Day1:秋田新幹線、そば五郎@田沢湖駅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




旅行日時:2011/12/3

待ちに待った鶴の湯旅行。朝10時直前の秋田新幹線こまちは盛岡までは、はやてと連結して運転。
photo

新幹線ホームに行こうとしたときに、友達が「電車が動かないから遅れるかも??!」という連絡が。乗務員トラブルでJRが泊まってしまったという事で、連絡を受けたのが出発10分前で、果たして間に合うか、いきなりトラブルの始まり!??友達が座席に到着しないまま、新幹線は発車してしまった。友達は間に合ったのか!?乗れなかったか!?

もう一人の友達と、どうしようねぇ、と話しているうちに、友達から車両は違うが乗れた、という連絡。上野にて座席に到着しよかったよかった。

田沢湖までは3時間の乗車。こまち・はやては大宮を通り過ぎると加速し、宇都宮を過ぎると最高時速275km/hをだして90分で仙台着。その後盛岡ではやてを切り離して、そこからは特急並みに速度をおとして、田沢湖に到着した。
DSC01931

田沢湖駅は近代的な新しい建物。天気はあいにくの空模様だった。
DSC01932

昼食は駅の前の田沢湖市という土産屋に入っているそば五郎にが食べログの評価が高かったので行ってみる事にしていた。田沢湖駅、本当に周りに何も無いので、昼食の予定も調べていかないと路頭に迷いそうだったので、調査済み。
DSC01933

そば五郎はテナントの割には古風ないい雰囲気のお店。
DSC01934

私は天せいろ(1200円)を注文。菊、エビ、なす、かぼちゃ、春菊の天ぷら。春菊がかごの奥の緑全部で非常に大きい。そばは10割そばだが、癖は少なく食べやすい。
DSC01938

デザートはそば茶プリン(200円)。ほんのりそば茶の味がした。おいしい。
DSC01937

蕎麦を食べたところで、田沢湖の駅でバスのチケットを購入。乳頭温泉行きのバスでアルパこまくさまで行く。鶴の湯は乳頭温泉に区分けされるが、その中でも一つはずれてあるので、アルパこまくさまでは路線バスでいって、そこからは宿の車で鶴の湯まで向かう。バスに乗る前に乗るバスの時間を鶴の湯に電話しておく。
DSC01940

バスを乗って車窓を見ると、秋田の山間地でも雪はほとんどなく、これで12月か、とちょっと期待はずれ。私は雪をあるのを期待していたので。今年はやはり暖冬らしい。アルパこまくさで路線バスを降りて、宿の車に乗り宿に向かう。雪もこれくらいしか残っていない。
DSC01951

山の中の道を通り、鶴の湯到着。アルパこまくさを過ぎたあたりで携帯の電波はなくなり、ここ鶴の湯ではドコモすら圏外。インターネットなんてもってのほか無い。ここは電子ガジェットの事は忘れてひたすら湯治することにした。
DSC01953

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加