Day1:こんぴらさん(金刀比羅宮)へのお導き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 92




旅行日時:2012/11/23

友達と別れてから私は高松市内に向かい、イサムノグチ庭園美術館に行こうとしていた。道が混んでおり、予約の15時より少し遅れそうだと思ったので、美術館事務所に電話をしたところ、誰も出ない。前の予約の案内か何かで帰ってこないのかな、と一度は思ったが、その後何度かけても応答なし。

・・・・とここでやっと気がついた。

「今日は金曜日じゃん!」

イサムノグチ庭園美術館は週3日、火木土しか開いていない、そう頭では分かっていたはずなのに、予約の往復はがきを受け取った時も、自分でブログに予定を書いたときにも気がつかず、何となく旅行の初日は土曜日だと思い込んでいた。あーあー、完全に勘違い。

加えて、この日の夜はもう徳島の宿は取っているし、翌日の午前は鳴門の大塚国際美術館と決めていたし、15時に高松まで戻って見学はかなり無理があると思ったので、今回は泣く泣く諦めた・・・。なんて自分馬鹿!!

さて、イサムノグチ庭園美術館に行かなくなったら、どこ行こう・・・・高松市内には栗林庭園もあるが、どうせなら、今回は予定していなかった行先であったこんぴらさんに行こうと決めた。高松中央インターのすぐそばだったので、高速に乗り、再び丸亀方面に舞い戻る。

こんぴらさんのある琴平に着いたのは15時半過ぎ。参道入口のあたりの駐車場は入口も狭く、人通りの多い中の客引きもうざったかったので、JR琴平駅前の市営駐車場に車を置き、歩いて参道へ向かった。
DSC04558

途中家のように見えた建物は琴電の琴平駅だった。かわいらしい。
DSC04559

確かに車庫には琴電がいた。
DSC04561

参道にたどり着くまでの道にもお店が色々あったが、まずは日没との勝負なので、さっさと参道へ向かった。
DSC04562

参道入口、おいしそうなものが沢山あったが、まずは頂上!!帰り途に見ることにした。
DSC04567

階段の始まり。御本宮まで785段。始まりの方は階段沿いにお店もあるので、街中を通っているような感じで、そんなに階段の存在が気にならなかった。
DSC04574

おじさんおばさんたちは結構この杖を持ちながら登っているのを見かけた。
DSC04572

楽したい人にはこういう有料サービスもw
カメラロール-4185

紅葉も進んでいてきれいだった。
DSC04576

登って大門到着で、ここからがやっと境内。
DSC04582

寄付者の石板がやたら多い。うっすら霞がかかって幻想的な境内。
DSC04588

少しのぼって行ったところに神馬がいた。ほどなく扉を閉じに来たのでぎりぎりだった。
DSC04591

神馬の前にあった巨大プロペラ。造船所謹呈とのことで、船のスクリュー?
DSC04595

さて、まだまだ階段は続く・・・・この日は雨が降っていたが、登っていた時にはあがってよかった。
DSC04596

この左の方にカフェがあったが、そんなところで休む暇などない。日没になる前に登りきらないと。
DSC04598

おお、やっと建物が見えてきた。
DSC04601

旭舎です。しかし、ここで終わりではない。
DSC04602

奥にまだまだ階段が。公式ガイドのおじさんがおじさんおばさんグループに向かって「ここは後でいいから、本宮に行かないと閉まるから急いで!」と言っていたので、私も急いで登ることにした。
DSC04604

そして、本宮手前のこの階段が一番辛い・・・足が上がらんですよ、もう!もう少し!
DSC04607

そしてやっとついた、本宮殿!!きちんとお参りした。
DSC04608

本宮の前からは琴平市内一望。もう夜景になりかかっていたけど。
DSC04610

本宮まで来たなら、御本宮神札授与所でアレを買わないと。
DSC04617

こんぴらさんの本宮でしか売っていない幸福の黄色いお守り。鬱金色のきれいな輝きのお守り。こんぴらさんは健康と幸福を祈る神様なので、自分の健康や幸福などなどお祈りしてきた。ちなみにおみくじは小吉だった。
DSC04619

本当は本宮の奥に奥社もあるのだが、そちらはもう時間切れなので、本宮からまた来た道を下ることにした。
DSC04625

やっと参道入口。店は17時を過ぎると閉店し始めていた。
DSC04627

登るときに気になっていた「嫁入りおいりソフトクリーム」がこれ。茶色のソフトクリームはラクガンのようなほんのり茶色い色した砂糖菓子である「和三盆」のソフトクリーム。「おいり」とはこの辺の地方の嫁入り道具らしい。これで私も嫁に行けるのか!?
カメラロール-4197

ソフトクリームを食べたら、車の置いてある琴平駅の方に戻る。アーケード街はシャッターストリートで人気無し。。
DSC04628

その中でも異色を放っていた「ハニー雷蔵」。ハードボイルドな名前にハニーってがくってきた。普通の定食・居酒屋だったが。
カメラロール-4198

琴平駅は陽が落ちると人通りもなく、夜はさみしげだった。

琴平発は18時少し前。そこからは高速道路で一挙に徳島まで。途中SAに寄ったりしたので徳島に20時ぐらいに到着した。

この日の走行距離:260km
 

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加