Day12,13,14:レコレータ地区、帰国の途

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時:2012/1/2-1/4

この日は本当に暑くて、コロン劇場の近くの公園では、イケメンが裸で日光浴していたり。移動時の徒歩も日陰を求めて歩かないと一挙に日焼けしてしまう太陽の強さだった。パタゴニアの夏とは大違い。
DSC02789

ブエノスアイレスの街を歩いていると、紙屑だらけ。
DSC02803

しかし、どうもこれはニューイヤーの恒例のようで、その年の出社最終日にオフィスの窓からオフィスペーパーを一斉に投げる、というお祭りのせいだそうで。。。面白いな。東京のオフィスだと窓があかなくてできないね。
DSC02802

世界一幅が広いと言われる7月9日大通りは片側8-9車線あるので渡るのも大変。白い塔オベリスクが目立つ。ちなみに7月9日はアルゼンチンがスペインから独立した記念日。
DSC02793

そしてオベリスクをあがめた壁画など。
DSC02807

コロン劇場の後にどこに行こうと迷ったが、アルゼンチンと言えばエビータなので、レコレータ地区にあるエビータの墓地に行くことにした。ちょうどこの辺でお腹がすいたのでアルゼンチン最後の食事として何にしようかと考える。
DSC02814

レコレータ墓地の前はいい感じのカフェがあり、その中の一つに入った。こういう内装とかパリのカフェっぽい。カフェと言っても食事のメニューがあるのでしっかり食事ができる。
DSC02815

夜にはもう飛行機に乗らなければならないので、ワインから。
DSC02817

そして、アルゼンチンといえば、やっぱりおいしかったのはステーキなので、最後もやっぱりビフ・デ・チョリソにした。ここのお店のはステーキにデフォルトでポテトとサラダの付け合わせが付いてきたので良かった。これで1500円くらいでやっぱり満足した。
DSC02819

最後だし、ということで、デザートまでしっかり。カスタードプリンもおいしかった。
DSC02820

食事が終わったらレコレータ墓地へ。でも墓地だけどずいぶん立派な門。
DSC02822

そして、これが墓。家みたいだ。
DSC02823

このレコレータ墓地も墓地とは思えないほど観光名所のようである。
DSC02825

よくよく墓石を見てみると○○大臣とか、アルゼンチンのセレブリティが集う墓地のようだ。
DSC02830

そして、エビータの墓は他の墓地とはちがって人がたくさん集まっているので、遠くからでもすぐ分かった。いつも花が絶えない。
DSC02832

ぷらぷらっと街歩きしてメトロで街中に戻ることにした。ああ、忘れてはいけない、初日に買ったバッグと財布をモールに取りに行かねば。
DSC02851

モールのかばん屋にはきちんと荷物があり、無事受け取ってホテルに戻った。タクシーを呼んでもらいエセイサ空港へ。
カメラロール-507

そして来たルートの逆回し。再びUnitedでワシントンD.Cへ。この時のフライトアテンダントは本当にひどかった。私はエコノミーの一番後ろに乗っていたら、通路を挟んで真ん中席の通路席を客に座らせないでブロックしている、と思ったらCAがそこに座ってご飯を食べだしたのには驚いた。エコノミー客がえさのようなエコノミー飯を食べている横で、CAはビジネスの食事をもりもりと食べていた。。これって普通?ユナイテッドのCAはおばあちゃんみたいな人か、通路を歩くのに大きなお尻がつかえるでぶでぶな人ばっかりで一人もかわいいCAに会った事が無いし、映画も今時オンデマンドじゃないし、なかなか辛いものがある。

ワシントンDCから成田まではANAで幸運なことに帰りもビジネスクラスにアップグレードされた。そろそろ和食が恋しくなってきたので、離陸後のランチは和食を選択。
カメラロール-514

白いご飯と出汁の料理は最高!
カメラロール-517

小腹を満たすのに途中では山菜うどんをオーダー。ANAのCは最初の食事以外はこれらの食事は全てオーダー制で好きな時に好きなだけ持ってきてくれる。
カメラロール-519

着陸前の食事はオマールエビのカレー。これがまたおいしかった。さすがだわ。
カメラロール-520

長時間のフライトの後、成田に到着。地球の裏側からの旅はさすがに遠かった。そして、時差ぼけにこの後長期間悩まされた。。。
 

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加