2011日帰りかぐら@越後湯沢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




初滑りにいきたいーと言ってもいつも滑りに行く仲間@会社同期は結婚やら、彼女ができたとか、仕事が忙しい、とまったく今年はすべりに行く気配がなく、もう面倒くさいので一人で行っちゃいました。
車を持っていないので、日帰りはJRのびゅうで予約が手っ取り早くてお得ですね。出発日の二日前の14時までインターネット予約ができます。直前予約の場合は、当日東京駅八重洲口のびゅうの横の窓口でチケットを受け取ります。この場合、行きの東京駅までの運賃は自分もちになります(事前にチケットを手に入れられると新幹線チケットに山手線内運賃も含まれる)。
新幹線に90分乗れば越後湯沢。今回はかぐらに来てみました。みつまた口と田代口と両方行けますが、みつまたにしてみた。みつまた口からのロープーウェイからの景色。
image-20110214111025.png
みつまたゴンドラ付近。
image-20110214111033.png
気温が-8度とあったので、雪は軽く、湯沢にしては満足の雪質。重いときはここってすごく重くなるので。。(どうしても北海道と比較してしまう)。加えてお昼を食べているときに、周りの人が、車で朝東京出発だと3連休渋滞で8時間かかってるらしいよ、とか話していたので、混む連休こそ新幹線の勝利ですね。
旅行代金は11300円で新幹線往復+かぐらのリフト1日券です。新幹線片道5980円、かぐらのリフト一日券4200円ですから、16100→11300円で4800円お得。
帰りは越後湯沢の駅を少々楽しみます。お土産コーナーも前は一時店舗のような並びでしたが、店らしく改装してきれいになりました。
image-20110214111055.png
お土産屋の奥のぽんしゅ館に寄って、日本酒風呂で冷えた体を温めて、お酒の試飲を楽しんだり。
image-20110214111044.png
こちらは500円を払うと5杯分試飲ができるコーナーです。100種類以上の地酒のラインナップ。
image-20110214111107.png
これもぽんしゅ館の中でいつも並んでいる魚沼産コシヒカリを使った爆弾おにぎり。帰りの新幹線での夜ご飯にしました。
image-20110214111119.png
朝8時に出て、6時間ほどかぐらに滞在し、夜8時前には東京駅に到着してました。越後湯沢はスキーと温泉と日本酒が楽しめ、新幹線のアクセスがよいので東京からの日帰りではお勧めですね。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加