Day4:電車でスース(Sousse)へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時 2010/12/25
ガマルタのホテルで朝起きてからこの日の行き先を考えて、チュニジア中部のスースに行く事にした。Booking.comでスースの海辺のリゾートホテルを予約して、12時5分の鉄道に乗る事にしたので、朝11時ぐらいまでホテルの部屋でごろごろしていた。前日が盛りだくさんの観光だったので、数日置きに、このように朝ゆっくりスタートする日もあると体調が整えやすい。
駅まで面倒くさいからガマルタからタクシー。40分ほどでチュニス駅に到着。

DSC01809_640.jpg

アラビア語だと何が書いてあるか全くわからないが、フランス語のおかげで読める。フランス語バンザイ。

DSC01810_640.jpg

駅自体は小さいです。

DSC01811_640.jpg

しかし、小さいながらスーパーがあって便利。飲み物を買いました。

DSC01814_640.jpg

鉄道のチケットは8ディナール。感熱紙のチュニジアにしては意外ときれいな切符。

DSC01812_640.jpg

チュニジアの鉄道はsncft(Société Nationale des Chemins de Fer Tunisiens)といいます。フランスの鉄道のsncfにチュニジアのtを付けただけですね。ダイヤもホームページでチェックできますが、英語ページは工事中なので、フランス語ページで調べました。
http://www.sncft.com.tn/
チュニス→スース 時刻表(2011/1/25現在)

t-strain.JPG

スース→チュニス 時刻表(2011/1/25現在)

s-Ttrain.JPG

駅舎内にはチケット予約&取り消し用?のコンピューターがあったり。意外と電車のチケットシステムは進んでいるよう。この辺はフランスのおかげなのかしら?

DSC01816_640.jpg

プラットフォームを確認。ちなみにヨーロッパによくある、打刻をしなければいけないコンポストはありませんでした。チケット持ってそのまま乗ります。

DSC01817_640.jpg

鉄道はオンボロ列車。超古い。でも、フランスもTGV以外のローカル列車は古かったりするけど、それよりあと二倍位古い感じ。

DSC01821_640.jpg

写真を撮っていたら、彼らに「ジャーナリストか何かかなぁ?」と噂されましたw 彼ら、チュニジアの国旗の付いた帽子をかぶって正装していたので、政府か軍関係かもしれない。

DSC01822_640.jpg

私の乗った座席はブラインドが付いているのはいいのだけど、ブラインドが壊れていて、上げることも、調整もできず、ブラインドの隙間からかろうじて外が見えたぐらい。他のホームに止まっていた列車。古い・・・。
DSC01823_640.jpg
チュニス始発の列車なので、定時出発。途中、オリーブの木が沢山見えました。

予定ではスースには13:39に到着となっていたが、結局着いたのは14時ぐらいだった。スースの駅はこじんまりとした駅。駅もやっぱり白い壁とチュニジアンブルーのチュニジアカラーでした。

DSC01831_640.jpg

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加