Day2:マラッカ観光(セントポール教会、王宮博物館)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




旅行日時:2013/2/8

チキンライスボールを食べてから、マラッカ散策。旧正月前のせいなのか、これがデフォルトなのか知らないけど、マラッカのチャイナタウンは赤に福と書かれた飾り物が多かった。
DSC07285

ドリアンがあるあたり、南国だーね。
DSC07284

マラッカはポルトガルやオランダといっま欧州列強の支配下にあった時に中華系の人が多く移り住み、プラナカン文化を生み出した。その当時からの邸宅の外観がいい雰囲気を出している。
DSC07291

そんなプラナカンの建物もうまくカフェやお店になっていていい雰囲気。カフェに入ってみてまったり。
DSC07292

クアラルンプールにはまだ立ち寄ってないけど、マラッカののんびりとした雰囲気が気に入った。
DSC07293

先ほどのチキンライス、美味しかったけどもう少し何か食べたいなーとニョニャラクサを注文。マラッカはマレー料理と中華料理の融合したニョニャ料理も本場。ニョニャラクサはココナッツを使ったマラッカが本場のカレーベースの麺料理。これはおいしい!!
カメラロール-5083

そろそろ雨が上がってきたので、マラッカ観光しよう。マラッカにはこの日と翌日の昼までしかいないからな。オランダ広場の裏の丘を登ってみる。
DSC07299

小高い丘の上にはセントポール教会の礼拝堂が残っている
DSC07302

セントポール教会とザビエル像。ここはカトリック・イエズス会の教会だった。
DSC07306

景色がいい。マラッカ海峡。
DSC07304

しかし、教会跡といっても、中はボロボロ。この教会はマラッカがポルトガルに征服された時に、カトリックのイエズス会が建てたものだが、その後、マラッカを統治したオランダとイギリスはプロテスタントだったために、カトリックの教会は放置され朽ち果てて行く運命だったという。
DSC07307

教会から丘を下ってみよう。
DSC07310

猫が階段で平和に昼寝中。
DSC07311

こちらはファモサ要塞。マラッカ海峡の防衛に建てらたが、こちらも建てたのはポルトガルなので、その後オランダ、イギリス統治時代には放置されたため、朽ちている。
DSC07312

要塞の近くにある立派な建物は王宮博物館。
DSC07316

入ってみよう。
DSC07319

ここは昔の王宮で当時の様子が再現されている。
DSC07320

王様のベッド
DSC07321

王様の衣装
DSC07322

当時マラッカに来た数々の国からの使者たち。
DSC07327

中東とかからも来てたのが意外!
DSC07328

歩き疲れたのでタイマッサージと足裏マッサージした。のんびりだわ。
DSC07336

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加