2010アイルランド・ロンドン旅行のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 92




旅行日程:
2010/7/28-2010/8/3
旅行の流れ:
羽田⇔北京⇔ロンドン:中国国際航空(Air China)
ロンドン⇔ダブリン:エアリンガス

 
夏のヨーロッパ、欧州のラテン系諸国(仏・伊・西)はバカンスモードで閑散としているので、それ以外となると、意外とイギリスは夏でも楽しめそうな雰囲気がした。更に、ロンドンでは夏にBBC Promsというクラシックの音楽祭があり、計画していた夏休み期間近辺にサイモン・ラトルの演目があった。これはロンドンに行くしかないと旅の核は決定。イギリスだけにしようとも思ったが、新しい国も見てみたいので、お隣のアイルランドにも行くことにした。考えてみれば、エンヤ、アルタン、クランベリーズ、U2、The Coresなど、無意識にいいと思って自分が買っていたCDにはアイルランドのものやケルト音楽が多かった。この音楽のルーツを探るにもアイルランドには興味があった。そして、ついでにギネスビールにも。

旅行記:
準備編:夏休みはアイルランドとロンドンへ
Day1:羽田から北京、ロンドン、アイルランドの旅
Day2:ダブリン・トリニティーカレッジのケルズの書とThe Long Room
Day2:ダブリン城
Day2:ダブリンバイクスに乗ってすいすい街巡り~聖パトリック大聖堂
Day2:テンプル・バーのパブでのアイリッシュライブ
Day2:ギネス・ストアハウス
Day2:ガイエティ・シアターでリバーダンス鑑賞
ダブリンの街角で
ダブリンの宿 – グローブトロッターズ・ツーリスト・ホステル
Day3:ダブリンからモハーの断崖日帰りツアー1
Day3:ダブリンからモハーの断崖日帰りツアー2
Day4:ロンドンへ、ロンドンのホステル – パルマーズ・ロッジ
Day4:ロンドンのtkts, ナショナルギャラリー
Day4:チャイナタウン、ミュージカル鑑賞
Day5:テートモダン、サンポール寺院、ロンドンブリッジ
Day5:Promsでサイモン・ラトル指揮 トリスタンとイゾルテを鑑賞
Day6:ロンドン観光、コートールド・ギャラリー、大英博物館、北京経由で帰国

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加