ソウル出張2 – 食事編:ユッケとオーボクチェンバンとソルロンタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




出張期間:2013/4/17-18

昼はヨイドの2012年にできたばかりのIFCモールの地下でちゃっちゃと済ませる。ショッピングモールの中にある韓国料理屋Sariwonに連れて行ってもらった。店自体は焼き肉が有名らしいが、時間がなかったので焼き肉は止めてビビンバとか各自1つ頼む事にした。
カメラロール-4737

まずは突き出し。
カメラロール-4738

私はユッケビビンバとソンジックという辛いスープのセット。ソンジックは、牛血の固まりを入れて作ったスープ料理だと教えてもらった。
カメラロール-4740

ユッケ、生だな・・・。日本で食べられないからかなり久々のユッケだ。
カメラロール-4742

こちらがソンジックの血の固まり。スープがとにかく辛くて半分くらい残したけど。血の気欲しい人にはいい料理なのかも?
カメラロール-4743

IFCモールは西洋風で、豊かさは日本と変わらないように見えた。
カメラロール-4745

ここにもユニクロが出店していた。
カメラロール-4747

夜の会食はヨイドの満嘉屋という韓国料理。
カメラロール-4757

ここではオーボクチェンバンという鍋料理を頂いた。
カメラロール-4759

鍋ができる間はおかずをつまみながら待つ。このミニハンバーグみたいなの美味しかった。
カメラロール-4762

再びユッケ!
カメラロール-4763

オーボクチェンバンは漢字で書くと五福鉄板と書くらしいが、韓国人スタッフの解説は、「オーは王様、ボクは満足、チェンバンは鉄板で、王様も満足する鉄板鍋」という事だった。
カメラロール-4761

だんだん野菜がしんなりしてくる。餃子のお化けみたいなのとかハンバーグのようなものとか具はかなり豪快。辛くはないので、辛い料理に疲れたらいいかもしれない。
カメラロール-4764

最後、韓国人スタッフ「ここの店の冷麺は個人的にソウル1,2を争う」というものだから、冷麺を注文。麺は固すぎず柔らかすぎず、普通に美味しかった。
カメラロール-4765

さて、翌朝は6時半ホテル発だったのだが、明洞にいるんだから、24時間営業の神仙ソルロンタンに行くべきでしょ。
カメラロール-4767

5時半過ぎ、朝はガラガラ。
カメラロール-4769

セルフでキムチをとり、ソルロンタン食べた。スープ美味しい。24時間営業なので、早朝フライとでも行けるのがよかった。
カメラロール-4772

あと、明洞で朝6時でも開いていたキムパッの店があった。
カメラロール-4775

自宅での土産用にキンパッ作ってもらった。
カメラロール-4774

コンビニではバナナ牛乳を買って、朝を感じる。
カメラロール-4776

帰りは金浦空港から8時半くらいのフライトだった。2時間の飛行で羽田着10時半。途中で昼ご飯をさくっと食べて12時には出社できた。もうソウルって国内線感覚で移動ができてしまう。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加