Day2:川堂養生館でへそ灸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 92




旅行日時:2011/6/18

今回の台北ではありとあらゆるリラクゼーションを試す事が目的で、その一つがへそ灸。台北ナビのここに載っていた川堂養生館に行ってきた、朝の7時の予約で!!これには理由があり、へそ灸は時間によって効く箇所がかわってくるとの事だったので、せっかくなら胃腸に聴く時間に行きたかったという理由です(私は辛いものとかすぐお腹が痛くなる体質でして)。

予約は川堂養生館の公式ホームページからした。日本語可能。公式ホームページから予約をするとサービス料10%無料で足蒸し20分を無料でつけてくれた。

土曜の朝の6時に起き、6時半にタクシーを呼んでもらい、川堂養生館に向かった。友達夫婦には早朝からのリラクゼーション行動に半ば呆れられる(笑)

川堂に直接行ってもよかったんだが、土曜の朝という事もあり、思いのほか早く着きそうだったので、台北駅で下ろしてもらい、そこから歩く事にした。台北駅の中を通ってみる。DSC00787

台北駅の北側に出て、高速道路の向かい側に向かって少し歩いた南北に走る通り沿いに川堂養生館発見。朝の7時なのでとても静かで、暑さもまだそれほどでもなかった。DSC00789

お店入り口。店は2階。
DSC00791

早朝7時というのに、私一人のために店を開けてくれていたようだ。店のオーナーは中国人の男性だが、通訳の日本人の人が付くのですべて日本語で説明してもらった。結構しっかりと説明を聴くことになる。説明が終わると浴衣のようなものに着替えて、へそ灸の前に足蒸し20分をやる。この樽状のものに足を突っ込む。DSC00793

樽の中には蒸気の出る機械が入っており、タオルで足をこのように覆って20分間座っている。結構熱くて全身が汗だらだらになった。DSC00792

足蒸しが終わると個室に移っていよいよへそ灸。ベッドの上に仰向けになり、へそだけ出してお灸を載せられ、この写真の天井から出ているダクトがのびてお灸の煙を吸うような感じになる。約2時間弱お灸タイム。朝早かった事もあって、私はほとんど寝ていたが、時間ごとにお灸の艾を変えてもらっている、というのは眠りながらうっすら覚えている。DSC00795

使用後のへそ灸など。へそ灸は終わった後、へその中に艾が詰まった状態でガーゼで蓋をさせられ、しばらくそのままにしておくように言われる。DSC00796

終わった後のケールジュース。青臭い味はしなく、果物の味で飲みやすい。
DSC00797

肝心の効果は、というと、効いたか、効いていないか、01で判断するのが凄く難しいのだが、辛さでお腹を壊す回数が何となく減ってきた、という気はする。ちょっと高いのだが、興味ある人は一度はやってみるとよいでしょう。個人的には非常に興味深かった。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加