Day2:テヘラン空港でまさかのお迎えがいない! & カーシャーン、アブヤーネ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




旅行日時:2012/9/29

私もなんちゃってイランファッションで緊張の入国審査。女性の方が時間がかかっているような気がして、ますます緊張する。ここで入国不可だったらイラン旅行終了だし。自分の番になり、イランビザのページを見せながら係官の指示を待つ・・・と、何やらトントン拍子に入国のハンコを押してパスポート返してもらった。祝・イラン入国!

テヘランの国際線をさばくイマーム・ホメイニ国際空港は首都の空港にしてはかなりこじんまりとした到着ロビーだった。私は荷物を預けていないので、ターンテーブルを通り抜け、ゲートからでて、旅行会社で手配していた運転手と落ちあい、テヘラン市内に出ないで、車で南下する手はずを整えていた。

のだが、ゲートでてもお迎えがいない!!!!!!

周りの出迎えている他の旅行会社のイラン人に聞くと「いないねぇ」と日本語で返されるw意外とイランには日本語が話せる人が多いのにも驚いた(多分日本人相手の旅行会社の人だったと思われる) 。おい、ここからどうするよ??

テヘラン空港の到着ロビー。待ち人おらず・・・。
DSC03163

とりあえず手配した旅行会社(PTA)に電話するも、担当のShimaさん(イラン人なのだが島さんw)は出ないし。Emailを送ろうにも、空港のWifiはSNSを飛ばしてパスワードを得ないとつながらない方式で、苦肉の策でShimaさんの電話番号にSNSを飛ばして「ドライバーがいないけどどういうこと?!」とメッセージを残した。

インターネットもつながらないし、ドライバーもいないので、とりあえずイランのSIMカードを買う事にした。
カメラロール-3559

去年香港で買ったSIMフリーのXperia Rayに挿して使おうと考えたのだ。SIM代5ドル、10日間600MBのデータプランで5ドル。10日間10ドルなら安いと思ったが、その後飛んで来たSNSを見ると、多分データプランは本当は40000IRRで換算すると2ドルもしない事になる。ぼったくられたのか、手数料混みなのかは知らない。手続きをして45分ぐらいでアクティベートできた、というSNSが飛んでいたら、*141*と入力して、SIM購入時に渡されたPINを入れると通信可能・・・のはずだが、Xperiaの設定が悪いのかなかなかデータ通信が始まらない。ふーむ。結局Xperiaをアプリを残したまま初期化してなんとか通信可能になった。

SIMカードで時間をつぶし、再度Shimaさんに電話したら、やっと彼女につながった。英語は堪能なのでよかった。「メッセージは見たわよ」と言っていたので私のSNSは届いていたらしい。「ドライバーは急に行けなくなったので、今別の人を手配している。あと30分ぐらい待って」と言われて待つ事にした。待つ事しばらく・・・やっと12時10分ごろに私の名前をもった人が現れた。飛行機がテヘランに着いたのは10時半くらいだったので、約1時間半も待たされてぐったり。私の名前を持った彼につれられて連れて行かれたのは空港のVIPタクシーのカウンター、どうも、来られなかったドライバーの代わりにVIPタクシーを旅行会社は手配したらしい。そして現れたのが「コンチワー」とここでも片言日本語の運転手だった。イラン人、何故こんなに日本語話せる人がいる?!

運転手は44歳ぐらい、20年前に草加市にいたというから驚き。その時覚えた日本語をぺらぺら話し始めたが、難しい会話になると通じなくなるので、初心者レベルの日本語。英語はからきしダメ、なので結構コミュニケーションが大変だった。

空港から出て一路南下。まずはカーシャーンを目指す。意外にもイランの高速道路は道も綺麗で整っていた。
DSC03166

景色は緑が少ないが、ダイナミックな岩山の景色が続いた。
DSC03168

1時間ほど走って、そろそろお昼ご飯を食べないと、ということでドライブイン休憩。ところで、この箱をよくイランでは見かけるが、これは募金箱。これが高速の料金所や普通の道、広場、どこにでもある。逆にこんなに数が多くてどうやってお金を回収しているか不思議だ。
DSC03175

イラン初の食事はビーフのキャバーブ。意外にもイランは米食なのだ。キャバーブはジューシーで意外と食べれるじゃん、と思った。ご飯は既に塩味がするが、イラン人はこれにバターを混ぜろとうるさい。そんなことしたら脂っこくて怖いので、程々にした。
DSC03178

ご飯を食べて更に1時間ほどドライブ。やっとこさ、カーシャーンについた。しかしこの運転手、テヘランの運転手なので、南の方はほとんど道をわかっておらず、カーシャーンの町の入口もわからず、かなり迷った。カーシャーンと言えばペルシャ式庭園が有名なので、昨年世界遺産に認定されたフィン庭園に向かった。
DSC03227

ここの庭園は水路が張り巡らされている。車窓からはイランはものすごく乾燥した土地に思えたのだが、水はあるところにはあるのだと感じた。
DSC03183

フィン庭園の中庭
DSC03186

奥に向かうとアイボリーの壁に天井が綺麗な場所があった。
DSC03203

天井はやわかい色調でこまかな模様が描かれている。
DSC03205

このターコイズブルーの水路がどこに行くにもあるのが、このフィン庭園の特徴。世界遺産になったのもあり、こけを一生懸命ブラシで掃除している人がいた。こんなに広い庭園なのにご苦労なことだ。
DSC03201

イスラムの庭園というのは初めてだったが、フィン庭園は夏の離宮と言われるだけあり、涼しい印象をうけた。
DSC03217

カーシャーンは薔薇の街、と言われるだけあり、ローズウォーターが至る所で売られていた。1本ぐらい買えばよかったな。
DSC03229

次はイラン式邸宅のタバーイタバーイ邸を訪れた。ここはステンドグラスが綺麗。ちょうど日が落ちて来た時間だったので光が長く入りこむナイスタイミングだった。
DSC03243

綺麗ね。
DSC03244

建物をでると中庭。
DSC03250

中庭の彫刻も目を見張るものがある。
DSC03246

本当はカーシャーンは他の邸宅も行きたかったのだが、アブヤーネ村に行く事を考えるとこの辺で切り上げる必要があった。運転手から積極的にカーシャーンのおすすめ場所を提案する訳でもなく、私が歩き方を見ながら、ここに連れて行け、と指示しなければどこにも行けない運転手で、かなり骨が折れた。本当は時間通りに迎えにさえ来てくれれば、プラス2時間ぐらいは自由に見てもいいなと思ったのに。

さて、次はアブヤーネ村へ。運転手が早くイスファハーンに行きたそうなのだが、私がごねて、というか元々アブヤーネにも行きたい、と頼んでいたので、アブヤーネに向かわせる。日が落ちそう、早く行かなきゃ。でもこの運転手もアブヤーネには行った事が無いらしく、本当にこの道か、と何度も人に聞きながら向かった。
DSC03259

アブヤーネ村は高速道路からかなり入り込む。30キロぐらいは走っただろうか。突然赤土色の集落が見えて、ここがアブヤーネだと知る。もう日没時間でいそいで周る。
DSC03269

この辺の集落一帯、全て赤土。
DSC03272

アブヤーネと言えば、女性はバラ模様のスカーフを被り、男性は長いキュロットのようなズボンを履いている。この2人は民族衣装を借りた観光客なのだが、写真を撮ってあげる代わりに私のカメラでもぱちり。こういうコスプレ衣装も貸し出しているようだった。
DSC03276

ばら模様のスカーフを被っているおばさん達の中にはカメラを向けるのをいやがる人もいるが、集団でいた彼女達に運転手でペルシャ語で写真をとってもいいか?と聞いてもらったらいいよ、と快く答えてくれた。
DSC03280

飛び出したベランダのある家。しかし、耐性大丈夫なんだろうか・・・。
DSC03282

そぞろ歩きが面白いアブヤーネ村。
DSC03288

夜6時になり、完全に日没してしまった。10月のイランは大体6時日没。そして6時にはモスクからアザーンが流れる。運転手がちょっとお祈りするから、としばしモスクを訪れた。
DSC03289

モスクにはホメイニ氏とハメネイ氏の肖像もあり。この2人はいつもセットでどこにでも写真がある。
DSC03292

運転手が写真とりなーと自分の祈っているところを私に撮らせるの図。彼がキスをしているのは聖者の墓標。
DSC03298

アブヤーネ村ですっかり日没してしまったが、でも最後の明るさが残っているときにこれてよかった!
DSC03299

アブヤーネの伝統衣装を着る男性と運転手の記念写真。
DSC03300

さて、ここからは一路イスファハーンへ。しかし、この運転手、中途半端な日本語で最初は面白かったのだが、だんだんうざったくなって来た。運転も荒いし、しかも仕事中なのに、自分の子供から頻繁に携帯に電話がかかって来て、電話しながらの運転はかなりひやひやものだった。さすがの私も不機嫌になり、スピードを出そうとすると「危ない」を連呼した。(彼は危ないという意味はわかる)

アブヤーネの山から降りて、イスファハーンに向かう途中に街があり、そこで紅茶のお湯を変えるのに休憩と運転手が店に向かったのはいいが、買い物もしたいようでなかなか帰ってこず、終わったかと思ったら、現金を下ろすのに銀行に行ったり、喉がいたいから薬局で薬かうとか、彼の私事に30分以上もつきあわされる事になった。もう時間も遅いって言うのに、なんなんだか!しかも、自分がかったピスタチオや果物をしきりに薦めてくる。好意なのかもしれないが、そこまで食べたい気分でもなかったので、no thanksを言っても何で!?と言うし、相変わらず携帯電話は鳴り止まないし、しまいには、俺も日本に一緒に連れていって結婚してくれだの、あーうるさい!とにかく早くイスファハーンのホテルにつれてってよ! 最後完全に私機嫌悪い。

イスファハーンに入ってからも全く道がわからないので、とりあえずセンターに向かえばイマーム広場があるはずだからcenterに向かえばいいのに、途中で曲がって道がわからん、とか。あーあ、もう疲れたよ。 やっとのあげく、ホテルに着いたのは23時頃。まぁ、最終的に到着したからいいけど、最初から波乱の幕開けのイラン旅行となった。
 

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加