北京出張1 – JAL, 鼎泰豊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




出張期間:2012/5/22-24

海外出張は去年の10月のドバイ以来、7か月振り。昨今の経費削減で出張自体が難しくなっている今日この頃。今回は今の部署に去年移ってきてから初めての北京出張。

北京なので羽田-北京のJAL便利用。9:10羽田発で北京着は12:05で空港からのんびり移動しても14時ぐらいから楽に仕事が開始できる。羽田便がなかったころは、成田の朝便でも向うの到着が14時過ぎだった。いざ働いたとしても16時ぐらいからで、移動日初日はほとんど仕事にならなかったが、羽田便ができたことで行きも帰りも移動日に仕事ができるようになってしまった。便利になったが強行軍が増えた気がする。

近距離アジア路線は会社の規定でJALをつかわなければならないのだが、JALは平民マイラーの私。しかし一緒に出張に行く上司がJALのサファイヤを持っていたので、先にラウンジに居る上司を電話で入口まで呼び出して(ずうずうしい)、私もJALラウンジに入れてもらった。羽田のANAラウンジは何度も使っているが、JALラウンジの方が食事の充実さとソファの質が良かった気がする。朝食を家で食べて来なかったので、ラウンジの明太子ご飯とみそ汁ですませる。なかなかおいしかった。
カメラロール-2164

JALの羽田-北京の朝便はB787らしいのだが(知らなかった)、チェックイン時に「本日は機材変更でB787ではありません。すみません」と謝られた。我々は仕事なので機材は全くこだわってなかったが、個人でB787目当てで乗る人からクレームでも来たか?これは。乗ってみたらB767に変更されていた。羽田は雨の中離陸。
カメラロール-2165

しかし雨も上空になると吹っ飛び、ここは多分アルプス上空。
カメラロール-2166

ラウンジで明太子ご飯を食べてきたのは、中国線は大したご飯がでないと思ったのだが、結構しっかりしたものをよこされた。みそ汁付き。JALの中国路線っておかずがほとんどない俵飯みたいのじゃなかったっけ??経営黒字になったから変わったのか?
カメラロール-2167

おかずの部分は開けてみるときれいな色どりだが、見た目だけかな。でも頑張ってる感があるJAL。あまりおなかがすいてなかったので半分くらい食べて返した。
カメラロール-2168

平日の羽田アジア便はほとんどがサラリーマン。しかし、仕事風に見える人でも、この朝の便でビール飲んでいたりする。隣のおじさんも飲んでいたし、あの人達は到着後仕事をしなくていいのだろうか?と謎。

4時間の飛行で北京空港到着。と隣のブリッジに見えるのはB787ではないか。ブリッジが横付けされてないことから、これは昨日北京から帰って来れなかったのかもしれない。事実、後から前日の羽田北京便に乗って来た人はB787だったが羽田を出る時から調整に時間がかかっていたと言っていたので、B787は北京から帰ってこれなくなった説濃厚。前ANAのB787の国内線に乗った時も同じことがあったので調子悪いのかもしれない。
カメラロール-2169

仕事は14時から18時までびっちりやって、この日は駐在の方々と鼎泰豊。お決まりのチキンスープ。
カメラロール-2174

そしていきなり小籠包どーん。餃子類もこの下。乗りきらない。
カメラロール-2175

海老小籠包と小籠包ではなくて大籠包(!) ただの肉まんに見えるが、肉まんよりも肉汁が小籠包並みに入っているので、こぼさないように食べるの必死。中国だということで白酒攻撃を恐れていたが、健全に終了。
カメラロール-2178

ホテルはGreat Wall Sheraton Beijing。中国語では長城飯店。ここに泊まるのは初めて北京出張に来て以来なので2007年以来か!?あまり新しいホテルではない。禁煙室はツインしかないと言われたのでいたしかたなくツイン。インターネットはホテル公式の物は有線しかないが、どこかのWifiも捕まえられる。しかし両方ともそれ程速くない印象。テレビもブラウン管だし。
カメラロール-2179

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加