Day13:プラハ城、聖ニコラス教会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時:2013/1/3

ステンドグラスから受けたパワーに余韻を感じながら、聖ヴィート大聖堂を出て、大聖堂を一望できるポイントで一枚。あれだけのステンドグラスと祭壇を供える大聖堂は外観も荘厳だった。石が黒くなっているのも、歴史を感じられる。プラハに着くまでに、戦争で爆撃をされた都市ばかりを周ってきたので、古い遺産が今でも残っている奇跡を感じずにはいられなかった。
DSC06383

プラハ城は聖ヴィート大聖堂だけでなく、旧王宮や色々な建物の集合体である。大聖堂の裏にあるこちらは聖イジー教会。赤のファザードが素敵。
DSC06388

座席がある部分の天井は木造で大したことがないと思っていたが、祭壇上のフレスコ画は綺麗だった。フレスコ画アップの写真は撮り忘れた・・・。よくコンサートをやっているようで、この日も夜のコンサートの勧誘をしていた。
DSC06391

こちらはプラハ城の職人や衛兵たちが住んでいた長屋。黄金小路と呼ばれていた。建物ごとに壁の色が違っていて、ポップな感じがする。今は家を再現した建物と建物を使ったお土産屋が共存している。
DSC06394

一つ一つの家の間取りは結構狭くて、小さい印象を受けた。
DSC06393

プラハ城の一番奥からプラハ市内を望む。
DSC06396

奥の門の衛兵さん。写真もよく撮られるのに無心でいるのが大変そうだが、にお勤めごくろうさまです。
DSC06399

プラハはオレンジ色の屋根が目立つ。クロアチアでもそうだったけど、ヨーロッパと言えばこの色の屋根が一番しっくりくるかも。
DSC06400

朝は嵐だったが、やっと青空が見え始めた。聖ヴィート大聖堂裏口。
DSC06407

プラハ城、色々ひっくるめてプラハの宝が沢山詰まっていた。城をでると、おっと、前の日の私のようなセグウェイ軍団が通り過ぎて行った。こちらはグループツアーのようだ。
DSC06422

また来た道の階段を下ってプラハ城を後にした。
DSC06424

階段を下り終わって、トラム駅近くの聖ニコラス教会に行くことにした。ちなみに、教会の外観をとった写真がみつからなかったので、この写真は快晴だった前の日の画像だ。この左側の教会がそれ。
revice

聖ニコラス教会はチェコ語では聖ミクラーシュ教会という。街の教会で、どこか1つしか教会に行く時間がなかったら、ここがお勧めよ、と前の日のセグウェイツアーでガイドのケイトさんが言っていたのもこの教会だった。ヨーロッパで美しい教会の一つで、全体的にグリーンとピンクのマーブル模様。
DSC06436

ここは天井画がすごい。外光が入るとmix光で写真でうまく撮るのは難しいのだけど、、、本物はやはり現地で見てほしい。
DSC06432

祭壇もマーブルピンク。
DSC06433

正面だけでなく、サイドの天井画も手を抜くことなく、細部にわたるまで手の込んでいる教会だった。
DSC06435

聖ヴィート大聖堂でもそうだったが、フレスコ画を見るのに上ばかり見ていた。こんな教会、日本には絶対ない。プラハに来てからすっかり素晴らしいものを見すぎてしまっている。
DSC06437

聖ヴィート大聖堂とプラハ城と聖ニコラス教会、ここまで見てもまだ1日の午前中。聖ニコラス教会のフレスコ画の下で、昼からはちょっとプラハ市内をでて遠出することに決めた。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加