プログラム♪
J.S.バッハ:ミサ曲 ロ短調 BWV232
aanon.jpg
ついに、ついに、アーノンクール御大の来日です!どれほど楽しみにしていたことか。
2006年に、26年ぶりとなった来日公演は、私はコンツェントゥス・ムジクスの演奏ではなく、ウィーンフィル&アーノンクールでしか聴いていません。そのとき演奏したベートーベンの交響曲第7番が私の人生の中で1,2を争う感動演奏だったので、アーノンクールはぜひもう一度、聴きたいと思っていました。しかし、前回ですら、26年ぶりの来日で(本人、とにかく時差ぼけになるのが嫌いらしく、演奏旅行は大嫌い)、歳も今年で81歳ですから、もう日本に来ないとあきらめて、ウィーンに行った時に聴こうか、とも思ったのです。
しかし、まさかの、今年の来日公演!
チケットはめちゃくちゃ高いですが、10/26のミサ曲ロ短調はS席、10/28の天地創造はD席を買ってしまいました。ウィーンまで行くことを考えれば安いし(という自分への言い訳)。
このチケットを買ってから、業務が多大に変更、転勤まで(サントリーホールまで+1時間以上・・・泣)。幸いだったのは、当日の火曜日は東京で会議があるので、サントリーホールには近いのですが、普段だと18時半に終わる会議ですが、この会議はいつも19時ぐらいまでかかる。。よっぽど休みたかったのですが、それもできず、もう、今日だけは、すみませんが、18時過ぎには帰らせていただきますと、そそくさと退勤した次第です。だって、序曲があるわけでもなく、最初に間に合わなかったら半分聴けないことになりますからね!!
座席は前から4列目の中央ブロック。楽器配置は左がファーストバイオリン、順にセカンド、ビオラ、チェロ、チェロの後方にコントラバスで右側は木管楽器が並んでいるという珍しい配置です。木管は前からフルート、オーボエ、ファゴット(クラはいたかな?はて)。金管はバイオリンの後ろ側、隣にティンパニがいました。オケの後ろは合唱団。
前のほうなので、古楽器もじっくり見えました。バイオリンはみんなバロック弓を使っており、チェロはエンドピン無しで股ではさむ演法。木管楽器も金管楽器も全て古楽器でした。珍しいもの見せてもらいました。
ミサ曲は聴いたことが余り無かったのですが、ミサの歌詞自体はカトリック高校に行っていたので、なじみがありました。ほむべきかな、ほむべきかな。キリスト憐れみたまへ。グローリア。天のいと高きところにホザンナとか、わけもわからず受けていたミサでのセリフなんですね。(もちろん、歌詞はラテン語なのでわかりませんが、プログラムに対訳がありました)。前半は最後の曲が盛り上がりましたが、まだまだ、という感じ。私が前のほうに座っていたせいもありますが、合唱よりもオケのほうが前に出ていた気がします。
後半は、見事に合唱と古楽器の調和がとれて、後半のほうがよかったです。アーノンクールも歌詞を全部覚えているのでしょう、口ずさみながら、指揮をしている様子が伺えました。81歳とは思えない、しゃっきりと(失礼・・・)、力強い指揮でした。合唱もとてもきれい。ホザンナのあたりはオケと合唱がとても組み合っていて、よかったです。
最後の余韻はわりかし長く取ったとはいえ、やっぱりだれか拍手をしだした。ほんと、指揮者が腕を下ろすまでは拍手するなといいたいです!!余韻を楽しみましょうよ。しばしの静寂の後、盛大な拍手。拍手は鳴り止まず、最後には全員がスタンディングオベイション!にこりとしない、目力の強いアーノンクールも最後には微笑んでいました。
終わってからは、友達といつものフレンチビストロです。サントリーの後はここに行くことが多いです。首都高を地下からわたって、入ったあたりにあり、なぜか穴場でお勧めです。隣で食事をしていた方もサントリー帰りだったようで、コンサート話に花が咲き、楽しい食事でした。
最後に、会場で買ったミサ曲ト短調のCD。当日のプログラムと同じオケと合唱。この日本公演を機に、絶版となっていたのが復刻されたようです。

J.S.バッハ:ミサ曲 ロ短調 BWV232
J.S.バッハ:ミサ曲 ロ短調 BWV232 アーノンクール(ニコラウス) ブラーシ(アンジェラ・マリア) ツィーグラー(デロレス) ラッペ(ジャトヴィガ) エクヴィルツ(クルト) ホル(ロベルト) アルノルト・シェーンベルク合唱団
ワーナーミュージック・ジャパン 2010-09-15
売り上げランキング : 3060
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加