Day8:ベルリンフィル・ジルベスターコンサート鑑賞 – チケット購入と演奏会当日




旅行日時:2012/12/29

今回の旅の最大のハイライトはこのベルリンフィルのジルベスターコンサート鑑賞だった。幸運にも私は一番前のセンターというチケットを手に入れることができた。業者を使ったわけでもなく、完全に自分手配。特に特別なことをしているわけではないのだが、来年以降、ベルリンフィルのジルベスターに行きたい人の参考になればと思い、チケット取得から、当日のコンサートについてまとめておく。

チケット購入はいつから?

2012年のジルベスターコンサートは12/29, 12/30, 12/31の3日間開催。競争率的には大晦日が一番高く、料金も少々高い。旅程を考えると、ベルリンフィルの演奏は12/29に聴いておいた方がいいと思ったので、12/29のチケットを買うことに焦点を絞った。

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートのチケットは事前抽選制で、おいそれと買うことができないのだが、ベルリンフィルのジルベスターチケットの発売は意外と遅く、12月に入ってからになる。2012年の場合、発売日は12/9の日曜日ということで、初日公演日の20日前に売りだすという、割と直前販売型である。日付はベルリンフィルのWebsiteのConcert Calenderに1カ月ぐらい前から日付が開示されるので、それをチェックしておくといい。しかし、私が困ったのは、インターネットでは何時から発売開始なのか?ということ。調べてみると、ベルリンフィルのWebsiteのConcert & TicketのSales Informationの項目に解があった。

BF_Ticket1

ジルベスターコンサートに限らず、ベルリンフィルのチケットというのは、Boxオフィス、電話、インターネットで予約ができるが、インターネットは朝8時からの売り出し開始で、この3つの中で最も早い。インターネット:8時~→電話:9時~→Boxオフィス:土日は11時~ということになる。海外からだと言語の問題もあるので、インターネットで買うのが現実的だが、一番早い購入方法なので、いい席を買うのには有利だと思う。

ちなみに、朝8時というのはドイツ時間。ジルベスターのチケットが売り出される12月は冬時間なので、日本時間では16時の発売となる。日曜日の16時なら会社休みの人も多いだろうし、PCの前でスタンバっていることも可能だろう。

チケット発売日12/9、実際の私の動き

12/9がチケット発売日だということは知っていたが、この週末はプサンの週末弾丸旅行帰国日であった。プサンから成田着は13:05。成田から家まではかかっても2時間だから、15時には家に着けると想定し、チケット発売までは1時間あるから大丈夫だろう、と考えていた。プサンからのエアアジアは定刻通り成田着。あとは家に帰るだけだ。

と、帰る途中にふと、そういえば、ベルリンフィルのチケットを買うのは初めてだし、アカウント情報を持っていないな、ということに気がついた。日本のe+などで買う時もそうだが、激戦チケットではサーバーエラーが相次ぐので、購入時にアカウントを新規で作成していると時間がかかるうえに、エラー続出で、売り切れになるかもしれない。そうなったらいやなので、アカウントを事前に作っておくことにした。しかし、私はこれを山手線の中で気がついたので、iPhoneでアカウント作成という暴挙w 

チケットを購入する前に新規アカウントを作るのが、ちょっとトリッキーだった。べリンリンフィルのConcert & Ticketsの右上の方にあるMy accountをクリックしても、Registered Customerの項目とForgot your password?の項目しか出て来なく、新規登録の入口がここにはない。
BF_Ticket2

それでは、どこから新規カスタマー登録ができるのかというと、まず、ベルリンフィルのWebsiteのConcert CalenderからBuy Ticketで買える公演を適当にクリックする。下の画像で言うと黄色のBuy Ticketsのところ。
カメラロール-3362

2. Selected Seatで、とりあえず適当に座席を選択し、Orderを押して次の画面に進む。
カメラロール-3361

3. Ticket overviewで確認して、continueを押す。
カメラロール-3360

4. Enter Adressで、ここまで来てやっとNew customerの選択肢が出てくる。まずアカウントを作るのに、New customerを選択する。
カメラロール-3359

アカウント作成し、作成したら、このチケットの購入は途中でキャンセルする。そして、作ったアカウントで、ログインした状態で、実際の発売開始時間に備える。
カメラロール-3363

結果としては、アカウントは先に作っておいた方がいい。やはり、ベルリンフィルでもサーバーエラー続出したし、加えて、アカウント登録の時にTitle選択がドイツ語だったりで、意外と時間がかかった。Mr, Ms.とかがドイツ語で女性はFlauにすればいいのか?とか調べないとわからなかったし。

アカウントを作った後に、自宅で16時のチケット発売に備えた。ジルベスターコンサート3日間のチケット購入ボタンはカウントダウンを開始しており、残り0:40:30のように、秒単位でカウンターが付いている。それを見ながら、その時を待つ・・・・。そして16:00。何度かサーバーエラーが続いたが、意外と最後までとんとん、と約4分ぐらいで購入完了した。をおおお、ベルリンフィルのチケットゲットできた!!!

ポイントは、迷わないこと。チケットの席種はあらかじめ決めておき、サーバーが返してきた座席で即決すること。私は一番高いチケットを購入したが、一番高いといっても127ユーロ。日本公演で4万円もすることを考えると、安いと思ったので、迷わずポチリ。チケット受取はBox Office受取にする。予約完了となると、メールが送られて来て、その時点で”A links , Row 2, Seat 15″の席となっていた。Box Officeでの受取は演奏会開始30分前までに済ませるようにとの注意書きあり。Row2なので2列目なのかなーと、思っていたら、よくよく見ると真ん中ブロックはRow 1が無いので、実質1列目のしかもど真ん中シートだった!Webはこちら。

Box Officeは18時まで開いているので、私は前の日に受取に行って、その時もらったチケットはこちら。
カメラロール-3872

席をフィルハーモニーホールにある座席表で確認。うむ、確かに一番前のど真ん中。AのRow 2といっても、向かって左側の赤い部分がLinks、右の緑部分がRechetという区分がある。
カメラロール-3881

ジルベスターコンサート当日12/29

前の日のチケット受取時にフィルハーモニーの入口を確認しておいたので、日中の観光後に会場にたどり着くのはスムーズ。
DSC05544

こちら、正面入り口。入ってコートを預ける。
DSC05734

開演30分前まではホールに入ることができないので、ホワイエでドリンクなどを飲みながら待機。
カメラロール-3949

ホールのドアが開いて、座席へ。うわー、ほんとに舞台が目の前。
カメラロール-3953

舞台左側。
カメラロール-3954

舞台右側。こちらにはパイプオルガン。このパイプオルガンはホールの設計が決まってから後付けで追加がきまったので、音響的にはあまりいい位置ではないらしい、と何かで読んだことがある。
カメラロール-3956

舞台後方。折り重なるようにシートが区分けられているのが、このフィルハーモニーホールの特徴。
カメラロール-3957

演奏開始直前。座席は満席。前半はこの青い光のテーマの下で演奏した。
カメラロール-3964

そして、ベルリンフィルの演奏。やはり、すごい迫力。これを聴いてしまうと、これからどうしようかと思ってしまう位だった。前半はメゾソプラノ歌手のチェチーリア・バルトリを加えて、オケは小編成でラモーのボレアドの舞曲やヘンデルの歌劇ロタリオを演奏した。オーボエ、ピッコロ、フルートのソロも首席がいとも簡単にすごい演奏をやってのける。最後はオーボエとピッコロトランペットとメゾソプラノの掛け合いがすごかった。ダイナミクスと緩急、ほんとずれない!

興奮冷めやらぬまま、休憩。
カメラロール-3966

後半はフルオーケストラメンバーでドボルザークのスラブ舞曲、ラベルのダフニスとクロエ第二組曲、ブラームスのハンガリー舞曲1番。音量フルパワーでオケ全開モード。音の大波、ざぶーん、ざぶーんとたくさん浴びた。特にダフニスとクロエがすごかった。パユのソロも格別だった(今回は前半でもピッコロとフルートのソロやったり、パユ様大活躍)。しかし、今日はコンマスは樫本さんではなかった。最終日の31日には出て来たのだろうか?

最後の最後にもラトルが出てきて鳴り止まない拍手に応えていた。ホームのホールでラトルの指揮という揃った環境、素晴らしかった。
カメラロール-3968

ベルリンフィルの演奏はサントリーホールで2度聴いたことがあったが、やはり、ホームのホールでの演奏は格別だった。演奏者も旅疲れもないだろうし、ベストコンディションでの演奏。私の一生の中でも印象に残る演奏の一つになった。年末年始、ベルリンに行かれるなら是非、これは聴かねばならないでしょう。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加