Day1:ワシントンDC散策、アルゼンチンへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時:2011/12/22

ワシントンDCの12時間の滞在時間で航空宇宙博物館、ナショナルギャラリー、自然史博物館と3大museum見学を終えるとかなりくたくたになった。スミソニアンのこのエリアにはもっとたくさんのmuseumがあるが、もう芸術でおなかいっぱい状態。考えてみたら昼ごはんも食べないで見学していた。

3つ目の自然史博物館を見終わると、そろそろ夕方に近づいてきた。ワシントン記念塔の夕焼け。
DSC01021

春になると桜の名所のジェファーソン記念館
カメラロール-219

吸い込まれるような夕暮れの空。
カメラロール-217それにしてもこのナショナルモールのあたりは区画が大きくて、歩くだけでももう疲れてきた。リンカーン記念堂も遠くから見ただけで行く元気無し。
DSC01030

雪もないし、本当暖かすぎる。
DSC01039

 そして最後せっかくだから行ってきた、ホワイトハウス。オバマさーん!
DSC01040

最後ショッピングモールでも行きたいと思い、そろそろナショナルモールを去ろうとしたらセグウェイの軍団が!
DSC01044

一応軽車両扱い?だから車道を乗らなければならないのですね・・・・。これ欲しいな。
DSC01045

 スミソニアンのあたりから近く、空港に戻りやすいモールはこの路線図の下の方にあるペンタゴン・シティー駅直結のモール。ホワイトハウスの帰りに赤と青&オレンジが交わるあたりのフェデラル・トライアングルからメトロに乗り、ランファントプラザで黄色の路線に乗り換えてペンタゴンシティーへ。ちなみに空港に向かう時はペンタゴンシティから青の北方面に乗って、ロシリン(Rosslyn)で下車すると5Aの空港バスに乗り換えることが可能。
WDC map.JPG

メトロは小銭がなくてもクレジットカードでチケット購入可能。東京の地下鉄に乗りなれてるなら余裕。
DSC01047

  ペンタゴン・シティーのモール。地上3階地下1階の吹き抜けのある大きなモールだった。メイシーズとかノードストロームとか懐かしい。円高だし買い物したいのはやまやまだったのだが、これからパタゴニアに行くのにそんなに買い物もできず涙をのむ。とりあえず会社用のスラックスを1本買った。
DSC01050

そして朝から何も食べていないし、ブエノスアイレス行きの飛行機はUAで機内食は全く期待できないので、ここで何か食べることにした。ペンタゴンシティーのモールの地下1階はフードコートで久々にタコベル食べた。。。がこのドリンクはとてもじゃないが飲みきれなく半分は捨てた。タコベル日本にも欲しい。
カメラロール-223

ブエノス・アイレス行きの飛行機は22時過ぎ発。19時過ぎにメトロでロシリンの駅に行き、空港行バスに乗車。オンタイムでバスがきた。行きもそうだったが、アメリカなら数分遅れてくるものだろう、という先入観があったが意外にも時間には正確のようだった。20時過ぎに空港に到着。

UAなのでラウンジに行ったが、驚くほどしょぼいラウンジだった。これがアメリカのフラッグシップの首都にある空港かってくらい。食べるものはクラッカーとチーズとベビーキャロットぐらい。飲み物は水かお湯と紅茶のパックでお酒もない。本当にしょぼすぎた。

UAの機内は有料のエコノミープラスがエコノミーの半分以上を占めているが、正直言ってエコノミープラスでやっと日系のエコノミー並みのスペースじゃないかと感じた。ということでエコノミーが既にエコノミーマイナスではないか!?機体も10時間40分も飛ぶのにB767にFCYの3クラスを無理やり詰め込んだ感じ。

エコノミーの座席はいまどきオンデマンドもできない、画面も小さく解像度も悪い。コンテンツも古い映画ばっかり。アニメなんかディズニーのライオン・キングって何年前ですか、と言いたくなった。UAは最悪だ。
カメラロール-225

モールのタコベルで夕食を食べたので、夜の機内食はスキップ。着陸1時間前になってやっと電気を明るくしエサのように配られた朝食はたったこれだけ。こんなにひどかったか、UA。暗い時も誰一人としてCAは水やオレンジジュースも配りに来ないし。日系やアジア系ではCAは飛行中はいつも働いているイメージがあったが、UAはギャレーでしゃべってばっかりで・・・・何なんだろこの差は。
カメラロール-227

ところで、ブエノス・アイレスは空港名が面倒くさい。ブエノスアイレス行きのチケットには地名も何も書いておらず、「ミニストロ・ピスタリーニ国際空港」としか書いていないし、イミグレでもこれどこ行き?と聞かれる始末だった。ミニストロ・ピスタリーニ空港=ブエノス・アイレスの国際線の空港のエセイサ空港で、エセイサとは空港のある都市ということのようだ。ちなみに国内線は通称アエロパルケと呼ばれるホルヘ・ニューベリー国際空港でブエノス・アイレス市民はエセイサ空港、アエロパルケとしか呼ばない。

そんなこんなで飛行機は定刻通り翌日の11時ぐらいにブエノス・アイレスのエセイサ国際空港に到着。遠い遠い地球の裏側アルゼンチンにやっと着いた。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加