ドバイ出張1 – 羽田~ドバイ、ドバイでのレバノン料理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




出張期間:2011/10/10-15

出発日は稼働日で、その日の夜からドバイの出張に向かった。会社から羽田空港までは近いので、成田に行くより断然楽。羽田国際線もかなり頻繁に使うようになったが、夜の出発は自分にとっては初めてだった。

一つの誤算は、羽田発0:30のシンガポール行きのシンガポール航空に乗る予定だったのだが、21時にならないとカウンターが開かなく、夜ご飯を食べても時間を持て余してしまったこと。チェックインをしないと、出国してラウンジに行く事もできず、羽田の展望台に行って時間をつぶしたりした。普段せかせかしく出国するので、展望台に来る事なんてもうないでしょう(笑)
DSC01375.JPG

長い道のりになるので、シャワー浴びて羽田→シンガポールの機内は熟睡。シンガポールにて6時間のトランジットの後、ドバイ行きのSQに搭乗。ドバイの後、最終目的地がサウジアラビアのリャドのためか、目しか出していない黒装束の女性が機内には目立った。

シンガポール→ドバイは7時間のフライト。もう少しで到着するところ。それにしても、日本から遠いな。
photo

さて、ドバイの入国検査では、検査官が白い布に黒い布押さえという出で立ちなので、アラブの国に来たんだな、という印象。あいにく窓側の席ではなかったので、外は少ししか見えなかったが、ドバイは砂漠の中にぽつりと街ができたよう感じ。到着した時の気温は37度。暑いが湿度は低く、風が吹くとドライヤーで吹かれているような感じがした。

UAEはアラブの国ではあるのだが、車に乗ってしまえば見える景色は何となくアメリカの西海岸のような感じ。高速道路が張り巡られ、海の近くはプロムナードがあり、カリフォルニア辺りの景色を持ってきたような人工的な感じがした。
DSC01414.JPG

ホテルの部屋からはビーチが見えた。綺麗ではあるのだが、どことなくartificialな感じがする。DSC01381.JPG

ホテルの部屋はバスルームが丸見え。最近こういう部屋が増えてますね。一人で泊まるからいいようなものの・・・。DSC01384.JPG

仕事の事前準備が終わってから、夜は自分たちで食べるところを探さなければ行けなかった。この日はホテル近くのレバノン料理屋。DSC01388.JPG

ドバイの街は車から見えた街の様子やホテルの雰囲気ではイスラムの戒律的には寛容にも見えたのだが、お酒はホテルと限られたレストランしか出さない、というのはやはりイスラムを感じさせる。このレバノン料理屋はホテルの外だったので、アルコールはメニューにない。よってもっぱらジュースを飲んでいた。

サラダ
DSC01390.JPG

ひよこ豆をペーストにしたフムス。これはトルコ料理にもあるね。
DSC01391.JPG

ケバブ盛り合わせ。チキン、ビーフ、マトンと一通りあったと思う。
DSC01392.JPG

ホテルの前の道。右側がビーチでこの辺は観光エリア。ほんと、アラブっぽくない。
DSC01394.JPG

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加