Day3:Chuan.Fa Honey(泉發蜂蜜)、微熱山丘のパイナップルケーキ、帰国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時:2011/6/19

最終日はもう街に出るのも億劫だったので、昼食後も松山空港近くのエリアを友達とお散歩。パイナップルケーキを買いにいく途中に目立ったお店がここ。蜂蜜屋さんのようで、Chyuan.Fa Honey(泉發蜂蜜)というお店。台北ナビによると、台北に3店舗あるうちの1支店らしい。DSC00825

店舗には天然蜂蜜や蜂蜜を使った化粧品なども置いているが、店頭でドリンクのテイクアウトが可能。私は蜂蜜レモン、友達も蜂蜜系のドリンクを注文。カップの蜂の絵がリアル・・・。蜂蜜ドリンクは他の台湾のドリンク店には置いていないので、いいかも。DSC00827

そして、蜂蜜店を越えて、つれてきてもらったのがここ、パイナップルケーキ専門店の微熱山丘(台北ナビのページ)。店名に併記されているSunnyhills.com.twにアクセスしてみると公式ホームページです。DSC00828

台北にしてはとてもおしゃれなお店。ここはパイナップルケーキしか売っていないのに、お店は凄くにぎわっている。その理由は、何と訪れるだけで、こんな風にパイナップルケーキ一つとお茶を無料で出してくれるから。これは太っ腹なサービス。DSC00830

ここのパイナップルケーキは真四角ではなくて長方形型。友達曰く、台北ナビで2位か3位を取った実力のある人気店だそう。DSC00831

パイナップルケーキの中身はこんな感じ。パイナップルの餡が果実を完全につぶしていないので、果実の味がものすごくする。よりパイナップルらしい味。奥にぼやっと見えるのレジの前の喫茶コーナー。ひっきりなしにお客さんがくる。DSC00833

空港には売っていないパイナップルケーキなので、味もおいしいし、迷わずお買い上げ。箱もパッケージも洗練されていてお土産にもいい感じ。しかし賞味期限が10日ぐらいなので、日持ちはしない。ちなみに日本に戻ってから会社の人に配ったら無茶苦茶おいしいと大好評でした!DSC00834

パイナップルケーキを買ってから友達の家に戻り、一息ついて最後のパッキングをして、松山空港へ。友達の家から空港まではタクシー5分で本当に便利だった。さすがに台北に住んでいる友達の、地元の人が行くお店にたくさん連れて行ってもらって楽しめた。2泊3日でも十分満喫しました。

帰り、松山空港は免税店がほとんどないのでラウンジで暇つぶし。このラウンジだけ空港の改装したところにある。DSC00836

自分のチケットは格安のエコノミーだが、最後搭乗口ピンポンの音。ラッキーな事に最後にビジネスクラスにアップグレードでした。ちょっと高くてもANAにした甲斐があった。台北−羽田線は767ですが、新型の767でシートも新しい。DSC00837

まずはワイン、とあられのおつまみ。DSC00838

何となく和食にした機内食。DSC00839

しかし、ビジネスクラスにアップグレードされたときに限って、羽田には30分も早く到着。おまけに普段乗り馴れないビジネスなので、ポケットの一つにデジカメを忘れて、数日後にANAに電話して送ってもらった、という後日談付き。今年はカメラ運が悪いというか、気が抜けている、というか。

週末のリフレッシュに台湾はまた行きたいです。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加