Day2:ベレン地区観光(発見のモニュメント、ジェロニモス修道院)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




旅行日時:2013/1/12

ホステルに荷物を置いて観光開始。ロシオ駅前のロシオ広場は波模様のタイルの模様が綺麗。このようなタイルの床をマカオでも見た記憶があるが、そのルーツはやっぱりポルトガルだったんだなー。
DSC06700

気温は20度ぐらいで真冬とは思えない陽気。サングラス持ってくればよかったなーと思ったくらい。しかし、天気雨が降ったり、太陽が出たりで、この時期は天気が変わりやすいようだった。さて、どこいくかな。
DSC06701

考えた結果、世界遺産が固まっているベレン地区に向かうことにした。ロシオ広場の隣のフィゲイラ広場からメトロに乗り、カイス・ド・ソロレ駅まで行き、そこから国鉄の近郊線に乗って3駅でベレン駅到着。電車の中には結構黒人多かった。アフリカに植民地あったからか、アフリカに地理的に近いせいなのか、リスボン市内では結構黒人を見かけた。
DSC06709

まずは水辺へ。土曜の朝とあってジョギングを楽しむリスボン市民が多くいた。
DSC06715

ハーバーにはヨットが沢山。
DSC06718

リスボンの子供たちはウィンドサーフィンが盛んなようで、子供たちが自分の道具を出していた。
DSC06719

この海のように見えるのは実は海ではなく、大西洋に流入するテージョ川の河口である。
DSC06720

リスボンの対岸にはクリスト・レイ。こちらはブラジルのリオデジャネイロのキリスト像をまねて作ったとの事で、これに関しては植民地を宗主国が真似たということらしい。
DSC06722

さて、テージョ川添いを歩いて行くと目立つ建物は発見のモニュメント。こちらはエンリケ航海王子の500回忌を記念して建てられたもの。
DSC06723

帆船をモチーフとしたモニュメントの先頭にたつのはエンリケ航海王子。その後に天文学者や宣教師などが続いている。このベレン地区、後にもこのエンリケ航海王子が重要な人物であることがよくわかるものが沢山ある。
DSC06724

発見のモニュメントの上には昇る事ができて、ここもリスボアカードで割引あり。景色がすごくいいのでお勧め。さっき下からみた橋とクリスト・レイも見える。
DSC06730

逆側。左の方に注目。
DSC06731

ズームすると、こちらはベレンの塔と呼ばれる世界遺産。歩くとちょっと距離があるので、行かなかったけど。
DSC06733

北側に見える荘厳な建物はジェロニモス修道院。こちらも世界遺産なので、この後に行くとしよう。
DSC06735

そして、この発見のモニュメントの広場のモザイクが素晴らしいのなんの!!これを見るにも是非発見のモニュメントの塔の上には昇ってみる事をお勧めする。
DSC06736

塔からおりて、モザイクを下から見てみよう。こう見ると、そこまですごいとわからないのだ。
DSC06743

日本はポルトガルに1541年に発見されたらしい。マカオは1514年。20年以上時間がかかったのね。
DSC06744

この北風君?かわいい。
DSC06745

発見のモニュメントを後にし、塔からも見えたジェロニモス修道院に向かった。
DSC06747

この日は雨が上がった後の空の色が美しくて。。これでも1月なのに、吸い込まれそうな青い空だった。
DSC06752

ジェロニモス修道院の個人的ベストショット。では中に入ってみよう。
DSC06830

扉の上の装飾がすごい。
DSC06754

さて、ジェロニモス修道院はリスボンカードで無料入場ができてラッキー!7ユーロ節約できた。ちなみに発見のモニュメントの塔も1ユーロ引かれたからリスボンカードなかなかお得かも。修道院は入ってみるとまず中庭。建物は中庭を囲んで2階建て。微妙に1階と2階の回廊のアーチの模様が違うのがわかるだろうか?
DSC06755

石灰石でできた、白色の回廊。
DSC06761

石の回廊と違って黒くならないので、白亜の修道院の印象を受けた。
DSC06764

どこからみても美しい彫刻。
DSC06767

この修道院もエンリケ航海王子とヴァスコ・ダ・ガマをたたえて作られたものなので、大航海時代の栄光をたたえる修道院である。その証拠に帆船のモチーフも回廊には掲げられている。ポルトガルって思っていた以上に大航海時代を素晴らしき栄光ととらえている事がだんだんわかって来た。
DSC06768

修道院内には回廊の他にも部屋がいくつかある。こちらは帯状のタイル画が美しい。
DSC06773

黄色はリスボンのテーマカラー。この後至る箇所で見かける事になる。
DSC06769

回廊にまた戻る。天井もこう見ると幾何学的だ。
DSC06777

2階へ石階段を上ってみよう。
DSC06779

階段を昇ったところにある部屋に入ると、教会を2階から見る事ができる。上から見る教会の景色は珍しい。
DSC06780

キリストの像もある。
DSC06783

教会の中にはステンドグラスもあり、後でよく見るのに下に降りてみよう。
DSC06787

2階の回廊も一通りまわって、レースのようなモチーフを楽しんだ。
DSC06792

そして、先ほど上から見た教会内部を今度は下から見学。祭壇の絵画とステンドグラスがあり、芸術性の高い教会だと思った。
DSC06800

チェコでも散々見て来たけど、ここのステンドグラスも細かい模様で絵画風だった。
DSC06802

ポルトガルって来るまではスペインとそんなに変わらないのではないかと思っていたが、より海と大航海時代を感じる国だと思ったのが、ベレン地区を見学してみての感想だった。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加