Day3:水の離宮(タマン・サリ)、スカール・クダトンでのランチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時:2010/10/10

ジョグジャカルタでの王宮のあとはすぐ近くにある水の離宮に向かいました。 DSC07376_640.jpg

水の離宮はその昔、スルタン(王様)が囲っていた美女たちを泳がせ、プールを見渡せる部屋からスルタンが今日はどの女性がいいか、見定めていたとか。プールという概念が南国っぽいですね。それにしても、独裁者達というのは愛人を沢山作るのが好きなのも、全世界共通ですね。イスタンブールのトプカプ宮殿のハレムも王に仕えていた女奴隷の館でしたし。

これがその離宮のプールです。正面の塔の中にスルタンが美女を見定めていた部屋があります。 DSC07374_640.jpg

壁の装飾がアカンベーしてます(笑)インドネシアは奇妙な顔の装飾が王宮といい多いです。 DSC07375_640.jpg

このときは10月でしたが、とにかく暑いし、お腹もすいてきたので、半日チャーターしている運転手さんにどこかいいレストランはないかと聴いたところ、車を走らせて連れてきてくれたお店がここです。地球の歩き方のジョグジャカルタの地図の範囲外です。あとで調べたら、Sukar Kedhaton スカール・クダトンという昔の貴族の家を改造して、一部ホテルにしたレストランでした。雰囲気があり、運転手さんGood Jobです。 DSC07384_640.jpg

もう喉が乾いてからから。パイナップルのジュースで喉を潤します。 DSC07379_640.jpg

食べ物もインドネシア料理で美味しかったです。今度は麺にしてみた。ミーゴレン。 DSC07380_640.jpg

また結局サテの盛り合わせを食べている。 DSC07381_640.jpg

このきゅうりのジュースが暑い夏にはなんともさっぱりしていてよかったです。 DSC07382_640.jpg

ランチを食べたら大体14時に近づいてきて、街も前日に見て買い物もしたし、後はもうホテルに戻ることにしました。車はさすが高級車だけあって乗り心地よく、快適でした。運転手さんありがとう!

ホテルに戻って、そういえばウェルカムドリンク飲むの忘れていたな、とホテルのワインバーでホテルの庭を見ながらくつろいでいたり。 DSC07388_640.jpg

朝3時半起きだったので、この時点で眠くなり昼寝をし、部屋でテレビを見たりしてごろごろしてました。結局夜ご飯はシェラトンに入っているレストランで食べることにしました。ホテルの食事って高い、と思っていましたが、シェラトンのクラブルームが一部屋1泊5000円という物価なので、ホテルのレストランも日本や欧米に比べるととても安く、しかも美味しかったです。夜はまたスパに行ってフェイシャルと足マッサージで極楽の時を過ごしていました。ジョグジャカルタの滞在ではシェラトンはスパ、食ともおすすめできるホテルです。

さて、翌日はもう帰国日です。朝7時台のエアアジアに乗らなければいけないので、ホテルは6時出発。のんびりしながら早寝することにしました。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加