【映画】ダンシング・チャップリン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




dancing-chaplin1.jpg

銀座テアトルシネマで今日見てきた周防正行監督x草刈民代夫婦の作品。結婚して15年、草刈民代のバレリーナとしての「ラストダンス」を夫・周防監督が撮り収めた作品でもある。
映画は2幕構成になっており、1幕と2幕の間には5分の幕間が存在した。1幕はこの映画がどう作られたか、というドキュメンタリーで2幕が実際の作られた映画になっている。
ダンシング・チャップリンには基になったバレエの演目「ダンシング・チャップリン」があり、フランス人振付師ローラン・プティがイタリア人バレエダンサーのルイジ・ボニーノのために10年前に振り付けをした作品である。ルイジがただ一人、10年以上踊り続けていたが、そのルイジももう60歳となり(しかし、映画に出てくる彼は60歳と思えないほどしなやかな動きをする)、この作品は映画として残しておかねばならない、とプティの奥様が提案し、映画の前にプティとルイジと親交があった草刈民代、そして夫は周防監督ということで、この夫婦に映画作成の話が来たとのことらしい。
1幕のドキュメンタリーは約1時間。普段、この映画がどうして作られたか、なんて見たりしないものだから、正直ちょっと眠くなった所があった。日本で撮影するため、ルイジや他バレーダンサーたちが終結するのだが、草刈民代が心配な箇所を逐一ルイジと確認したい、というのに対し、ルイジは細かく細かくやるのではなくて、体系的に流れをもって練習でもいいじゃないか、と言っている、対決とまでは行かなかいけれど、二人の異なる意見が興味深かった。
2幕は実際の映画。チャップリンの作品なので、一切セリフはなく、バレエのみの映画。チャップリンの有名な作品を7つほど、バレエの演目にし、組合わせているのだが、チャップリンの作品をほんの少ししか見たことがない私にとって、このバレエがどれほどオリジナルに忠実で、そしてどの点が絶妙なアレンジなのか、そういう差を見ることができないのは、まったくもって私の勉強不足。しかし、とにかく草刈民代の演技と踊りはよかった。コミカルな動きをするのは彼女の専門ではないけれども、そういう演技的なこともよく出来ていたし、バレエの振付のところは、とても引退していた45歳の踊りとは思えない。個人的には「街の灯」という、草刈民代が花を売る盲目の娘の役で、チャップリンがそれに出会う、という演目での草刈民代が素晴らしかった。最後はとても静かに終わるのだけれど、映画館は満席で、拍手もちらほらあった。
1幕のドキュメンタリーや2幕のナレーションはフランス語が多かった。ルイジははて、イタリア人なのに、なぜフランス語を話すのだろう?と思っていたら、彼はフランス国立マルセイユ・ローラン・プティバレエ団にいた人なので、フランス語がペラペラなのだと家に帰ってきてwikiをひいてわかりました。振付師のローラン・プティもフランス人だし、フランス語の好きな方にもお薦めです。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加