Day1:出発、シンガポールへ – チキンライスとTWG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




今日からは昔の旅行で書いてなかった旅行記をぼちぼち書いていきたいと思います。まずは、全く書いていなかった2010年秋のシンガポール・インドネシア旅行から。

旅行日時:2010/10/8

体育の日3連休に有休1日くっつけての3泊5日1機内泊のシンガポール・インドネシア旅行です。
4日あればアジアは余裕です。この旅行の計画の話は以前記事にしました。
【2010シンガポール・インドネシア】弾丸東南アジア旅行

この時は珍しく一人旅ではなくて、友達と一緒の二人旅でした。前日まで何時ものごとく準備も何もしないで寝て、朝6時に起きて小一時間で荷造り。朝7時に家をでて成田に向かいました。新しくできたスカイアクセス線を始めて使いましたが、高砂までは従来線ですが、その先が佐倉の方を廻るのに比べてあっという間ですね。

今回シンガポールまではANAなのでいつもの第2ターミナル南ウィング。優先ゾーンと自動化ゲートの王道であっという間に出国。私は必要なもの(無くなりかけた化粧水とか同僚から頼まれたタバコ)しか免税店で買わないので、あとはもうラウンジに行きたい派。友達は免税店に1時間ぐらい時間をかけて買い物をしたい派なので、私だけ先にラウンジで朝からビールと何も食べてなかったので小腹を満たしていた。

友達は50k円ほど成田の免税店で買い物をして(!)満足のよう。私は1時間ほどラウンジで、程なくしてシンガポール行きに搭乗。お隣りにはA380が止まっていましたがANAは普通の777です。いつかA380乗ってみたい。
DSC01670_640.jpg

機内ではいつもの機内食を食べ、後は7時間ぐらいのフライトのほとんどを寝ていた。おかげでシンガポールに着いた時、ああ、良く寝たと思ったぐらい。
DSC01671_640.jpg

空港でシンガポールドルを作り、空港から街中まではMRT。30度で湿度も高いのでシンガポールはもわっとしていた。中心のブギス駅で降りて、今夜泊まるインターコンチネンタルホテルに向かった。

インターコンチは建物は古い感じを残しつつ、綺麗なのだが、サービスがいけてなかった。まず、部屋に着いたら、女友達と一緒だと分かっているのに、ダブルベッドの部屋(笑)再度フロントに行ってやっと部屋があてがわれた。
DSC01672_640.jpg

がしかし、今度はポーターが20分してもラゲージを持ってこない。よってクレーム電話。せっかくホテルがいいのに、サービスが追いついていない気がした。

いい加減おなかがすいてきたので、友達と相談し、チキンライスを食べに行くことにした。私はシンガポール2度目で友達は始めてなので、前に私の行ったことのないお店で、ホテルにそこそこ近いところに行くことにした。ガイドブックに載っていたチャターボックスという店。マンダリンホテルに入店しているお店。
DSC07140_640.jpg

画像の色が変に見えますが、店内緑の照明でこういうものです。屋台風というよりちゃんとしたレストランでした。
DSC07139_640.jpg

そして、チャターボックスに来るお客さんはほとんどがこのチキンライスのセットを頼んでいました。チキンとスープとジャスミンライス。チキンは味がさっぱり薄味なので、右側にある3種のタレをつけて食べます。中華の醤油っぽいタレが私は好きです。味はお店と同じく上品な感じでした。値段は屋台のホーカーズが5SGDぐらいなのに対し、25SGDぐらいしますので1500円ぐらいですが、値段の分量が多くて、場所と上品さって感じかな。ジャスミンライスが美味しかった。
DSC07137_640.jpg

さて、食べたところで街をちょっと歩いてみます。三越と伊勢丹が隣り合っているあたり。アジアの国って夜遅くまで店がやっているので好きです。10月でもシンガポールは年中南国ファッション。
DSC07141_640.jpg

DSC07144_640.jpg

そして、MRTオーチャード駅付近まで歩いて、駅の上のショッピングモールにたまたま入ったら、ラグジュアリーに鼻の効く友達が、「あれ、TWGじゃない?」と階上にあるお店を見つけていってみました。
tWG.jpg

TWGとはシンガポール発祥の紅茶専門店です。なんとなくフランスのマリアージュ・フレールに似ているテイスト。TWGは日本は東京の自由が丘のみに専門店があり、友達はそこを知っていたらしい。さすが!

TWG http://www.twgtea.com/

TGWって始めて知ったのですが、お茶っ葉が入ってる茶筒と箱が一つ一つデザインがあって、これがすごくかわいい。
twg4.jpgこれはお店のHPから

TWG3.jpg

お店の人も閉店間際だったにも関わらず、接客は親切すぎるくらい。プッシュが強く、Just lookingといっても説明しだし、お茶っ葉の香りをどれでも嗅がせてくれるし。これが決め手で私も1本買っちゃいました。スパイスの少し効いた、シンガポールブレックファスト。日本のTWGの価格の半額ぐらいのようです。

twg2.jpg

多分こういう店は私だけでは発見できない。偶然ながらも発見してくれた友達に感謝。
さて、次は気になるあそこに行ってみることにしました。(続く)

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加