Day4:シェイフ・ロトフォッラー・モスク、アーリー・ガープー宮殿、ヴァーンク教会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時:2012/10/1

イスファハン2日目は前の日に見られなかったイマーム広場のシェイフ・ロトフォッラー・モスクから。入場料は5000リアルで、今のレートだと15円ぐらいで激安。
 DSC03590

モスク入口から続く廊下。廊下なのにすごい豪華なのは、ここが王族専用のモスクだったというのもあるのかもしれない。
DSC03591

そしてモスク内部。このモスクにはミナレットはなく、礼拝堂がどーんとある。模様が細かくて、ものすごく美しい。イスファハンで一番美しいモスクという名にふさわしい。天井のドームがクリーム色のベールなのは珍しい。
DSC03592

外光が入るので写真にすると光の加減が難しいのですが、、、現物はかなり美しい。そして模様が細かい。
DSC03603

黄色地が多い模様。ここのモスクはモスク自体は小さめだけど、一番好きだった。
DSC03607

そしてモスクを後にし、お向かいのアーリー・ガープー宮殿へ。
DSC03616

噴水の前では幼稚園のお散歩。イランの保母さんってこういう格好するのか。子供のスカーフ装着率はまだ少ない。9歳になると必須になると何かでよんだが、子供の頃の方針は家の方針次第なのかもしれない。
DSC03618

宮殿に入り階段を登るとイマーム広場を見渡せるベランダにでるが一部工事中でこの角度からしか今は見られない。
DSC03621

階段まで装飾が細かく、イランはすごい。
DSC03620

そして3階にある宮殿の音楽堂へ。ユニークな形の穴は楽器の模倣だそうだ。
DSC03628

こんな感じで壁にはこの模様が施されている。
DSC03634

幾重にも重ねられて見る壁によって模様が異なるのも面白い。この楽器の形の穴は余計な音を吸収できるように作られているとか。
DSC03639

見事な音楽堂だった。
DSC03642

さて、イマーム広場の見学を終え、次はジョルファー地区に行くことにした。イスファハンのジョルファー地区はアルメニア人が多く住む地区であり、ここはイスラムではなくキリスト教の教会がある。一番有名なヴァーンク教会に行ってみることにした。外壁で囲まれた教会の入口。
DSC03648

ここはイランにしては結構高い入場料(30000リアル=900円)を取る。本堂の入口もフレスコ画が残っていて趣がある。
DSC03660

そして聖堂内部に入ると、壁一面絵がすごい!!!来るまでは聖堂内部は撮影禁止と聞いていたのだが、みんな撮っていたし、係員もいたのだが、注意もしていなかった。
DSC03664

ほんと、これは見事。自分の中ではバチカンのシスティナ礼拝堂を越えるかもしれない。
DSC03665

窓の面積が少なく、壁から天井にかけて模様が隙間なく描かれている。写真を撮るに限ると明かりが少し邪魔だけど。
DSC03675

目に見える全ての壁が壁画。今まで見たキリストの壁画のなかでは最高級。
DSC03679

聖堂の正面。上から下まで描かれている。かなり見ごたえがある聖堂だった。
DSC03680

左側が聖堂、奥が教会敷地への出入り口。この写真は同じ敷地内にある博物館の入口から撮ったもの。博物館内部は撮影禁止だったが、アルメニアの歴史の展示が多くあった。特に聖書の言葉が描かれた髪の毛の展示(顕微鏡観察)が一番の見ものだった。
DSC03685

ジョルファー地区はカフェもチャイハネではなくて、ヨーロッパっぽいカフェやコーヒーショップが多く、イスファハンのイマーム広場の周りとは雰囲気が少し異なる。同じ街なのに、面白いなと思った。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加