Day13:聖ヴィート大聖堂の素晴らしいステンドグラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時:2013/1/3

プラハ3日目。この日は朝から天気が悪くて暴風雨。セグウェイツアーがこの日で無くて良かった、と何度胸をなでおろしたことか。天気は悪いが、朝から旧市街の小高い丘の上のプラハ城を目指した。

プラハは歩道はどこでもどこまでも石畳・・・。
DSC06344

プラハ城が見えてきた!でも最後にこの階段を昇らないと着かない。
DSC06345

階段昇ってやっとプラハ城正面に到着。
DSC06348

ちょうど衛兵の交代の時間だった。
DSC06350

プラハ城チケットは2種類あり、全施設周れるものと、抜粋版がある。とりあえず全施設のものを買った。買ってまずプラハ城の目玉である、聖ヴィート大聖堂に向かった。荘厳だ!
DSC06353

この大聖堂はとにかく、ステンドグラスが必見。入ってすぐの正面にもステンドグラスがある。
DSC06355

聖ヴィート大聖堂自体は無料で入ることができるが、ステンドグラスを近くで見るには有料になり、入口で買ってきたプラハ城チケットをゲートにかざして見ることになる。ここからはその素晴らしいステンドグラスの数々をご覧いただきたい。これはゲートをくぐる直前にあるステンドグラス。
DSC06379

ただただ、壮大で、そして細かいガラス模様のステンドグラスだった。
DSC06358

1枚だけでなく、何枚も飾られている。
DSC06359

そして、大聖堂入口の左から3番目のステンドグラスが、ここで最も有名なミュシャのステンドグラス。
DSC06360

ミュシャのステンドグラスについて拡大してみてみよう。上の方には見守る神様達が描かれている。
SONY DSC

一番下の女性たちはミュシャの絵に出てくる女性の特徴がよく出ていると思う。
SONY DSC

祈りの場面が沢山描かれているのが、このミュシャのステンドグラスの特徴だと思った。この祈っている赤い服の少年が何となく好き。
SONY DSC

こちらでも祈り。
SONY DSC

聖ヴィートは彼の聖遺物には病気を治す力があると言い伝えられており、この病気の人に祈りをささげるミュシャのステンドグラスの絵もその伝説を表しているのかもしれない。
SONY DSC

ミュシャのステンドグラスは確かに聖ヴィート大聖堂の人気の見どころだが、それだけが素晴らしいわけではなく、どのステンドグラスも圧巻だった。
DSC06361

入口正面の装飾ステンドグラス
DSC06367

そして祭壇を囲むステンドグラスも素晴らしい。そしてこれが1つだけでなくていくつもある。こちらは祭壇に光量を合わせたので、ステンドグラスは光が飛んでいるがが、祭壇は金色で祭壇を取り囲むように3枚のステンドグラスが配置されている。
DSC06369

ステンドグラスを主体にするとこのような感じ。
DSC06373

ステンドグラスだけでなく、この壁画もすごかった。
DSC06376

大聖堂は左側にゲート→正面祭壇→右側とぐるっと周れるようになっているが、最後になると、最初のステンドグラスと対になる別のステンドグラスが現れる。
DSC06375

こちらは青が基調。
DSC06377

出口にも1枚。
DSC06381

聖ヴィート大聖堂、プラハにきたら、ここだけは外せない見どころだと思った。山の上なので、気軽にふらっと行けないが、是非時間をとって足を運んでほしい場所である。

私も行ったばかりだけれども、また行きたいと思う場所だ。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加