アフリカ最終旅程、事前手配のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 91




GW旅行前は出張ばかりで多忙すぎて、事前手配したまとめは下書きのままで投稿するのを逸していた。旅程はヨハネスブルクの航空券を買うときにはもう決めていたのだ。

旅程

4/27(土)11:15東京-14:05台北@JL
台北観光、20:05台北-21:00香港@CX、23:45香港→
4/28(日)7:20ヨハネスブルク@CX、12:45リビングストン着@BA、
    ザンベジ川サンセットクルーズ
リビングストン泊
4/29(月)ビクトリア滝観光(ザンビア側、ジンバブエ側)
    リビングストン泊
4/30(火)チョベ国立公園サファリ
    リビングストン泊
5/01(水)7:00マイクロライト飛行、
    12:00: Intercapeのバスでリビングストン→ウィントフック
バス泊
5/02(木)6:20ウィントフック着、レンタカーでセスリム
    セスリムキャンプサイト泊
5/03(金)ナミブ砂漠観光、車でウィントフック戻り
    ウィントフック泊
5/04(土)6:55ウィントフック→9:55ケープタウン着@エアナミビア、
    レンタカーでテーブルマウンテン、ケープ半島観光
    ケープタウン泊
5/05(日)ケープタウン・ワイナリーツアー
     ケープタウン泊
5/06(月)7:30ケープタウン→9:30ヨハネス@BA、12:30ヨハネスブルク→
5/07(火)7:40香港@CX、9:10香港→11:00台北@CX
以降、北京出張へ出発。
    15:55台北→19:00北京@CI517

リビングストンからウィントフックに行くIntercapeのバスが毎日運航ではなく、水、金、日の週3便しかないのでバス縛りでこの日程が決まった。飛行機ではリビングストン、またはジンバブエ側のヴィクトリアフォールズからウィントフックは直行便がなくヨハネスブルク経由になり、時間もお金もかかるのだ。バスは19時間!?死ぬ。。けどこの方が飛行機より早いし安いのだ。

ケープタウンへはエアナミビアの直行便を使って飛ぶ。この日数だと飛行機使わないと間に合わない。もっと休みが取れたらね。。

アフリカ圏内の航空券手配

ビジット・アフリカ
今回、キャセイでヨハネスブルクに入るので、アフリカ周遊にはワンワールドのビジット・アフリカを利用した。アフリカは国内線や国際線の1区間がものすごく高いので、お金が飛んで行く。。しかし予約してから、実は南アフリカ航空が、特に帰りのケープタウン→ヨハネスブルクで安いものが出ていた。あわてて予約しなくても良かったかな?

予約と購入はキャセイに電話をして行った。Oneworldって周遊券を自分のwebからオンライン購入する事ができないので、どこかの航空会社に電話する必要がある。どこでもいい、と書いているのだが、JALに電話したらわかりかねます、と言われた。キャセイでヨハネスまでの航空券を持っているのだから、その続きに旅程を追加するという意味でもキャセイがいいのだろう。

 4/28 ヨハネスブルク11:00→リビングストン12:45@BA6291
 5/06 ケープタウン7:30→ヨハネスブルク:9:30@BA6428

 JNB-LVI間 :JPY 13,000
 CPT-JNB間:JPY 12,000
 諸   税 :JPY 25,210
 合   計 :JPY 50,210

ナミビア航空
ウィントフック→ケープタウンはナミビア航空を利用。南アフリカ航空もブリティッシュエアもこの路線、直通便が飛んでいないので、泣く泣くマイルも溜まらないナミビア航空で買った。購入はオンラインで可能。
 5/4 ウィントフック6:55→ケープタウン9:55@SW703
 R2453(約24,530円)

宿手配

今回はとにかくお金が飛んで行く旅なので、宿はケチ目でドミ中心。
最終滞在地のケープタウンだけホテル。

リビングストン
Fawlty Towers 6 mix dorm 15USD/泊 x 3

セスリムキャンプサイト
Sesriem Campsite キャンプサイトN$120(約1200円)/泊
*なんとかCampと名のつくところは沢山あるが、それらは国立公園外がほとんどで、国立公園内のキャンプサイトはSesriem Campsite。

ウィントフック
Chameleon Backpackers N$120(約1200円)/泊
早朝空港送迎見積N$260→2人になったのでN$175に値下げ

ケープタウン
Holiday Inn Express CAPE TOWN CITY CENTRE R735(約7350円)/泊 x 2
最終日は荷造り等したいため、個室ホテル
南アなので、治安対策でホテルという意図もある

現地バス・レンタカー・アクティビティ手配

リビングストンからウィントフックのバスIntercape

レンタカー
entalcars.comでウィントフックからとケープタウンで借りた。

ウィントフック

  • 1泊2日料金、Nissan X-Trail 2×4のSUV MT車:20,800円
     (保険フルカバー、免責額0)
  • 現地にてフロントガラスとタイヤの保険1000円/日 x 2に入る
  • ナミビアの道はひたすらダート道だと聞いていたので、悪路に強そうなSUVを借りた

ケープタウン

  • 9時間料金、Nissan Tiida系AT車:5,360円
  • ケープタウンのレンタカーはMT車とAT車の値差が500円くらいで、最終日に近づくほど頭も働くなるだろうと思ってAT車にした。

アクティビティ

  • ザンベジ川サンセットクルーズはリビングストンの宿で予約:約5,000円
  • チョベ国立公園サファリ:170USD
  • ビクトリアの滝マイクロライト:140USD + 写真22USD
  • ケープタウンワイナリーツアー:Wine Flies R595(約5950円)

アクティビティの値段の高さはパタゴニアでも高いと思ったが(相場1日1万円)、マイクロライトとサファリそれ以上する。バンジーも確か100ドル以上するはず。アフリカはとにかくお金が飛んで行く〜。

Comments

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へブログランキングならblogram
にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加