Day14:日帰りチェスキー・クルムロフ[後編]チェスキー・クルムロフ城とBotanicus

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時:2013/1/4

お腹をビールとチーズと鱒で満たしてから、いよいよチェスキー・クロムロフ城へ向かった。
DSC06624

城入口。
DSC06627

塔の壁もびっちりだまし絵が描かれている。これ考えたの誰なんだろう。
DSC06631

奥は城だが、まず最初に街に着いた時から見えていた塔に昇ることにした。
DSC06634

塔とそれを取り巻く建物も隙間なく絵が描かれている。色も褪せることもなく、ちゃんと残っているのは時々塗り直しているのだろうか?

DSC06636

塔の階段を昇っていく。幅や急さはそれほど大変ではない。
DSC06639

そして塔の上からの景色。天気はイマイチだったけど、かわいらしい街!
DSC06650

こちらはお城の城内。プラハ城と比べても、こちらの方が中世の雰囲気があっていい。
DSC06645

中央は自分が歩いてきた道と橋。川のカーブにすっぽりと収まっているのがまたいい構図だと思う。どこをみても絵になるなぁ。しばらくチェスキー・クルムロフの景色を堪能した。
DSC06647

塔から降りて、城内の散策。冬は建物の中には入ることができないので、あくまで敷地内の散歩になる。
DSC06655

建物の中庭もびっしりとだまし絵が描かれている。
DSC06657

そして、城壁にも
DSC06660

塀の隙間から見える教会は聖ヴィート教会
DSC06661

こちらは下の窓もだまし絵
DSC06662

城の奥からプラハ城の塔とチェスキー・クロムロフ全景。この角度はよくガイドブックで使われている。
DSC06663

城の中は冬なので見ることができなかったが、やっぱり来てよかった!街も何気ない道が全部かわいらしく、中世の雰囲気がいい。チェスキー・クロムロフは森の中の工業化に乗らなかった街なので、古いものが今も残っているのが貴重なのだっと思った。
DSC06669

そして、お店も結構あって、ショッピングも楽しめそうだった。これはクラシックCD屋さんの看板。なかなかいいセンスで、階段には鍵盤。
DSC06671

城の見学を終えて3時くらい。いきなり団体の観光客が増えた。日本人団体も見かけた。フランスなど比べると、ツアーの年齢層が高い感じがした。
DSC06672

今度来るときは夏にきて、城の内部にも入ってみたいなー!
DSC06674

バスの時間まで約1時間、思うがままに店を見ながらそぞろ歩きたい気分だが、どうしても行きたい店があったので、まずそちらへ向かう。
DSC06675

向かったのはBotanicusというチェコ発祥の石鹸屋さん。プラハにも店はあったのだが、Manufakturaが結構遅くまで営業しているのに対し、Botanicusは確か18時半ぐらいで閉店でいつも行きそびれていたのだ。HPで調べたら、チェスキー・クロムロフにあることがわかり、プラハに帰ってからだと閉店時間に間に合わないので、ここで買い物することにした。
DSC06677

色とりどりの石鹸がたくさんある。だいたい100コルナくらい、ということは500円弱。しかし、これ、日本で買うと2000円近くする品物。日本で買うとすごく高い。
カメラロール-4410

奥の方はbioソープやエッセンシャルオイル、そして食品もあり、フレーバーオイルとか気になった。チェコを旅行した人たちがここのBIOソープが良かったとのことだったので、いろんな種類をたくさん購入。レジに行くともっと買うと免税になると言われ、リップバームや死海の泥ソープなども買ったりして、しばらく石鹸はいらないくらい買ってきたw 免税の基準は確か日本円で9000円位以上だった記憶。
DSC06679

Botanicusの買い物が楽しく、30分くらいを費やして、免税書類をお店の人に書いてもらってプラハ行バスのバス停へ。やったちゃんとバスがいた。席もまだ残っていたし良かった。乗ったと同時にどんどん雨が酷くなって間一髪。その後はプラハまでずっと雨だった。
DSC06682

バスは定刻通りに18時頃プラハに到着してとりあえず買った石鹸が重いのでホステルにまっすぐ帰った。

帰ってから旅の最後の晩餐は何にしようかな、と。雨も降ってたし、遠出は面倒だったので、ホステルにから徒歩圏内のホスポダに行くことにした。ホスポダというのはチェコでいう居酒屋のようなもので、ビールと食事の店で、なぜかホスポダの店の名前は絶対”u(ウー)”なんとか、という。プラハを歩いているとuってつく店ばかりだった
カメラロール-4416

ここの店は地球の歩き方に載っているせいか、日本語のメニューもあった。
カメラロール-4422

歴史ある店のようで、私の隣にはレトロなオルゴールがあった。
カメラロール-4425

壁の落書き風の絵も趣があっていいね。
カメラロール-4430

まずはビール!ここのはチェスキー・クロムロフの倍の値段がした。都会価格?
カメラロール-4426

オニオンスープ。
カメラロール-4427

程なくしてアコーディオンとチューバ隊がきた。こういうのは初めてだわー。飲んでほろ酔いで聴く音楽は楽しいわ。
カメラロール-4428

最後はステーキで、まぁ、あまりチェコっぽくないけど、昼は魚だったから肉が食べたくてね。楽しい夜だった。
カメラロール-4432

長かった旅行もいよいよ最後の夜。さて、いよいよ日本に帰るかぁ。ブダペストに着いたのがすごく遠い昔のようで、旅の始まりからいろいろ思い出していた。今回の旅も見るもの聴くもの感じるもの、全部新鮮だったなぁー。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加