Day9:砂漠ツアー1日目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時:2010/12/30

朝の7時にツアーの迎えがホステルに来るとのことだったので、6時過ぎに起き準備。こんなに早くてもホステルのスタッフは朝食を用意してくれ感謝。荷物もストレージに入れていって良いと言ってくれたし、前日も洗濯をして部屋に干してたら、テラスの外に干してくれたり。ベッドメイキングもタオルも毎日替えてくれて、ホステルでも当たりだった。砂漠から2泊2日で帰ってきてからの宿もここのホステルにすることにした。

砂漠ツアーは結局ホテルアリのツアーはキャンセルし、ホステル提携の会社に申し込むことにした。と言っても、アイト・ベン・ハットゥとトドラ渓谷に行って、ラクダに乗って砂漠でキャンプというのは、だいたい同じ内容で2泊3日でどこの旅行会社も出している。ホステルアリは950ディルハムだったが、自分のホステルのは900ディルハムだった。約9000円。私の泊まったホステル「Amour d’auberge」が提携していた旅行会社はThe south of Morocco Toursという会社だった。

砂漠ツアーにはホステルからは私以外に二人参加。ポルトガルのポルトからきた彼とオランダ人の彼。オランダ人の方は具合が悪いのか相当テンションが低い。
お迎えが来て、フナ広場に行くと、色んな会社の砂漠ツアーのバンが止まっている。DSC00556_640.jpg

我々は17人乗りのベンツのバンに乗り、7時半頃出発した。30分も進むと家はなくなり、アトラスの山越え。遠くの方の山が白いのは雪である。アフリカでも山では雪が降るとは。DSC00568_640.jpg

アトラスの山道を登って行くと木がなくなり、岩が増えてくる。DSC00575_640.jpg

木の無い、岩山ばかり。しかし絶景。DSC02009_640.jpg

一番標高が高い地点を超えると、大地は一転赤土となる。ほんのりピンクで日本では無い景色。DSC00594_640.jpg

オート・アトラスを越えると、こんな何も無い土地をひたすら車で突き進んでいく。DSC00601_640.jpg

途中休憩しながら、昼頃にアイト・ベン・ハットゥに到着。ここはグラディエーターやバベルの映画で使われた舞台。赤土でできた建物が幾重にも折り重なり、圧巻。DSC02015_640.jpg

最初は遠くから全体をみて、その後近づいて、遺跡の中に入った。DSC00651_640.jpg

上まで登って住居分をみるとこんな感じ。DSC00624_640.jpg

上まで登ると赤土の大地と渓谷がどこまでも続いている。DSC00625_640.jpg

DSC00633_640.jpg

何もなさは、アメリカのグランドキャニオン当たりの景色にも似てるけど、こんなに赤くはない。DSC00641_640.jpg

モロッコはどこまでも赤土の大地で、建物も田舎にいけば赤土色そのままなので、モロッコの国旗が赤なのは、こういう土地から来るのかなと考えてみたり。この自然はすごい。

帰り道にかわいい猫。DSC00620_640.jpg

あと先ほどの全景をみた展望台にいたベルベル人。紐じゃないですよ、蛇ですよ!!ぎゃー。DSC02016_640.jpg

アイト・ベン・ハットゥの時点で12時で、昼食場所には2時過ぎについた。値段はフナ広場の倍で観光客価格。チキンのタジンにしたが、値段の高いよさはなかった。

ところで、同じバンのメンバーを紹介。イタリア人カップルが二組と他にイタリアから来たが男の方はアルゼンチンからの移民のミラノからのカップル。ボリビア人とオランダ人カップルはベルギーに住んでいる。スコットランド人のカップル。香港人だけど、今はスペインに留学中の女性。韓国人、日本人のパリ留学中の女友達同士。スペイン人だが、ドイツで勉強している彼とあとはうちのホステルの二人と言った感じ。

昼食後もひたすらドライブ3時間。この辺はカスバと呼ばれる要塞型の家がほとんどでカスバ街道と呼ばれる。DSC00655_640.jpg

赤い大地をひたすら突き進んだ。夕暮れ時も大地も建物も赤土色なので、妖艶な雰囲気。DSC00661_640.jpg

18時ごろにホテルに到着。私は香港人の彼女と部屋をシェアすることになった。DSC02025_640.jpg

ホテルは暖房が無いので、ほんとに寒かった。ホステル泊まるのがokなら我慢できるが、5つ星ホテルしか泊まれない人はダメでしょうね。夕食はツアーのみんなでチキンと野菜クスクス。もうクスクスとタジンはいい加減飽きてきた。DSC02026_640.jpg

シャワー浴びて、部屋も寒くて暗い。こういう時のために持ってきたユニクロヒートテックを上も下も着て、22時ごろには就寝。ヒートテック素晴らしい。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加