スカイプ英会話(QQ English)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




突然ですが、最近やっぱり語学勉強を復活させたいと、6月から色々試しています。英語に関しては、英会話教室に通う時間の工面が難しい(通勤時間的に)、且つ、話す機会があれば、わざわざ大手の学校に通わなくても、いいのではと感じています。

 
一般的に「スカイプ英会話」、と呼ばれるフィリピン人講師とスカイプで自宅で受けるレッスンに着目しています。3年ぐらい前にもスカイプでの英会話を試したことがあります。フィリピン人講師でマンツーマンでしたが、フリートーク中心で、音声がいまいちだった記憶があり、体験だけでやめてしまいました。

 

そして、最近色々調べてみると、スカイプ英会話もずいぶん業者が増えて、マンツーマン、カリキュラムがある、テキストも提供してくれる、のが1つのガイドラインのようです。

 

まずはお試しでQQ Englishを試してみました。
http://www.qqeng.com/

 

無料体験はレッスン2回。

 

【無料体験1回目】
1回目は体験レッスンという特別枠で予約をするので、先生が誰かは、やってみないとわかりません。
初回は授業の5分前に事務局からスカイプがかかってきて、設定や初回の教材を送ってきます。これは日本人スタッフによる日本語のサポートです。私も久々にスカイプを使って、操作がいまいちわからなかったので、この事務局のサポートは助かりました。あわてて応答すると、ついいビデオ通話でないボタンを押してしまって、画面が見えない、ということをやってしまい、やり直してもらったり。

 

事務局からの説明が終わると、程なくして、今度はフィリピン人先生から着信。
最初は教材の4つのランドマークを一つづつ英語で説明して、テキストの下の英文を読んで発音チェック。大体これで25分終了。そして、レッスンが終わってから、再び事務局から着信があり、2回目の無料レッスンの予約の仕方を教えてくれます。
1回目はスカイプでの英会話授業ってどうなの?というのを体験するのが目的だと思う。意外と悪く無いじゃん、というのが感想。先生も発音いいし、通信環境でストレスを感じることは少なかった。

 

【無料体験2回目】
2回目は先生を通常の予約画面から指定し、予約をすることができる。Bing先生にした。自分のやりたいコースを選択できるので、カランメソッドに興味があったので、カランのコースを25分やってもらった。カランメソッドとはイギリスで開発された、リスニングとスピーキングに重きを置く教授法で、英語を反射的に話せるようにする英語脳を作るのが目的。基本全部短縮形で話すことを強要される。I am はI’m, You are はYou’re, He is はHe’s, box is は box’s. これは絶対。I’mやYou’reは自然に使ってるけど、the box is を box’s というのは自分的にあまり慣れない。しかし速く言うにはこれが必須らしいが??

 

最初だから超簡単な単語ばっかり。pen, pencil, book が出てきて、先生が通常のスピードで(ゆっくりしたりしない)”Is this a pen? Is this a pen?” と繰り返し “Yes it’s a pen”と答え、それを休むことなく、先生が次はbookを指し今度は”Is this a book? Is this a book” といってまたYesで答える。Yesをしばらくやったら、今度はNoの練習で”No it isn’t a book, it’s a pen”とわざと違う絵をさして、このように答える練習。言い回しや表現力をつけるというのではなく、英語での反射力をつける練習っていった感じ。スポーツ的な。

 

リスニングやスピーキングを改善したいが、カランが本当に適しているのか、よくわからない。ちょっと違うところでも試してみよう、というのが感想。

 

料金は月2980円でレッスンを月に6回受講可能で、レッスン単価は25分497円。増やしたいときは追加ポイントを買うとレッスン単価が453円~278円になる。

 
 
 

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加