Day2:ヴルシマルティ広場のクリスマスマーケット、ハンガリー国立歌劇場でのオペラ鑑賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




旅行日時:2012/12/23

メトロ1号線のドナウ川に近い方の終点の駅から階段を上ると、目的としていたカフェ・ジェルボーが目の前。
DSC04818

しかし、カフェの目の前にはこれ!意識してこなかったのですが、ここはブダペストで一番のクリスマス市が行われているヴルシマルティ広場だったらしい。よくよく放送を聞くと、24、25日はクリスマス市が休みと言っていたので、となると、この夜がブダペスト滞在中のラストチャンス。なので、カフェより、クリスマス市を見ることに方向転換。
DSC04802

このブダペストのクリスマス市、実は欧州でも10指に入る評判のよいものらしい!今だからわかるが、確かにこの後、ウィーン、ドイツでもクリスマス市に行ったが、ブダペストのものが一番物品も欲しいなと思えるものが多かったし、観光客というよりは、地元の人で盛り上がっていたような気がする。木のおもちゃもかわいいかったなー!
DSC04810

これは天然の素材でできたポプリ。
DSC04808

クリスマスらしいスティッチの入ったクッションや布製品。
DSC04813

クリスマスツリーも立派!
DSC04812

そしてもちろん、ホットワインもあった。
DSC04815

食事コーナーもこのにぎわい。
DSC04814

オペラは長い3時間の公演なので終わると10時と考えると、ここらで少しお腹に入れておきたかったので、このクリスマスマーケットでおいしそうに見えたパンをくりぬいた中に入れるグヤーシュを頼んだ。
DSC04807

大きい!お昼にスープ飲まなかったので、念願のスープ!ハンガリーのグヤーシュかな?寒い気候の中、体にしみるおいしさ。そして、ちょっとづつパンがスープにしみて、具としてパンもお腹に入れることができ、かなりおいしかった。器のパンは大きすぎて食べられなかったけど・・・。
カメラロール-3543

外は寒かったが、ステージでは歌や演奏の出し物をやっていた。
DSC04819

そして、カフェ・ジェルボーの壁にプロジェクター投影をしていて、きれいだった。
DSC04816

ヴィシュマルティ広場から、ル・メリディアンに続く道にも出店とイルミネーションがあり、かなり広範囲なクリスマスマーケットだった。
DSC04821

これはパンの生地を金属の棒に巻き、炭火で棒を回しながら焼いて行く甘いパンのようなもの。食べたかったが、オペラの時間だ。急げ!
DSC04822

メトロに再び乗り、2駅でオペラ駅到着。駅出ると見えるのがハンガリー国立歌劇場。
DSC04825

私の席は3階ボックス席の1列目。ボックス席は1列目でないとまず見えないかと。この席で9000Ft、約3500円。日本よりかなり安い。
DSC04838

オーケストラピットはこちら。案外悪くない席だった。
DSC04843

演目はオペラ・リゴレット。好色の公爵に仕えるリゴレットと娘と公爵の3人がメインだが、どの歌手も音量と迫力が凄かった。物語は3幕だが、1ー2幕は連続で、2ー3幕の間に休憩が入った。ロビーも歴史あっていい雰囲気。とっても熱演のオペラで、拍手が多かったと思う。19時からの演目も、終わってみると22時。オペラは長丁場だ。
カメラロール-3549

歌劇場とホステルは徒歩の距離だったが、夜景がみたいと再びメトロに乗ってドナウ川沿いに行ってみた。やはり、噂どおり夜景が綺麗だった!こちらは朝に行った王宮。
DSC04857

くさり橋
DSC04856

夜景のもう一つの目玉はヤーチャーシュ教会
DSC04862

ドナウ川沿いも世界遺産という理由が納得できる。そしてブダペストは夜こそが綺麗な街だと思った。
DSC04863

くさり橋と王宮。
DSC04866

夜景見終わり、トラムとメトロでホステル近くの駅まで戻ってきた。23時くらいだったが、治安は悪いとは感じなかった。夕方食べたスープだけではお腹が空いてきて、ホステル近くのピザをテイクアウト。右上に書いてあるとおり、1ピース200Ftって80円。安い!!ブダペストは全体的に物価が安く、500mlの水も30円くらいだった。
カメラロール-3562

観光初日から盛りだくさんに市内を周り満足した。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加