Day1:リマの宿、B&B de Kite

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時:2011/4/28

リマの空港周辺というのはあまり良い宿泊場所がない。ラマダがあるけど、1泊がUS180ドルで割高だし、ミラ・フローレスかサン・イシドロあたりまで行かないと治安が良くないとも聞くが車で片道30分から45分。空港周辺の安宿はそれは悲惨なものばかりがTripadvisorに載っていたのでやめた。

日本人宿に泊まってもよかったのだけど、一部であまりよくない評判もあったり、私が信頼しているTripAdvisorにはあまり情報がなく、さて、どこに泊まるか?と困っていたが、やっぱりTripAdvisorを信頼することにした。LimaのB&B部門で5位になっていたのが、このB&B de Kiteだった。個室で、ミラ・フローレス地区よりも空港に近くて、空港のピックアップと翌日の送りが入って40ドルだと結構いいんじゃないか、と思い、予約した。予約はgmailに英語でメールを送り、レスポンスもよかった。

リマについたときに男の人(旦那さん)が向かいに来てくれることになっていたが、名前を書いた看板が見当たらず、電話をして落ち合った。会ってみると日本語がペラペラでびっくりした。日本で7年ほど働いていたらしい。そして20分程の運転で家について、奥さんが出てきて対応。彼女も旦那さんほどではないが日本語が話せる。

部屋に通されて、パッションフルーツジュース飲む?と奥さんにリビングに連れて行かれた。DSC00347_640.jpg

この宿はあまり日本人に知られていないのか、日系アメリカ人は来るけど、あまり日本人はこないと言っていた。奥さんは日本の市原で働いていて、その時、日本人にいろいろ良くしてもらったから、私が日本からしかも一人旅で来たと言ったら、びっくりしていたが、久々の日本からの来客で、お話したいらしく、30分ほどお話した。

家の中にも日本で買った壁掛けや置物があって、奥さんが日本から買ってきたものだそうだ。DSC00349_640.jpg

本当に日本大好きな奥さんだった。「日本人ってハグのように愛情を外に出すことはしないけど、私は日本人は心が温かいのは知っている。私の愛するところは一つはペルーでもう一つは日本」そこまで日本を好きでいてくれて、とても嬉しかった。

私の部屋は離れの1室。DSC00344_640.jpg

部屋の中にシャワーもついており、静かだし良い部屋。DSC00345_640.jpg

ただインターネットが部屋でできないのだけが残念なところ。それだけかな。。リビングにはPCがあって、言えば使えるかもしれないが試していない。

3時間程寝て、翌日の私の飛行機は7:45だったので、5:45に空港に着くために朝食を5時、宿をでるのを5:30にしましょうとのことだった。朝食を用意してくれてる奥さん。DSC00351_640.jpg

奥さんは朝5時でも「大丈夫よ、朝食つくるから食べる?」と聞いてくれて、とても優しく感じの良い人だった。実際朝からホットサンド、ヨーグルト、ここには映っていないが、マンゴー、パパイヤ、バナナ、メロンなどのフルーツ盛り合わせ、そしてコカ茶を葉っぱから入れてくれて、至れり尽くせり。DSC00348_640.jpg

朝食の後、時間があったので、奥さんとまた話をしたけど、この宿は奥さんの妹の旦那さんがスイス人で、このペルーの家が空港にも近いし、絶対B&Bをやると流行るはずだ、と勧めて3年前から始めたらしい。実際、宿の問い合わせをして、回答してくれたOlivierさんというのが、このスイス人の人で、遠隔ながら宿の予約業務をやっているとか。

空港も朝は全くトラフィックがなく、本当に15分もかからないでついてしまった。今回の私のように、リマについて翌日クスコに旅立つために1泊だけ、空港の近くに泊まりたい人にとっては最適の宿。そして日本語が通じるし!私もあとでトリップアドバイザーにもレビューを書いて、日本人が沢山行くように、応援したい宿です。

B&B de Kike
Mz, Q-3 Lt 21 Urb. Los Naranjos
Los Olivos, Lima, Peru
Email: lima1night@gmail.com (英語で予約可能)
http://www.lima1night.com
Tripadvisor

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加