ラゴス出張 7 – ゴールドスーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




出張期間:2012/6/9-16

ドバイモールは飽きたので、次どこ行こうか・・・・と、アラブっぽいドバイに行こうとクリークに向かった。15時ぐらいで多分一番暑い時に出あるいている人なんて、ほとんどいない・・・・。42度あちぃー。
DSC03013

まさかドバイで時間があるとは、この出張の出発時には思っていもいなかった。よって今回はガイドブックを置いてきたので、適当にここまでやっていた。クリークのバリヤスの近くでタクシーを下してもらって、とりあえずWater Busたるものに乗る。
DSC03016

Water Taxiかぁ。
DSC03014

乗ってみたけど船員しか居ないぞw
DSC03018

オールドスーク行きだったので、まずは乗船してスークのあたりならまだ何かあるのではないかと。意外とクリークの水は茶色とかではないので、まぁ、いい雰囲気。
DSC03021

そしてオールドスーク到着。
DSC03023

しかし、この日は金曜日でスークは16時過ぎじゃないと開かないらしく、ほとんどの店はまだ閉まっていた。このあたりの開いている店の前を通ると、通せんぼさせられて、すぐパシュミナを買わせようとする。暇だしちょっと入っては見たが、「そのパシュミナどこ産?」と聞いたらインド製らしい。何だ、ならインドで買うからいいや!どうせ輸送費かかってるから高そうだし。
DSC03027

オールドスークはあまり店も開いてなかったので、お向かいにゴールドスーク、スパイススーク地区に行ってみることにした。この船に乗っていく。
DSC03029

このアナログっぽい船はアブラと呼ばれる渡し船。1ディルハムで約20円。市民の交通の足でもある。
DSC03025

1ディルハム片手に乗ってみた。
DSC03031

そして出発。手漕ぎではなく、一応モーターボート。
DSC03033

客観的に見るとこんな感じ。
DSC03037

クリーク沿いは古い建物が多く、ドバイにしては高い建物は少ないので、見晴らしがいい。
DSC03039

スパイススーク到着。沢山香辛料売っていたが、今一買っても使い来ない背ないのでみただけ。
写真 12-06-15 21 02 02

そしてスパイススークを少し奥に歩き進むとゴールドスークの入口。ここに来てみたかった。
DSC03040

スークの中は屋根があるので暑さから多少避難できる。しかし、ほとんど男ばっかりだな・・・・たまに冷たい飲み物を売って来るおじさんがいたり。
DSC03041

そして右も左も、ゴールド!!
写真 12-06-15 21 10 00

いやーこれいくらするんだろう。とりあえず1軒入って値段聴いてみたけど、細い金のネックレスで3万位、デザインそろいのネックレスとブレスレットのセットで4万位した。高いのか安いのか??!!ちょっと高い気がしたので、買うのはやめておいた。
DSC03043

ところで、何故私がゴールドスークに来たかったか?ドバイと言えばゴールドのネームネックレスで名前をアラビア文字でハンドメイドしてくれるところがあると聞いたからだ。最初入ってみると「うちでは3日かかるわ」などと言われて、なかなか即日で作ってくれるところがない。ネットで有名だったBAKARATもまで開いておらず、うわー、いよいよダメかなと諦めそうになった。宝石屋はこんなにあっても大体は工房はここにはなく、郊外のため、アラビア文字のネームネックレスは数日作成に時間がかかるらあしい。

表通りはめぼしい店が無く、工房併設の店は裏ならあるかもしれない、とぶらっと立ち寄ったのがこのSAMI BARAKAT。BARAKATとはまた違う店だが、名前が似てるし、We cut name necklaceとかいてあったので、入ってみる。
DSC03047

とそしてら、この店4時間で作ってくれるとのこと!!!この時点で17時だったので、21時ピックアップだけど、飛行機が2:50だから全然余裕!値段も50ディルハム負けらして1050ディルハムで22500円ぐらい。もうちょっと安いのも探せばあったかもしれない(15000円ぐらいで)。でも、もう暑いし、4時間の特急料金と考えてここに決めた。

SAMI BARAKATはメインのゴールドスークの通りから、このTEJORIを左に曲がると奥にある店がそれ(白い看板)。ゴールドスークの入口から然程遠くなく、3差路に分かれる手前。
DSC03048

ここまででもう暑さの限界。SAMI BARAKATを出たら17時過ぎでやっとスークがにぎやかになって来た。そして目をつけていたただのBARAKATもオープンしていた。あちらの値段も気になったな~。金曜日は16時からスークが開くと書いてあったのに、1時間遅れるとはさすがアラブ人だな。

1度ホテルに帰ってのんびりして、また21時前にゴールドスークへ。おお、やけににぎやかな雰囲気。昼はやっぱり暑すぎて人が出歩かないだけなんだね。。。中東は日が沈んでからががぜん元気!
DSC03050

再びゴールドスーク。
DSC03052

貴金属類も光にあたると余計きれい。
DSC03053

そして日中ネックレスを注文したSAMI BARAKATに。昼間と同じ叔父さんが「おお、もうできてるよ!」と。あけてみて、ほぼ自分の想像通りのアラビア文字のネームネックレスが出来上がっていた。感動!18金のネックレスで右から読む。(アラビア文字は読める人は読んでみてくださいなw) 念願かなった~。
写真 12-06-16 1 53 22

このネックレス作りができただけでも、嬉しかった。ドバイに来たらお勧めです!

帰りはまたオールドスークのあたりまで1ディルハムのアブラでクリークを渡る。夜はとてもムーディー。DSC03061

お腹が空いたので、オールドスークに多くあった南インド料理屋へ。
写真 12-06-16 2 33 20

南のインドなら、せっかくならドーサ!手より大きいのに、これで160円くらい。そっか、ドバイはカレーがあるなら、私生きていけるかも。
写真 12-06-16 2 42 03

ドーサの後、タクシーを捕まえようとしたら、なかなか車が回ってこない。そうしているうちにメトロの駅に着いてしまった。それならばメトロでホテルに帰ってみよう、と駅に下る。むちゃくちゃきれい!
DSC03062

プラットホームは香港やシンガポール式で全てに安全ドアがあるもの。ここは日本の建設会社が建てたメトロなんだよね。日本人として少し誇らしげになる。
DSC03063

ホテルにメトロで無事戻り、2時間ほどのんびりして深夜12時過ぎにチェックアウト。ほんとこの時間だとホテルが無いと暑くて時間つぶすところもない。12時40分過ぎにドバイ空港について、3時前に再びエミレーツでドバイ離陸。ビジネスだったが、眠すぎて軽食はスキップされたし、映画もほとんど眠くて見てなかった。

ドバイのスークのあたりは女なんて私一人しか歩いてないところもあったが、ナイジェリアを体験してしまったせいか、まったく視線も怖さも感じられなくなった。中東人の方がカッコいい人多いし、まだ親近感がわきますね。

さてはて、これで出張話は終わり。次からは再びラゴスのお話から再開します。
 

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加