Day5:アンディアン・エクスプローラーでクスコからプーノへ③

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時:2011年5月2日

途中停車地のラ・ラヤを出発して、程なくするとランチタイムになった。座席に戻り、自分の座席にて朝の出発時に頼んだ料理を待つ。ランチは既に運賃に含まれている。DSC00475

まずはパン。DSC00465

前菜:アルパカのお肉とサラダ。DSC00467

メイン:豚のリブとマッシュポテト。ポテトがものすごい黄色い、栗のような甘さのあるものだった。DSC00471

ワインは飲み放題。しかし1杯で止めておいた。一応標高4000m付近での食事中ということを忘れてはいけない。高度証明に高度計もぱちり。
DSC00474

デザートはレアチーズケーキ。DSC00477

食事をしているといつの間にか山岳地帯から街に降りてきたが、これでもまだ3000m級。放牧地を見ながらの食事。DSC01534

私は最後尾の線路をどんどん進む景色が好きで、よくここに佇んでいた。自分も未来に前進しなければならないような、そんな気分になった。DSC01537

食事が終わって程なくしたら、またラウンジカーで演奏が始まった。今度はダンサー付。とにかくいろいろイベントがあるので、楽しめるのがこの列車の特徴。DSC01556

ダンスでにぎやかなラウンジカーも飽きたら、後方でのんびり移りゆく景色をみたり。DSC01565

この路線は1日1往復しか列車が走らない路線なので、ローカルの子供たちや大人も列車が通ると笑って手を振ってくれる。DSC01566

放牧地。
DSC01576

アルパカ?DSC01580

終点に近づいてくると、水地が増えてくる。DSC01590

多分フリアカ付近。DSC01593

しかし、相当線路の近くまで建物があって人もいる。フリアカ市内やプーノの駅の近くは列車ぎりぎりまで屋台があったり、なかなかスリリングな場所を通る。DSC01594

そして、ここで最後のアフタヌーンティー。DSC00480

プーノ駅到着!DSC01595

10時間の旅だったけど、たまったブログ記事を書きながら、演奏や食事と景色を楽しんでいたらあっという間でした。少々高いけど、アンディアンエクスプローラーお勧めです。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加