Day3:マチュピチュ村の温泉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




旅行日時:2011/4/30

マチュピチュは歩くのでとにかく足腰が疲れる。マチュピチュ村といえば温泉があり、ホテルから近かったので、ホテルのタオルと水着持参で行ってみることにした。

温泉は村の東の端にある。温泉近くになると水着屋やタオルレンタル屋がとたんに増える。DSC00414_640.jpg

旅行者は10ソルで約300円といったところ。DSC00413_640.jpg

入場券DSC00401_640.jpg

チケット売り場からすぐかと思ったら、川を渡り、上り坂を登ったりと結構歩かなければいけない。DSC00400_640.jpg

少し行ったら見えてきた。ま、温泉というよりプールって感じだ。DSC00403_640.jpg

このカウンターの左側の下り階段の下に更衣室があり、着替えたら荷物をこのカウンターに預ける。鍵を返すときに1ソル取られる。DSC00406_640.jpg

浴槽の違いは湯温の違いで、最初この写真の奥のに行ったら温水プールのような温度だった。この混んでいるところが割かし熱かった所だが、日本の温泉よりはぬるい。DSC00408_640.jpg

マチュピチュの温泉は一言でいうと動物園。ペルー人は泳ぐわ、お湯掛け合うわ、手をバシャバシャやって水が飛ぶのを楽しんでいたりと、プールの扱いと一緒。年を取った人は壁際で静かに浸かっているが、若者は潜水したり、バタ足で泳いだり、といった感じ。あと、スリップ防止の為か、床に砂が敷き詰められている。

感想としては、体はリラックスできるが、水は濁ってるし、結局ホテルに帰ってもう一度シャワーをあびるので、興味のある人はどうぞ、といった感じ。ちなみに私はここで時計を無くしてしまった。

温泉からホテルに戻ってシャワーを浴びてから夜ご飯を食べようとしたら、マチュピチュの疲れか、そのままベッドに沈没してしまったようで、結局夜ご飯抜きで早々にこの日は寝てしまった。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加