Day5:スースのグランド・モスクとリバト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




旅行日時:2010/12/26
スースについて二日目は朝からスースのメディナ観光。

DSC00186_640.jpg

ホテルでのご飯がまずいのは前日の夜のビュッフェでわかったので、この日の朝はホテルでは食べないで、メディナで何か食べようと思った。メディナに入ってすぐ、ピタパンを店頭で焼いているサンドイッチ屋を発見。

DSC00188_640.jpg

みんななにを頼むか様子を見ていたら、隣の青年が、ほら、ここで焼いてるケバブ入りが美味しいよ、と英語で話しかけてきた。英語上手ね、どうして?ときいたら、地理関係のエンジニアだから、アラビア語、フランス語、イタリア語、スペイン語、英語、ができると。日本語は先生がいないからわからないと。ヨーロッパでもそうだけど、2つ以上の外国語をあつかうのが普通な人の能力をわけてもらいたい。 

彼は自分のオーダーのサンドイッチが出来たら、ボンジョルネで行ってしまったが、こういうちょっとした現地の会話が面白い。私もおすすめのビタケバブを受け取った。ホテルの朝食なんかより全然美味しそう。

DSC00189_640.jpg

メディナのもう少し中のほうに入り、グランドモスクの前の座れるところで朝食とした。ちょうどこの木の下で。

DSC01851_640.jpg

そしたら、ネコが2匹寄ってきて、なにか食べたいらしい。一匹は「すみません、食べ物いただけないでしょうか」、と慎まげな猫。

DSC00191_640.jpg

もう一匹にいたっては、「食べ物よこせ」と怒ったようにミャーミャー鳴く。表情が怖いんですが・・・。この猫、玉ねぎぐらいでは見向きもせず、肉に飛びついていた。

DSC00193_640.jpg

何故か知らないがチュニジアには野良猫が多く、野良犬はほとんどいない。お腹も膨れたのでスース旧市街観光開始。メインの見所はグラン・モスクとリバト。この二つがメディナの入口に並んである。まずはグラン・モスクから。

DSC01853_640.jpg

四方を囲む壁の上にはアラビア語の装飾が入っている。

DSC00204_640.jpg

非信者が入れるのは中庭とその周りだけで、お祈りをする内部は外からみるだけである。

DSC00198_640.jpg
DSC00201_640.jpg

それでも、非信者が中にはいれるモスクはこれだけ大きいのでは珍しい。チュニスのも入れたかもしれないが、結局チュニスでは行かなかったので、自分には初モスク。しかし、見所が少ないので30分もしないうちに出てきた。続いてスースを見下ろせる塔のあるリバトに向かう。

DSC00209_640.jpg

リバトはこの塔を登ると、先ほどのグラン・モスクと港が入った景色が見られ、よく写真の撮影ポイントになる。お決まりのショットを自分でも撮ってみた。

DSC01856_640.jpg

塔からの景色の続き。メディナの入口側。ビーチを望む。

DSC00227_640.jpg

メディナの迷宮の方。隙間なく家が詰まっている。

DSC01857_640.jpg

塔を登るときの話。早速塔を登ろうとしたら係員がやってきて、私の先に登り始めた。途中真っ暗くなってしまうポイントがあり、そこで助けてくれるのだが、このときの手の触り方がただ手を差し出すのではなく、マッサージでもするかのようにニギニギするものだから気持ち悪い(笑) 明るくなったら、助けはいらないので、すかさず手を離した。やっぱりモスリムは普段女性とおおっぴらに手をつないだりできないから、女性観光客狙って、塔で手をニギニギいつもしてるのかな、なんて想像した。男性観光客なら助けるとは思えないので。結局降りるときも手をニギニギされた。うーむ。
二階の銃口を外に向けた部屋

DSC00235_640.jpg

ここでも、係員の男が「中に入れ」、としきいに勧めてきたが、今度は体をモミモミされたらたまらないので、ちょっと見て、まぁいいやとパッパと見終わり。危険とまで行かないけど、いやらしい系。塔に登る女性はご注意を。
12月の真冬に椰子の木とみかんの木が見られるなんて、冬ということを忘れますね。この日は青空がきれいな快晴で気持ちが良かった。

DSC00213_640.jpg

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加