Day8:コトル、コトル湾のフェリー、再度クロアチア入国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 92




旅行日時:2012/5/4

オストログから車を走らせてアドリア海の入り江の古都、コトルに着いたのはもう19時半頃。地図を見るとわかるが、入江の入江の一番奥にコトルはある。この湾の特徴からコトルは交易の要だったとか。
[googleMap name=”Kotor” width=”400″ height=”350″ directions_to=”false”]Kotor, Montenegro[/googleMap]

コトルに着いたのは19時半過ぎ。もう暗くなってきたから急ごう。
DSC04399

コトルは城壁で囲まれた街で、上の方まで壁がある。
DSC04401

この城壁に昇るべく、入口を探しにダッシュ。
DSC04404

街自体は小道が多く、レンガ造りの古い建物をリノベーションして1階は店舗が多い。観光地だ。
DSC04405

雰囲気はいい感じ、、、だが階段入口どこだ?
DSC04407

おおーやっとあった!
DSC04408

暗くなるので街を見る間もなく、まずは上に上る。足場悪いのでスニーカーでよかった。
DSC04411

夜になりかかっているけど、城壁途中まで登ってコトル鳥瞰。もっと上まで行くと帰り途が真っ暗になりそうだったのでこのあたりで引き返した。
DSC04415

広場に戻ってきたところで8時半前。夜ご飯食べよう。3日連続ケバブはこりごりなので。オープンテラスのレストランで食事することにした。
DSC04428

夏なのでガスパチョ。トマト味は割とあっさりだが暑い夏にトマトはあう。
DSC04430

ビーフステーキ。サイドの温野菜もおいしかった。久々に良いディナーだった。
DSC04431

夜9時ごろ、コトルを去る。ここから国境を越え、ドブロヴニクまで向かう。しかし、この時は2時間もかからないでつくだろうと思っていたら、甘かった。
DSC04433

コトルからドブロヴニクは2種類行き方がある。下の地図でコトルはカッタロとなっているが、コトルは湾の一番奥の南にあり、E80のあたりまでくるには、湾をぐるっとまわるととても時間がかかる。そして、ぐるっと回らなくても、最短経路でフェリーが有るらしいとのことだった。日中だったらいいが、夜もフェリーが運航しているか自信がなく、コトルの案内所に聞いてみたが、はっきりとした答えは貰えなかった。とにかくフェリー乗り場の方に向かってみるか。しかし、コトルから湾の一番狭い方に向かう道はほとんど対向車もなく、本当にフェリーは運航しているのか不安になる。。12-04-27 0 49 27 (37)

Lepetaniという街がフェリーターミナルがあるといわれていた。その近くになったら、「Ferry」と書かれた看板が出てきて、いました、フェリーが!
12-04-27 0 49 27 (350)

チケットを買って、車を載せた。
DSC04434

Lepetaniのフェリーターミナルはこんな感じで閑散としている。
DSC04437

フェリーと言ってもコトル湾の一番短いところを通るので、乗っている時間はたかだか5分くらい。向こう岸につきそうになると、車に乗ってエンジンをふかして待つ。船が着岸したら、一挙に走り出す。
DSC04441

ちなみにナビは船も経路にちゃんと入っていた。
12-04-27 0 49 27 (39)

向こう岸Kamenariの街に渡ってから、道なりに幹線道路を進むと、国境ポイントはここ。
12-04-27 0 49 27 (42)

このあたりに着いたのが11時ごろ。モンテネグロとクロアチアの国境は1キロぐらい離れており、間にDuty Freeの建物があったが、夜遅かったので閉店していたが、昼間だったらネタとして寄るのはおもしろそうだった。クロアチア再入国はパスポートだけで無くて国際免許と車検証のチェックも入ったので少し時間がかかった。
12-04-27 0 49 27 (352)

しかし、国境越えてからはダート道だったり、また片側交互通行だったり。国境付近はあまり道がよくないな。
DSC04442

コトル→ドブロヴニクは意外と時間がかかってしまい、しかも最後にドブロヴニクの旧市街に入るのに30分ぐらいうろうろ。1か所曲がるのを間違えると、ぐるーっと街をまわったりすること夜中の12時。しかも行き止まりで地元の人に車運転してもらったりとか(汗)泊まる予定だった宿にはヒルトン前まで迎えに来てもらって(ヒルトンに泊まるわけではない)、1時前にやっと宿に到着した。コトルから長かった。。

今回の最終目的にドブロヴニクにやっと到着。そして車も翌朝にヒルトンの中のSIXTに返せばいいだけなので、長いドライブも終わりを迎えた。2回ぐらい、車をぶつけた認識はあったが、保険入っているのであまり気にせず、事故も無くドライブを終えられたので一安心。

翌日は丸1日ドブロヴニク観光。 

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加