Day3:スィー・オ・セ橋とズールハーネ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時:2012/9/30

イスファハンのイマーム広場から歩いて向かったのはスィー・オ・セ橋。イスファハンといえばこの景色、という写真にも必ず含まれている橋である。夜の景色がきれいなのだが、私が到着したのは夕方。
DSC03496

しかし、橋、といっても夏はこのザーヤンデ川が干上がってしまい、川に水はありませんw 水があるのは冬だけのようだ。
DSC03497

橋はただここを通りたいから渡るというよりは、イスファハンの人にとっては、公園のように、ここで落ち合い、おしゃべりをする場所、という意味合いもあるようだ。
DSC03510

橋を渡って、橋の全景を橋のたもとの公園から撮影。このあたりもカップルたちが沢山いた。闇になればなるほど、どうせ見えないし、という考えなのか、イチャイチャしている人が増える。こういうルールの隙間をぬってイスラム的には悪いことを楽しもうとしているのがイラン人には多々あるな、と思う。ちょっとイスラムでも緩いから、そこもまたよしw
DSC03518

橋の明かりの一つ一つが部屋のようになっていて、ここにただ座って話をするのを楽しんでいたり、本を読んだりしている人もいる。
DSC03520

女性たちも橋の1階でおしゃべり。
DSC03522

完全に夜になると、浮かび上がる明かりの雰囲気がいい。DSC03528

さて、橋のたもとに座って、旅の予定を考えていた。イラン伝統体操のズールハーネがイスファハンでも見られる、と歩き方で書いていたので、いったいどこなのか、携帯電話っで調べていたのだが、イマイチよくわからず。そうしている間に隣で白人の外国人と話していたイラン人に話しかけられた。

英語が通じたのでついでに彼にイスファハンってズールハーネってどこでやっているのか聞いてみた。歩き方には金曜モスクの近くでやっている、と書いていたが、彼曰く、そこは壊れたからもうやってない、と。しかも、19時を過ぎると遅すぎ、とか言われて、えーとか思ったが、彼がどこかに電話して確認したところ、北の方で20時からやる所がある、ということがわかり、連れて行ってくれる、という話になった。話がとんとん拍子。

時間があるから、ってことで橋を案内してあげる、と彼が言い始めた。自転車を借りる、とのことでレンタサイクルのところまで来たが、私もパスポートがなかったのと、そもそも女性には自転車は貸せない、とのことで無駄足。股の開く自転車はイスラムではだめなのか、知らなかった!確かに自転車乗っている女性は皆無だった。バイクは男性が運転する後ろに乗っている女性は見かけたが、女性がバイクを運転している人はいない。車はイランでは女性運転OKだけど。DSC03529

自転車を借りれなかったので、徒歩で川岸を歩く。結構今日歩いたから私歩きたくないんだけど。しかも、結構遠くて足痛いし!
DSC03531

これが彼が私に見せたかった橋らしい。地図によるとハージュ橋。しかし、この時点で19時50分。ズールハーネに行かなきゃならない。でも、イラン人の彼は橋の説明をやめない(汗)
DSC03534

ハージュ橋には秘密がある、それを見せたい!とのことだったが、まずはキャンドルが隠されているとのこと。どこ?見えない、と思ってたら、下の写真の下の段左から二つ目の人がいるあたりがキャンドルの明かりにみえませんかね?
DSC03537

もう1か所、キャンドルが見えるところ。
DSC03539

あと、ここにはまたぐと結婚できるというライオン像がある。またいでいるせいかてかてかになっているw
DSC03541

ピンボケしたけど、もうひとつの秘密は床の石に目があることらしい。
DSC03542

もっと説明したいからズールハーネなんて明日の夜にしたら、と言われたけど、明日のことなんてわからないし、行ける時に行きたい、と私の主張を通し、タクシーでズールハーネ会場へ。ズールハーネとはイラン男性が行う伝統体操。行ったら始っていた。まずは床に足付きの板を置いての屈伸運動。左上の人が太鼓をたたきながら、イスラムの言葉を唱えている。
DSC03545

動画はこちら(1)

更に別の準備体操。
DSC03550

動画はこちら(2)

次はいよいよ、こん棒を持っての運動。ズールハーネといえば、これ、という運動。
DSC03552

人によって持っているこん棒の大きさが違う。真ん中に来る人がこの会場のボスみたいな人らしいのだが、ボスはやっぱり一番大きいこん棒を持っていた。扱いもうまい。
DSC03554

ぶんぶんとふりまわす。重そうだ。
DSC03556

こん棒運動の動画はこちら(3)

子供もズールハーネに参加しているが、おい、サボってるぞ、そこwDSC03560

こん棒が終わったら、中央に1人づつ出て連続旋回が何度できるかの勝負。
DSC03561

動画はこちら(4)

最後に金属の道具を使って運動終わり。約1時間半位の体操だった。私の行ったところは地元の体育館みたいなところで、観光客は皆無。お金も取られなかった。地元の人も何人か見に来ていた。
DSC03565

ズールハーネ終わってから、結局案内してくれたイラン人とイマーム広場まで戻った。夜のイマーム広場もまたきれい。
DSC03571

モスクも神秘的。
DSC03573

結局ズールハーネを見に行っていたら、夜ごはんを食べそこねた。ホテルまで帰る途中にある夜開いているパン屋に入ってみた。
DSC03583

中味は入っていないパイのようなものを買い出し。
DSC03584

そしてホテルの並びにはLonely Planetにも載っていたフェレニ(Fereni)の店Fereni Hafezが夜も開いていた。
DSC03586

フェレニとは米粉、片栗粉、牛乳を混ぜて作ったゼリー状の食べ物でイスファハン名物らしい。上にナツメヤシの蜜をかけて出してくれた。この店はLonely PlanetにHospitalityの有る店、と紹介されていて、店に彼が取材された写真が飾られていた。しかも、初めてだから、ってことで小さなカップのフェレニをタダでくれた!お金を渡そうとしたら、いい、いい、また来てね、と。イラン人また親切!
DSC03585

フェレニの味は台湾や香港の豆腐花に似てる。白いフェレニ自体には味があまりないが、蜜と絡めるとおいしかった。イスファハンでおすすめの屋台デザート。

1日歩き回ったのでホテルに着いたらバタンキューで就寝。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加