Day2:台北式朝食の阜杭豆漿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時:2011/6/18

へそ灸が終わると何も食べてなかったので腹ぺこ。。。目を付けていた台湾式朝食の店に行く事にします。今度は台北駅の南側に出てMRTの善通寺駅のほうに歩いて向かうことにした。DSC00798

善通寺の駅の前にあるこの市場の中に台北で人気ナンバー1の朝食店・阜杭豆漿がある。写真右側の出入口がMRTの出口なのでほんとすぐ目の前。お店はこのビルの2階。DSC00800

入ってみたのは9時半ぐらいだったが、2階に上がると階段の方まで長蛇の列。ここは待とう。席は空いているので、レジのところのオペレーションの時間がかかっているようだ。DSC00803

並んでいる途中にその場で朝食のメニューを作っている様子がオープンで見る事ができる。DSC00802

レジはこんな感じ。台湾語しか書いていないので、頼みたいものを筆談しなければならないか?と思ったが、意外とおばちゃん達には日本語が通じた。日本人もたくさんいたし、よくくるのだろう。DSC00805

店は凄く混んでいるが、窓側の席をゲット。DSC00804

実際頼んだのは塩味の豆乳の鹹豆漿(右下)、揚げパンの油條(左)、台湾風クレープの蛋餅(右上)。前回甘めの豆漿を頼んだので、鹹豆漿はぜひ食べてみたかった。パクチーたくさん載ってうれしい。油條は鹹豆漿に既に少し入っているけど、さらに浸して食べる。蛋餅は卵でできたもちもちした食感。しかし、朝食にしては油が全体的に多いのが特徴なので毎日食べたら太るな、これは。DSC00806

他にも卵焼き入り厚焼き餅とかおいしそうなメニューがたくさんあるのですが、一人で行くとこれが限界。たくさんメニュー食べたかったら複数回くるのがよいでしょうね。しかし、私は台北の朝食ではおかゆも好きです。おかゆとこういう朝食交互がいいかと思います。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加