Day1:ルアンパバーンのナイトバザール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 92




旅行日時:2012/4/14

ピーマイでかなり歩き疲れたのでラオマッサージ1時間受けた。ボディーマッサージ1時間30000キップで約400円。タイマッサージとも少し違うが適度に圧をかけて指圧とさすり系のマッサージ。ああ気持ちいい。

あんなに水を激しく掛け合ったピーマイも夜になるときちんとみんな家に帰るのか、とたんに静かになった。昼のクレイジーな通りとは大違い。
DSC02873

ナイトバザールが王立博物館の近くでやっているということで見に行くことにした。バザールの前にもメインの通りにはアクセサリー屋があったり。
DSC02876

あらあら、ここにもピーマイの被害者(犬)が。インク思いっきり塗られてるし。。。
DSC02879

メイン通りには海外の旅行者に人気の良い雰囲気のカフェやレストランがある。大体夜8時~9時が食事のピーク。
DSC02880

お正月?の飾り。
DSC02882

ホテルから15分程あるいてナイトバザール到着。王立博物館前の道が夕方ぐらいから出店がでて、こんな感じに屋台街になる。衣料品や雑貨が中心で食品はほとんどない。
DSC02883

どういうものが売っているかと言うとラオスTシャツ。
DSC02885

電球のシェード
DSC02884

アートな絵
DSC02888

スカーフ
DSC02887

下にはく緩いパンツ。しかし、バザールの人、あまりやる気無いのか寝ている店主もいる(笑)
DSC02890

全体的に客引きはほとんどおらず、押しも弱いので特にプレッシャーなく買い物ができる。値段も元々それほど高くはないのだが、まとめて買えば少しかは割引してくれる。
DSC02892

つるされている藁の入れ物はラオスのもち米の入れ物。
DSC02893

どちらかというとやっぱり店主はおばちゃんたち中心。ベトナムと同じく女性頑張るね。
DSC02894

ナイトバザールにあった数少ない食事処。麺がおいしそうで食べたかったのだけど、閉店近くで今日は終わりと言われた。残念。
DSC02895

ナイトバザール終わったら22時過ぎ。そうするとどうしたものか、メインの通りも続々と店が閉まっていくではないか。あれよあれよと食べるところも全部ラストオーダーが終わっているらしく閉店モード。これはまずい!食いっぱぐれる~。ルアンパバーンは22時を過ぎるとほとんど閉店モードで、本当に開いている店が無いので注意。

何とか探した屋台っぽい店麺を食べたが・・・・・んー微妙。昼おいしいもの食べたからいいっか。。
DSC02901

ご飯を食べ終わったら11時ぐらいだったが、もうほとんど道には人が歩いていない。危なさは感じないのだが、街灯もほとんどないし、人は歩いていないし、田舎の雰囲気。ルアンパバーンには夜遊びするところはなさそうなのでタイのバンコクなんかと比べると全然静かだった。
 

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加