リスボンの宿・Travellers House

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




滞在期間:2013/1/12-14, 2泊

リスボンで泊まったTravellers Houseはリスボンの観光の中心のバイシャ地区にあり、場所はとても便利だった。アパートを改造しているので、これがホステル外観。
DSC06913

入口はここ。不審者侵入防止のために、カメラで出入り口は見張っている。滞在者はインターホンを鳴らす時に鍵を見せて、と言われた。
カメラロール-4529

階段を上って2階がフロントと共有スペースのリビング。人の家のリビングのようで、落ち着ける。
DSC06987

リビングの別の角度。本棚には旅人達が置いて行ったガイドブックなど。壁にはこの日の夜のホステルのウォーキングツアーなどの催しやシントラへのツアーの案内があった。
カメラロール-4531

リビングからバイシャ地区。タイル模様がきれいでいい景色!
DSC06684

パソコン作業台。
カメラロール-4672

ローソファで囲まれたテレビルーム(テレビは写真の右側にある)。くつろげる空間が多いのがこのホステルの特徴。
DSC06988

部屋は3階以上にある。エレベーターがないのはあえて言うとマイナスかもしれないが、階段のタイルも綺麗でポルトガルっぽさは保証する。
DSC06922

直前のドイツ・中欧旅行では相部屋のホステルばかりだったし、弾丸2泊なので、個室の方が落ち着くだろうと、今回はホステルではあるが、個室を手配。一番上の部屋で5階分くらい階段を上った一番上の階だった。ドアを開けると、おや、キッチンがある。
DSC06919

そして専用のリビングも。一番上のこの部屋は大きな部屋に個室が3つある構造になっていて、3部屋で専用のキッチン、リビング、水回りを専有できる部屋だった。私は奥のドアが開いている部屋をあてがわれた。
DSC06917

こちらが私の個室。ダブルの部屋。窓が2つついていていい感じ!
DSC06915

窓からの景色。
DSC06916

最上階共有部のシャワー。
DSC06921

朝食込だったので、リビングのとなりにあるこちらが食堂。温かい空間。
DSC06986

オレンジジュース、ミルク、シリアルはセルフで。そして温かい料理も提供してくれる。玉子+ベーコンか、クレープを選択できた。
カメラロール-4618

玉子はコレステロールが気になったので私はクレープにした。簡単な食事だろうけど、温かいものが食べられるのはうれしい。
カメラロール-4620

立地がいいし、ホステルにしては落ち着いていてうるさくなかったし、部屋がとにかくよかったので、また再訪したいぐらい。もちろんWifiも完備。ホテルに泊まるよりも安く個室が手に入るので、ホステルの個室利用はお勧め。

Travellors house
Double Room
95ユーロ/2泊 (1泊あたり42.5ユーロ)
HP Tripadvisor Booking.com

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加