Day5:ウシュアイアにて旅程変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時:2011/12/26

ブエノスアイレスからウシュアイアに飛ぶ飛行機と、最後エル・カラファテからブエノスアイレスに戻る飛行機は予約していたものの、ウシュアイアからエル・カラファテの移動手段はチリのプンタ・アレナス、プエルト・ナタレスに宿泊しながらエル・カラファテに北上するのにバス移動予定していた。そこで、フエゴ国立公園から帰ってきて、ウシュアイアの街でバスチケットを買いに行った。
DSC01950

しかし、これが困難をきたす・・・・プンタ・アレナスに行くバスは2社ほど運転しているのだが、これが旅行会社ごとに扱っているバス会社が決まっていて、そのうちの一つが上の写真の店だが、ここに行ってすごく並んだのに言われたのが2-3日先まで全部満席と。。。パタゴニアのオンシーズンを完全に舐めていた。そして、ここに紹介されたまた別のバス会社を扱っている別の旅行会社に行くとそこもプンタ・アレナス行き満席。リオ・グランデからプンタ・アレナス行きは1席残っているけど、ウシュアイアからリオ・グランデのバスはうちでは扱ってないわ、って感じで、接続を要するバスも、まったく連携が取れていない。空席をききに歩くだけでウシュアイアの街を東西に行ったり来たりしなければいけないという、まったく非効率な状況。

3件目に聞いた店が上記のような状態で、もうこれはプンタ・アレナスとプエルト・ナタレスは諦めないといけないかな、、と感じた。 方法としてはウシュアイアから飛行機でエル・カラファテに飛ぶしかない。後ほど行きたいと思っていたパイネにはエル・カラファテから入ることにし、翌日昼の航空券購入した。

チリの部分が吹っ飛んだことにより、宿をキャンセルし、プンタ・アレナスから行こうとしていたペンギン営巣地のツアーもキャンセル。キャンセル料はかからなかったが、ペンギンツアーに行けなかったのが残念!

ウシュアイアも今日で最終日ということになったので、街を散策。どういうわけか、ウシュアイアにはチョコレート屋が多い。寒いし(写真の人の服装をみれば、これが真夏の服装だとは思わないだろう)、ショコラーテをのもうかなと、チョコ屋入店。DSC01941

チョコレート販売とカフェ併設の店。
DSC01944

ショコラーテとチュロス。濃厚でうまし。
DSC01942

この日はクリスマスも開けたので、大きいカメラ屋でもうろうろ。世界最南端の街にしては一眼レフのカメラとレンズの品ぞろえはいい。
DSC01948

コンパクトデジカメはコダック、キャノン、オリンパスが強いのか?
DSC01949

ウシュアイアは外食が高いので、この日の夜は自炊することにした。ホステルの近くにスーパーがあったので便利だった。
カメラロール-352

野菜は量り売りなのでニンジンと玉ねぎは1個づつ購入。肉はパックに入っている肉は多すぎるので、これもスーパーの肉屋でステーキ肉1つ、という感じでその場できってもらった。300グラムぐらいで150円だった。安すぎ!果物もふんだんで、ホステルのキッチンで肉と野菜を焼き、チェリーをデザートにこの日のディナーとした。
カメラロール-354

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加