Day2:リュブリャナの朝市とポストイナ洞窟城・シュコツィアン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




旅行日時:2012/4/28

旅行2日目。この日の予定はレンタカーを14時までにリュブリャナの駅前に返さなければ行けなかったので、その前までにポストイナの鍾乳洞にでも行こうか、と考えていた。朝ホステルで日本人らしき人がいたので声を掛けてみたら日本人でポストイナに行くという事で私の車で一緒に行く事にした。

出発の前に、竜の橋の近くの朝市を覗いてくる事にした。結構大規模で果物、野菜、花など朝からにぎわっていた。
DSC03313

土曜日なので子供が店番やっててかわいかった。
DSC03315

向こうの人はお父さんも子守りと買い物に協力的だよね〜。
DSC03317

新緑の季節でガーデニングもこれからが本番なんだろうか。
DSC03318

牛乳の自動販売機?
DSC03320

果物で旬なのはやはりストロベリーだったようだ。この粒の大きさ!とても綺麗。そしてつい1パック買ってしまった。
DSC03325

この調子のいい男2人に言い寄られて買うはめに・・・旅行者だからあまり買えないって言ったのに(苦笑)
DSC03323

チーズもおいしそうだけど、買っても移動するからあきらめた。
DSC03327

朝ご飯に移動販売車のパン屋にならんでパン買った。こっちはパンが安い!
DSC03328

さて、ホステルで声を掛けたK君と一緒にポストイナ鍾乳洞に向かった・・・・が途中高速道路で事故渋滞・・・。そのため、鍾乳洞のトロッコの時間に間に合わない事は自明となった。仕方が無いので、鍾乳洞の入口から10キロほど奥にある洞窟城に行く事にした。

そして洞窟城に到着。おおー、断崖絶壁に城が!
12-04-27 0 49 27 (44)

入場料を払い入る。城の中から入口方面を見るとこんな景色。のどかな欧州の田舎、という雰囲気醸し出している。
DSC03347

洞窟城は半分は岩、半分は建物、という感じで内部にも岩の部分がかなりあった。人がやけに行列している方向があったので、ついて行ってみると・・・
DSC03339

おっと、ここは昔は処刑場だったようだ(><) ※人体は模型です
DSC03340

岩にそって急な階段を登る。
DSC03343

そして更に奥まで階段があったが、ここの上まで行くと行き止まりになっていた。この日は外は30度近くて暑かったが、洞窟城の内部はひんやりしていて、これだと夏でもエアコン必要が無いだろう。
DSC03349

城の内部は昔の生活の様子など、怪しい人形で再現されていたが、こういう部分よりもやはり岩と建物が一体となった部分が見所としては面白かったと思う。
DSC03354

さて、ここから帰ろうか、という案もあったが、がんばればもっとイタリア側のシュコツィアンまで行けるんんじゃ無いか、ということで頑張って行く事にした。鍾乳洞的にはポストイナの方がリュブリャナに近くてツアーでよく訪れられるが、そちらは世界遺産ではなく、シュコツィアンの鍾乳洞は世界遺産。

そしてまた車を高速道路で130キロ走行し、着きました、シュコツィアン鍾乳洞の入口。
7156258186_2384be50e8_o

しかし、時間的にはここは15分ぐらいで去らないとレンタカーの返却時間に間に合わないので、鍾乳洞は見ないで外の遊歩道を少し歩く事にした。
DSC03372

そして、出て来た断崖絶壁景色。岸壁に下は滝があり、見晴らしがよかった。
DSC03373

ここまで見て、シュコツィアンは退散。んー今度ゆっくりまた来たいね。
DSC03380

帰り道も順調に高速道路を飛ばし、リュブリャナ駅前のSIXTにGOLFを返却。ご覧の通り、スロベニアはこの日、空は快晴で絶好のドライブ日和。とても気持ちがよかった。
7156280004_02e1ca0692_o

 

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加