Day2:シディ・ブ・サイドでDinner

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




旅行日時:2010/12/23

The Residenceでの優雅なタラソを終え、お腹が空いた。。そういえば昼は機内食しか食べてなかったし。今考えるとThe Residenceで食べたらよかったのかもしれないけど、何か食べるのにSidi Bou Saidにタクシーで向かうことにした。

タクシーの運転手に何か食べたいんだけど、店知ってるか?チュニジア料理が食べたい、と切り出したら、おお知ってるよ。2軒知ってる。と。任せて連れていってもらうことにした。シディ・ブ・サイドに着いてからぐるぐる坂を登ったり降りたりして、ついた店がここ。Au Bon Vieux Temps。英語で言うとThe Good Old Daysですね。ちゃんとしたレストランのようです。3つ星ならぬ3つフォーク(チュニジアではレストランの評価は星ではなくフォークなのです)
DSC01757_640.jpg

なにやら有名人がたくさん来ているらしい。
DSC01759_640.jpg

入口に大きくネルソン・マンデラの写真もあったので、要人がよく来る由緒あるお店のようです。本当は初日だし庶民的な食事と思ったのだけど、最初がきっちりしたところでの食事とあいなりました。
DSC01760_640.jpg

付出し。揚げ春巻きが美味しかった。
DSC01761_640.jpg

シーフードブリック。皮は揚げてあるのでパリパリですが、中にほぼ生卵に近い全卵とシーフード炒めが入っています。日本で食べたときは「これは手でもって、いかに卵でお皿を汚さないように一口で食べるのよ」と武蔵小山のチュニジアレストラン・イリッサのシェフ・メリッサさんに教えてもらった事がありますが、ここは結構ハイソなレストランなので手で持つことを躊躇しました。持たないでナイフで切ったら案の定、卵がぐちゃーっとなってしまいました。
DSC01762_640.jpg

メイン何にしようと地球の歩き方の料理のページを見ながら試行錯誤。高級料理店でしか食べられない、という記載のあったカブカブ(KabKabou)を注文。魚と野菜の煮物です。味はとても良いのですが、量が少ない・・・。
DSC01763_640.jpg

お腹が満たされなかったのでデザートまで注文してしまいました。これもレストランのメニューならある、と書いてあったチュニジアのスウィーツのズリガ(Zriga)。バニラのクリームで冷たいです。
DSC01764_640.jpg

チュニジアはイスラム国なんですが、レストランメニューには普通にワインがありました。お酒に関してはゆるい国のようです。

レストラン自体は小高い丘の上にあって、夜景もきれいで、雰囲気もとても良かったです。シディ・ブ・サイドに行ったらぜひ。

結局タクシーは帰りも決めた時間に来るからと往復チャーター状態。35DH(2000円弱)って言われた。ガマルタから15DHぐらいでチュニスにいけることを考えると高いと思うわけですよ。The Residenceから乗ったタクシーでもこれだから困ります。

レストラン:Au Bon Vieux Temps
56 Rue Hedi Zarrouk, 2026 Sidi Bou Saïd
+216(71)774733

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加