Day4:Railjetでウィーンへ、Cafe Griensteldlでランチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時:2012/12/25

7時10分のウィーン行きの列車に乗るために、ホステルを6時にチェックアウトし、ブダペスト東駅のKeleti駅にメトロで向かった。まだ外は真っ暗。
カメラロール-3611

西駅よりは小ぶりかな?7時10分発、という列車が2本あって、間違ったら大変と3人ぐらいに確認した。
DSC04966

列車のチケット。列車番号60RJ、1等車26号車81番の席。ブダペストあたりの列車は車両数と号車があっておらず、飛び番号で号車が振られていて不思議な仕様になっている。カメラロール-3614

これがRailjetの1等車。
カメラロール-3618

正直ハンガリーの列車なので古臭いコンパートメント車両を予想していたが、乗って驚くほどの近代車両だった。これはハンガリーの列車ではなく、オーストリア国鉄(OBB)のものらしい。1等車は革張りの独立シートでシート電源あり、前方上方にあLCDディスプレイ、Wifiも飛んでいたが、私のiphoneでは何故かつながらず。
DSC04967

喫茶車両もあり。
カメラロール-3624

前方のLCDでは随時速度と次の停車駅時刻が提示されていたので、降り間違えを気にしなくていいので、心理的に楽だった。
DSC04972

運航地図。この列車はブダペストからウィーンとザルツブルグを経て、ミュンヘン行きだった。
DSC04973

車窓は雪景色。
DSC04971

3時間20分でウィーン西駅に定刻到着。寝過ごすとミュンヘンまで運ばれてしまうので、寝なかったけど。
カメラロール-3636

ウィーン西駅。この景色どっかで見たことあるな?と降りた時に思った・・・・。
DSC04976

何だったかなーと帰ってきてから調べたが、この動画で見たんだった。ウィーン西駅でのフラッシュモブ。
[youtube http://www.youtube.com/watch?v=PJNp5UKRtbQ]

まずは西駅のチケットカウンターでウィーンカードを買った。ウィーンカードは72時間分のウィーン市内の交通フリーパスと市内博物館などの割引がきくカード。私はウィーンに丸3日いる予定なので、ちょうど72時間のフリーパスを買う予定だったので、まぁ、元は取れるかなと思って買った。
カメラロール-3641

ホステルは西駅からUバーンで乗換1回でつくナッシュマルクトにあるWombat’s。しかし、チェックインにはまだ早かったので、荷物をストレージに入れさせてもらって即外出。12/25のクリスマスど真ん中で観光には期待していなかったが、ウィーンは観光都市のためか、25日でも開いている個所が結構あるとホステルの人に聞いた。実際、街でも結構観光客が出歩いていた。ブダペストとは大違い。
DSC04977

シュテファン大聖堂。天気がわるく、上の方はモヤがかかっていた。
DSC04979

内部は特別なライトアップ中。聖堂はクリスマス礼拝中で信者の人がお祈りしていたので、観光客はここまで、という柵があり、この地点で見るのみにとどまった。
DSC04982

ステンドグラスがきれいそうだった。
DSC04984

シュテファン大聖堂を出たところで、この夜の王宮でのコンサートの勧誘を受けた。大聖堂の周りには同じように、貴族の格好をした人達が多かったのだが、どうもウィーンではこの手の観光的なコンサートが多そうだった。クリスマスの夜ということで、特に予定も決めてなかったので、元々60ユーロとか言っていたチケットが25ユーロに割引してくれたのもあって、購入してみた。

そろそろお昼で、お腹がすいてきたが、どういうわけか行きあたる店が全部イタリアンで、うろうろ歩いているうちに王宮の入口まで来てしまった。
DSC04992

と横をみてみると、カフェがあった!もうここでいい。なんか食べられるようだし。
DSC04996

そんな感じで見つけたCafe Griensteldl(カフェ・グリンシュタイドル)だが、1844年創業の歴史あるカフェとガイドブックにも載っていた。無料Wifiも飛んでいた。甘いものより、まず、お腹がすいたので食事をすることにした。まずはスープ。クリームスープと言ったらオレンジ色のスープが出てきた。ニンジンベース何だろうか?寒かったのでおいしく頂いた。
カメラロール-3651

ウィーンと言えばシュニッツェルだが、揚げ物の気分ではなかったので、ターフェルシュビッツ(牛肉の煮込み)を頼んだ。煮込むと脂分がおちるから、さっぱりしていておいしい。
カメラロール-3652

ターフェルビッツにはアップルソースと食べるのが定番らしい。リンゴの味にほんのりマスタードの風味がしてぴりりと辛い。リンゴがいい口休めになって、肉だけどパクパク食べれてしまう。
カメラロール-3653

肉と芋が結構お腹をふくらましてしまい、デザートはギブアップ。隣の人がものすごい巨大なケーキを食べていてぎょっとした。ケーキはやっぱりザッハーのザッハトルテまで取っておくことにしよう。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加