Day3:OW講習(海洋実習)、ファンダイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時:2011/8/19
OW講習3日目。ちょっと天気はどんより。夜の間に雨が降ったかな?友達たちとブッダビューのビーチ沿いにあるカフェで朝ご飯。

DSC00900


ブレックファストブリトー頼んだらデカっ。半分ほど残して紙に包んで船に持ち込む事にした。

DSC00899


朝ブッダビューに集合したら、自分の機材がこのようにデッキに出されている。自分で一応中身を確認して出発を待つ。

photo


またピックアップトラックに載せられ港へ。ブッダビューの船に乗るときは船の奥の奥に止まっているので、他の船をまたいでいかなければ行けない。たまに絶対これ無理だろう、という場所とか、またいだり、飛んだりした。

DSC00901


この日の午前中は曇りであいにくの天気。曇りだと海の中の光量が少ないから、ちょっと暗くなるので、もう少し明るくなればなーと祈っていた。ブッダビューは午前中は外洋、午後は沿岸の浅瀬でそんなに遠出はしない。外洋の時に天気がよければラッキー。
午前中はまだOW講習中。この日はカメラスタッフも入って一緒に潜った。だんだんエアの使い方や浮力の調節にも慣れてきたので前の日よりはまともにインストラクターに皆ついていく事ができた。外洋はやっぱり魚の量が半端無い。海の中の渋谷か新宿か、ってくらい魚がいる。

こういう魚達の中に飛び込んでいくと、最初は私をさけていた魚もいつの間にか群れの中に私が入っている感じで360度魚に囲まれて凄い感覚。いやー面白いね。

もう半ばファンダイブの様に泳いでいたが、最後の海洋実習ということで、マスクを海中で外して再び復帰、という事をしなければいけない。インストラクターのゆみこさんが「カメラでみんなのやるところ撮るから、カメラが近づいてきたときに目を開けるとカッコいいよ!」と言っていたのだけど、塩水しみそうだしやめとこう、と船の上のブリーフィングでは思っていた。が、海に入って魚の大群に囲まれたら、楽しくてテンション上がって、気が代わり、海中で目あけたww 皆同じようなハイテンションだったらしく、結局みんな目あけてビデオカメラにアピールアピール。楽しいわ。
ほんと海の中って重力軽く感じるし、ふわふわした感じで気持ちいい。ダイビング何故、もっと早く始めてなかったんだろうと今更思うのだけど。何せ私は去年の石垣が20年ぶりぐらいの海水浴でして(笑)北海道にいると海に入るというのはどんどん優先度落ちていくから、すっかり忘れていましたよ。
OWメンバーはみな所定の課題をクリアし、晴れてOWライセンス取得!
海から上がるといつの間にか太陽も出ていて、晴れて来た。一旦港に戻り、午前終了組はここで離脱。私は午後から引き続きファンダイブをする事にしていた。時間があまりないので、港の近くの食堂でテイクアウトの食事を作ってもらった。

DSC00905


店の看板娘はいつもこのパグをいじめていた(笑)

DSC00904


急いで船に戻り、午後からの組を乗せて再び海へ。午後からは岸からそれほど離れていないこれくらいの浅瀬。

DSC00906


午後からは合流した友達たちと一緒の組でファンダイブ。この浅瀬は10メートル少々で白い砂浜になっており、砂から飛び出てくる動物をみるときに静止するのだが、私は静止すると上下にぶれてしまって、安定しない。さすが友達たちは慣れているので、地面すれすれの所で静止できている。いやーほんと呼吸が難しい。吸えば浮くし、吐けば沈むのタイミングがつかめない。そのうち、なかなか地底近くに降りる事ができなくなってしまい、挙げ句の果てに、インストラクターに重りを追加された私。下に行こうとすると今度は逆に砂に埋もれそうになるし。要練習だ。しかし、浅瀬はあまり好きではないなーと。外洋がやっぱりいい。
港からブッダビューに戻り、夕焼けの海。

DSC00919


この日の夜は午前中に一緒に入ったビデオカメラで編集されたムービーを流すから、ということで、ブッダビューや他のOWメンバーたちと一緒に初日に行った店に行った。本日もグリーンカレー。友達がお気に入りだったので。

DSC00926


帰りには、この日は違うマッサージ屋に寄ってみた。しかし値段も内装もだいたいどこも同じ感じ。

DSC00927


私は再び足マッサージ。極楽極楽。

DSC00930


毎日タイ料理、マッサージ、ダイビング、安いしタイはいいね。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加